2016年8月15日 (月)

満マル

英会話を趣味とする友人たちであつまる、E-cafe notes

幹事の私が忙しいのを理由に休部状態でしたが、アメリカからAZAさん関連の知人が来松するのをきっかけに、久しぶりに花園町に集合となります。

1img_3758

屋台居酒屋 満マル

南堀端から花園町にちょっと入ったところのビリケンさんが目印。11時半からオープンしており、松山でも珍しい昼間っから酒が飲める貴重なお店。

1img_3759

典型的な居酒屋スタイルなので、アメリカ人も喜ぶかなと、ここチョイスになります。

1img_3761

もつ煮込み

4番バッターって感じで、これをつまみにちょっとフライングのジョッキ生beerでスタートです。

1img_3762

じゃこかつ

揚げたてアツアツ、サクサク

1img_3763

小エビのから揚げは、殻ごとしっかりあげてあるので、丸のまま食べることができ、アジアンな感じがいいですね。

1img_3766

こちらのお勧めは、串揚げ

まずは最初に、Never Dip Twiceのルールを教えます。

豚肉、シイタケ、アスパラ、ウズラの卵などなど、注文したものが一気にやってきて、テーブルのテンションを一気に上がります。アーミーあがりの強固な体つきの友人ですが、公共の場所である居酒屋で煙草を吸っている光景にとても驚いており、そのギャップにこちらも妙な感心をしてしまいます。

多少人数が増えても、ちょっと詰めれば座れる移動可能な机といすのシステムがフル活動して、どんどんと会社おわりのサラリーマンたちが入店してきます。

ここから市駅の方に行くと、また新しい居酒屋形式のすしやさんもできており、花園町はビジネス街激戦区の様相を呈しているのです diamond


2015年5月27日 (水)

地恵地楽ダイニング 青空食堂 樽味店

新鮮な野菜を、いろんな方法でたっぷり食べたい happy01 good

20150505_203501

そんなとき、我が家が向かうのがここ。

「地恵地楽ダイニング 青空食堂 樽味店」です wink

郊外にあるので駐車場も広々と完備。

店内に入ると、素敵な笑顔と掛け声で出迎えられ、気持ちも昂揚shine

接客も丁寧でスムーズ、注文してから出てくるのも早いのです。

さて、

20150505_193902

まずは、「農園10品目のサラダ 680円

その日のおすすめシャキシャキ野菜が、10種類たっぷり。

あっさりドレッシングで、いくらでも入ります wink

20150505_194321

お次は、「ラクレットチーズ」

半円状の大きなチーズの塊がやってきて、

上の溶けた部分spaを、これでもかと野菜の上に載せてくれます。

それに絡めながら、おすすめのグラスワインの赤と合わせましょうwink 

20150505_194443

「たけのこと土佐あか牛のトマトソース ファルファッレ」

蝶ネクタイ型のパスタに、コクのつまったソースをからめます。

20150505_194848

「いなほ地鶏の天然塩焼き 1890円

じっくりと焼しめてあるので、歯ごたえを楽しみながら、

鳥肉エキスのしみだしを味わうことができます delicious

20150505_201335

「5種のこぼれチーズピザ 880円

チーズの量が半端ないので、ピザ生地を器にしてこぼれないように登場。

20150505_201503

その器のような生地に切れ目を入れて、

たっぷりのとろけたチーズをこぼさないように、熱々と口に運びます wink

餅のようにさっくりした食感と、食べ応えのある生地とのベストマッチ。

全体的に、外食にしてはあっさりした味付け。

我が家のヘビーローテーションレストランなのです wink clover

2015年4月 4日 (土)

大洲かめやで、うどんすき

大洲のHideさんを中心とした、月一の定例「花園会」

Dsc_0146

今夜は、老舗の一つ「大洲かめや」に突入です run

野菜たっぷりのチャンポンうどんを食べに寄ることはありますが、

Dsc_0147

初の二階席へ

廊下を隔てて、反対の広間も満席にすでに盛り上がっています。

その廊下も含めて大広間にできる仕組みで、

地元ではよく宴会に使われているようです  happy01

Dsc_0156

テーブルの上には、目を見張るばかりの立派なお肉と野菜盛り

三々五々メンバーも集まり、前半は贅沢に牛なべが完成します。

Dsc_0160

肉厚のシイタケに、みずみずしい白菜。

 

たぶん、肥沃な大洲の大地で育ったものだと思われますが、

その出汁と自然の甘みが、鍋全体のレベルを底上げしています。

二回分をしっかりさらえたあとは、

Dsc_0164

たらい一杯の白肌の麺が到着 happy02 good

置き麺ではなく、ちょうどいい時間帯に茹で上げて、

軽く締めてもってくるあたりが、さすが専門店
の心配り。

Dsc_0167

あとは、コク深くあっさりした出汁を絡ませながら、

ズビズバと、汗をぬぐうことも忘れて吸い込み続けます delicious sweat01

鍋の締めがうどんっていう、わき役的扱いではなく、

うどんが主役として、飲み会の盛り上がりのピークになっているから、

「うどんすき」なのだと、実感
 delicious

これ、けっこう癖になる満足感なのです good


2013年8月14日 (水)

ルミエール@東京第一ホテル松山 

今回のEcafeは、ビアホール happy01 beer

Xdsc_0011

料理がおいしくて、つくりたてをオーダーバイキングできる

「東京第一ホテル松山」の一階、ルミエールに集合。

暑い気候も後押ししてか、店内から一階ホールまできっちり満席 fullです。

Xdsc_0017

サラダ、肉魚、炭水化物からデザートまでフルセットで充実 crown

Xdsc_0012

最初からテーブルにセッティングされており、待たせません wink

Xdsc_0015

定番枝豆に、がっつりサラミ。

Xdsc_0016

もちろん、ドリンク飲み放題で、かんぱ~い beer

Xdsc_0022

サラダ新鮮シャキシャキなのがうれしいです。

Xdsc_0025

ステーキに、エビってどんだけ贅沢。

今年は、屋内で涼しい方が、そとよりいいですね。

Xdsc_0031

二次会はKeep Onカクテル wine

夏まっさかりsun 

正面からがぶり四つで、楽しんでおります notes

2013年2月23日 (土)

Ecafe@てまり 

今年最初も、15人と大盛況bellのEcafeが始まります。

Dscn1745

多国籍なレストランを食べ歩いてきましたが、今回は「てまり」で日本料理。

Native2人を含む新人3人が参加で、これは春から縁起がいいや fuji

Misaさんは、前回の記事に書き込みされての参加。

夏には海外旅行予定で、少しでも頑張りたい元気いっぱい子happy01です。

Dsc_0153

本日のメニューは、飲み放題込みで3,980円コース。

Dsc_0158

半分に切った竹筒に入った鳥つみれを少しずつ、沸騰した鍋いれますwink

気づけばわたしが鍋奉行をしていますが、来日して間もないと

大皿に並べられた野菜や具をどのようにして入れていいかわかないですよね。

ふんわり浮き上がってきたつみれは、ホクホクでジュワジュワ smile good

Dsc_0160

「伊予柑ソースのグリルチキン」は、明らかになくなるスピードが速い。

かりっと仕上がったチキンと胡椒に、ミカンの酸味でユニバーサルフード。

T君は瀬戸内海の島に最初に赴任したらしく、とても楽しかったよう。

今日は忙しそうですが、またゆっくり島の話を聞きたいものですsun

Dsc_0163

鍋の後は、「〆のうどん」を投入。

野菜と鳥の出汁を吸ってつるつる、うまし happy01

Dsc_0165

最後は、店名の「てまり」すし。

このいかにも日本を体験してほしかったんです diamond

さて、

Dsc_0170

二次会はご存じ「Hanoi Cafe」

ますてぃーはかなり走りこんでいるので、

お会いするたびにフィットになり、カッコよさが増していますthunder

先日の愛媛マラソンも、大幅に記録を更新しての完走run

「カオソーイ(890円)は、チェンマイのカレーラーメン noodle

上にのっている、皿うどんのような乾燥ぱりぱり麺。

あちらの香辛料満載のカレースープの下には、縮れたソフト麺。

Dsc_0175

ぐわ~と混ぜて、ベビースターみたいな固さだけど長いのんと、

カレースープを吸い込んだ、柔らか麺をごちゃまぜ。

食感の両翼のような二者が、どこぞのベトナム系インド人にまとめられて、

これがまたうまいことなるんですよ delicious happy01 happy02 shine

Dsc_0177

AZAさんと目を合わせて暗黙の了解、ライス投入riceball

おいしいカレーを残すのがもったいなくて、ロングライス・オンザ・残り汁

これ、うまくないわけないやん!と思うでしょ。

そう、うまいんです wink

腹いっぱい大満足で眠くなったの、今日の話はこれで終わりなのだ。。。pig

2012年3月 5日 (月)

Roy's ★★☆

石畳、小田と梯子をしたおじさんブロガー達は、一旦解散 club

夕方再び、

Dsc_0495

大洲インターを降りて直ぐの、大洲プラザホテル裏に出来たおしゃれスポット

「Bar and Cafe Roy's」に再集合です。

Dsc_0454001

松山ではネジマキカフェ、大洲ではSa-Rah・Ridiを造ったBOLTさんがデザインされた店内は、モダンレトロな雰囲気があふれています。

Dsc_0448001

大洲の商店街で暫く屋台をされてた方がオーナー。

彼は今日の会の幹事Sa-Rahさん達と一緒に、地元を盛り上げる活動をされています。

代表的なものは、

Photo

「オオズキャンドルナイト」 ←clickで昨年の様子が動画で見られますよ。

大洲城をキャンドルでライトアップして、二日に渡り、様々なイベントを行う企画

今年は3月17日(土)18日(日)17時から21時の両日、雨天決行 sign03

実は今回三年目を迎えるのですが、昨年一昨年とも雨だったそうで、今からコツコツをキャンドルを手作りしている彼女達の気合を感じると、是非、今年は良い夜空願うのです。

Ozu_2

個人的には、市内有名店から出展される屋台 restaurant が気になっております eye

さて、

写真家のzoompapaさんとっても優しい絵を描かれるイラストレーターのtongarifeltzakkaさんも参加して、賑やかに始まります。

Dsc_0455

屋台が前身だからでしょうか、ボーダレスの美味しそうな物がずらり delicious

Dsc_0466

「若どりのからあげ(700円)

パリ、カリ、じゅわ sweat01 ゴクゴク beer smile

Dsc_0470

「イタリア産 生ハムプロシュート(700円)

グリッシーニに巻き巻きして、パクリ catface 

上品な香りが、別世界へ連れて行ってくれます。

手頃なお値段のワインも揃っているので、この辺で赤を一本頂きましょう wine

Dsc_0473

「うにとホウレン草のバター焼き(1500円)

積み上げられたうにの山をつつくと、ホロホロと崩れ落ちます。

熱が通り、旨味凝縮閉鎖状態のうにの風味が鼻腔に抜け catface spa

ほうれん草の程よい苦みとしゃきしゃき感が最高のパートナー。

これ、好きです wink

Dsc_0474

「ROY’S風 チキンカツ(700円)

濃厚で味の深いデミグラスをたっぷりと絡めて、一口でガブリ。

これ、ランチで出たら、ライス皿三枚行けます club

ここで、hair make NEW TOKYOのコウジさんも合流。

大洲の方言はそのアクセントがない事で教科書に載るほどで、単語や言葉がとても平坦 sign04

橋や箸など、ひらがなにすると同じ単語をアクセントで使い分ける事がなく、nativeの人同士が独特の抑揚がない一本調子で喋り始めると、集中して聞かないと話についていけなくなります coldsweats01

Sa-Rahさんに「にゅーとーきょーのコウジさん」と紹介された私は、

「えっ、温泉の方ですか?」と返事をして失笑されます。

実は、私の頭の中では「乳頭境のコウジさん」spa

さてさて、今日のメインイベントは、

Dsc_0491

サプライズで登場は、「鶴ちゃん HAPPY BIRTHDAY CAKE birthday by Ridi」

Dsc_0494

大好きなチョコレートを頂きますが、この黒光りは、たまりませんな happy02

層に分かれたクリームのコントラストを目と舌で堪能。

(持ち込みなので、こちらのメニューには常時ないかも知れません。)

横では、私が右手で持ち上げた写真を、左手にデジイチを持って撮っている姿に大うけのzoompapaさんが、その姿をiPhoneで撮影しています mobilephone

Dsc_0496

楽しい仲間と盛り上がった一行は、寒空の中、ビニールハウスのような屋台に移動し、

「オオズ ドリンクナイト#1」の夜は、しんしんと更けていくのです moon3

 

2011年11月26日 (土)

粋憩酔家 家風 ★★☆

うわ~、また禁断の〆メニューと出会ってしまいました happy02

ロープウェー街からとぼとぼと街に入った三人のブロガー達は、甘南備さん導きで地下へといざなわれます。

Dsc_0654

以前、ブログで紹介されていた「家風」は、かもとり権兵衛の地下 down

Dsc_0646

あんたに会いに来たんよ~、「昔ながらのナポリタン(650円)」ちゃ~ん note

焦げ目のついた木の器の上に、熱々の鉄板が横たわり、トマトケチャップの甘い匂いを周囲に放ちながらの登場。

「ジュウジュウ」spaという言葉は、戦後この食べ物が全国の喫茶店で普及する事に伴い、広まったとの噂もあるくらいです(嘘ですけど catface)。

Dsc_0649

昔ながらであれば、ふやけたようなソフト茹麺が正統派ですが、こちらのパスタは腰のあるアルデンテ乾麺。きっちりした歯ごたえと、滑らかな舌触りが、居酒屋の一品への昇進を遂げた証です good

さあ、

あまり喋っていると冷めてはいけません。生卵をさっくりと絡めて、服を汚さないようにもそもそと啜りあげましょう。玉葱の甘さや、忠実に再現された人参やピーマンの苦みが堪りません。

これ、めっちゃうまか~~~~~~~ happy02 happy02 happy02

そして、この店はまだリーサルウエポン bomb を持っています。

Dsc_0651

「KAFUUの石焼きカレー(550円)

カンカンに熱せられた器の内側では、カレーと米が接しており、小さな蒸気の泡を立てながら、ジジジジimpactと旧火山の噴火口のよう。

Dsc_0653

それを一気に生卵とスプーンでグルグル~~~typhoon

壁面のお焦げを剥がしながら混ぜると、タイガージェットシーンがサーベルくわえて目の前に現れ、顔の正面からアイアンクローをかまし、頭を前後に激しく揺さぶります wobbly bomb

米一粒一粒にまぶされたルーとカルボナーラ状態の卵が、舌の上でばらばらになりながら、お焦げカレーエキス化して、全身の細胞を興奮状態へ。

これも、鬼旨すぎるっちゃ~~~~~ん  fuji fuji fuji

夜中にこれを食べる罪悪感が、その美味しさを倍増させるです smile

2011年5月17日 (火)

Japanese Dining にの ★★☆

Chipさんと始めたE-cafeも軌道に乗り、

欧米以外にも、アフリカ、アジアなど各国のEnglish speakerが参加。

女子率とベジタリアン率が高い為、

Dsc_0231

繊細な料理が評判の「Japanese Dining にの」にお願いします。

夜コース(2500円)は、普通でもベジタリアンでも同じ値段。

+1500円で飲み放題追加可能です。

子育て中主婦など、短時間しか参加できない方もおられるので、

普通コース、ベジコース以外に、来店後注文個別支払い、

飲み放題の有無など、細かい注文を数回にわたって変更したのですが、

その都度丁寧に対応頂き、その細やかさに感激 wink

Dsc_0229

個別メニューはこんな感じです。

さて、

Dsc_0236

「前菜」

外国人メンバーは、しらすの目が気になるらしく ng

こんなに旨いもんないと思いますが、残りが廻って来るので内心ほくそ笑みdelicious

Dsc_0238

ちなみにこれがChipさん達ベジタリアンの前菜。

後から伺うと、ベジタリアンコースはメニューになかったようです。

予約をした後に改めて、

「ベジタリアンの方は、出汁も動物系はだめなのでしょうか?」

確認まで頂く細やかさにまた感激 heart04

「時々は焼き鳥とか摘まんでいるからイイと思います」と返事すると、

少し拍子抜けされてた感じ。

本当にお気遣い有難うございます happy01

Dsc_0243

鯖煮付けに、青海苔のトッピング

脂の乗った所を、柔らかく丁寧に炊き上げてあります。

店の作りは洋風ですが、シェフは和食出身なので、店名の通り和食テイスト。

Dsc_0244

ベジタリアンのメインは茄子

これにはアイルランドからのLちゃんも、goodのお墨付き

Dsc_0247

鳥のつくねと筍の天麩羅

ふんわりと仕上がったつくねから、閉じ込められた鳥汁がジュワsweat01

Dsc_0249

締めは焼きおにぎりで、見かけよりしっかりのボリューム delicious

これ以外に茶碗蒸しに、

Dsc_0250

ジェラートが付いて、大満足のコースです。

あまりに居心地がいいので、7時から閉店の10時までしっかり居座って、

本来の目的の「英語を使って楽しい時間を過ごす」事が出来ます。

こんな会が欲しかったけど無かったので作って大正解。

ブログの取材も兼ねられるので、さらに ok

次回はガッツリ肉のお店に行こうnoteと、非ベジタリアンメンバーで盛り上がり、

楽しい会はあっという間に終わるのです wink



2010年11月 9日 (火)

グッチーまま Cooking ★★★

今回は完全予約制居酒屋 note

自宅で料理教室を定期的に開いておられる「ぐっちーまま Cooking」さんの、

おつまみ会にお邪魔します。

簡単ヘルシー&IHメニューが中心の料理教室に関しては、

彼女のblog
をご覧ください。

「ピンポーンbell」とお邪魔すると、笑顔でお出迎え。

Dsc05198

既に、大皿料理が出来上がっています。

ここのルールは、会費1000円+マイ箸・マイ食器+ドリンク持ち込み。

Dsc05204

タコ好き星人の私をまず虜にしたのは「蛸とアボガド」

たっぷりのネギに、隠し味の山椒の組み合わせが、斬新です。

蛸のコリコリ感と、アボガドのねっとり感がネギでまとまります。

Dsc05200

「里芋と梅」

里芋と梅を練り込んで、和風芋サラダ good

素材の水分だけで料理をされる彼女の料理は、シンプルで温かみがあります。

Dsc05206

今日は魚屋としさんが持ってこられた「金目鯛」「勘八」も、加わり豪勢。

としさんの包丁さばきに目を奪われた後は、

いっしゅうさんが金目鯛の皮や胃袋をさっと湯通しして、添えます。

刺身の一部をさっさと霜降りにしてしまういっしゅうさんは、

ぐっちーままさんの生徒さん達(呑み友達?)から、注目の的 eye

Dsc05208

「金目鯛の煮つけ」も加わり、豪勢なパーティーが始まります。

持ち込みの石鎚一升を開けて、人の家で24時近くまで盛り上がったので、

その後の写真はありません。

ひらひらスキーのお話しは、インパクト大 wobbly

普段絶対聞けない話に遭遇するのが、呑み会の醍醐味。

 

また、おつまみ会呼んで下さいね~~ happy02

2010年11月 2日 (火)

夢の家 HANARE ★★☆

「今日は飲みに行きたいな~ wine

仕事中に白昼夢 catface に襲われます。

急に決まったプチオフ会は、ウキウキするものです happy02

私の「TO EAT LIST」は、手書きを卒業し"Evernote"

PCからもXPERIAからも簡単にアクセス・更新が出来て便利。

さて、

元気があって気分の良い店として有名な「夢の家」に行こうと思ったら、

「あそこに、二号店が出来たよ」と、民酒党で待ち合わせをしていたkobaltさん。

Dsc05107

9月23日にopenしたばかりの「夢の家 HANARE」にお邪魔します。

満面の笑顔happy01と、ハスキーで威勢のよい声notesでお出迎え。

本店に前もって電話予約を入れていた事をお伝えすると、

「こちらでも結構ですよ happy01 」の即答。

本店との連携の良さと、決断の速さで期待が高まります。

Dsc05110

HANAREのスタッフは、全員女性 heart04

一糸乱れぬ掛け声と、どのスタッフに伺ってもお勧めがすらりと出てくる気合に、

期待が高揚感upに変わっていきます。

さあ、乾杯です beer

Dsc05115

「野菜畑 de バーニャカウダ(880円)

新鮮な野菜が氷の中で立っています。

西京味噌を使用した和風のバーニャカウダは初体験。

まろやかにまとまっているので、野菜にたっぷりつけていくらでも入ります。

Dsc05117

「肉味噌きゃべつ(380円)

クリーミーな肉味噌で、キャベツ丸ごと一個も皆でぺろり wink

思い返せば、このキャベツ半分くらい私が頂いたかも。。 coldsweats01

Dsc05122

「かわトロ手羽唐揚げ(4本580円)

一度煮込んでから揚げているらしく、皮コラーゲンとろけプルプル good

揚げられる事で、肉の芯まで味が染みわたり、骨までしゃぶりつきます

Dsc05127

「フライドポテトに烏賊の塩辛

酔度も深まり、正確なメニュー名は失念 sweat01

茹でたポテトに塩辛が乗っているのは見た事がありますが、

ここのポテトはフライです。

「芋と塩辛の組み合わせ」を考えた人sign01は、

鴨とオレンジの組み合わせを思いついたトスカーナ人と、

同じくらい称賛されるべきでしょう bell

ここでドリンクは黒糖焼酎へチェンジ。

Dsc05132

「肉巻き野菜串」

この野菜に巻いてある肉が、ここで初めてみた形のある肉 pig

生野菜に少し飽きた頃に、火が通って甘くなった野菜+豚脂エキス

表面の焦げ具合が、食欲を加速させます。

二杯目の焼酎を頼んだら、一杯目に傾向の似た物を自然に勧めてくれる、

弾けそうに元気な店員さん達。

胃袋penguinもハートheart01も心地よくさせてくれるお店で、リピート必至です。

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009