ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2017年2月27日 (月)

カマ喜ri

週末はだいたい奥さんとどこかに出かけております。最近は西条、新居浜が多いのですが、今日は、「いっしゅうさんのうどんツアー」で、私がお気に入りの讃岐の西の端の「上戸うどん」まで足を延ばして一杯。



その美味しさにテンションが上がり、ここまで来たら、一杯で終わるのはもったいないと、





観音寺の「カマ喜ri」まで足を延ばします。





外観や店内は、まるでおしゃれな美容室か雑貨屋さんの雰囲気。テーブルやいすもおしゃれで、デートでも来れる感じのほかにない雰囲気です。





初めてみましたが、外国の人にもわかりやすいように、英語のうどんの説明。ぶっかけはかけに似ているが、出汁の量が少なくて味が濃いいなどと書いてあり、わかりやすいです。



さて、





土日10食 角煮と大根のカレーうどん 600円



和風だしのうどんに、トロトロに煮込まれた角煮。太めの麺とガッツリ絡めながらいただきましょう。





肉ぶっかけ 550円



大きい薄切り牛肉が3枚も入っており、肉の脂と麺を口いっぱいに咀嚼して、肉汁と麺のうまみを正面から楽しみます。愛媛ほどは甘くないので後味もあっさりで箸がすすみます。ご覧のようにかなり太い麺ですが、ふんわりと茹でてあるので、決して固くはないけど弾力のある歯ごたえ。結構好きなタイプです。





大将や店員さんたちも若く、ニューウエーブのうどん屋との出会いにうれしくなります。





この店のアイドルは、なっちゃん。おとなしそうですが、近づくと頭を下げた体制で突っ込んでくるので要注意。



さてさて、帰りは、





近くの海沿いにある「ぴんぴんやゆたか丸」で、生かしの鯵刺し。





ウシノシタが正式名称のカレイを購入して、自宅で煮つけに。



げたとか、くちぞこなどと呼ばれるようですが、お店の値札に書いてあった名前を失念。靴の底みたいな感じの名前でした。



休日ランチ→夕食の新鮮な魚購入の理想的コースを、またひとつ開拓したのでしたrvcar

2017年2月13日 (月)

梵字

天気もいいので、水の都・西条にそばを食べに来ています rvcar





梵字





広い駐車場のある店の戸をくぐると、そば粉などの本日の食材を紹介。





店内は個室を中心として、座敷や中庭を眺められる椅子席などがあり、ゆったりと過ごすことができます。机の上の、巻きずしを巻くす巻きみたいなものを広げると、メニューになっています。





ざる豆腐



豆腐も手作りで、北海道の黒大豆を使用。滑らかな舌触りと優しい甘みにほっこりします。写真は出していませんが、セットについていたごま豆腐も素材を生かした際立つ香りの一品でした。





生麩田楽



生麩のもっちりとした食感は官能的。



手前の深緑色はヨモギで、その春の香りがしっかり伝わります。



真ん中のゴマ田楽は、赤みその甘みとナイスマッチ。



奥の黄色いのは、粟で、白みそがトッピング。



一つ一つが丁寧で、食べ飽きないおいしさです。





奥さんは、温つけ天婦羅そば





地たこ釜飯梵字セット(もりそば、豆腐、たこ飯、ぬか漬け)の、もりそば





十割で粗目の挽きで気持ち太目の麺。



しっかりした歯ごたえを楽しみながら咀嚼していくと、そば粉の香りがストレートに伝わってきて、好きな味です。麺が短いのは意図してではないそうですが、これだけ粗目の粉で十割だと生地を畳んだときの折れ目のところで切れてしまうのでしょう。





おお、たこ飯が炊きあがりました。



15分くらいかかるといわれましたが、最初の豆腐や田楽を摘まみながらだったので、特に長くは感じず、釜の蓋の横からいい匂いの水蒸気が上がってきたあたりから、気になってしょうがありません。タコもぷりっぷり。





釜飯の醍醐味のおこげも、いい感じ。



全体的に味付けが優しく自然で、素材を生かした食べ飽きないおいしさで、大満足。



お値段はややお高めですが、これだけの環境でこれだけのものを食べさせてくれるなら納得です。



西条の蕎麦屋シリーズ、なかなか奥が深いのです delicious

2017年1月17日 (火)

一りん

AZAさんが、facebookで家族を連れてお出かけしていたのを拝見し、是非とも行きたいとメモをしていたお蕎麦屋さんに突入です。

一りん

一番町から東高へ向かい、その手前の道を右折(南下)すると左手に見えて来ます。駐車場は店の前にも二台ぶんありますが、少し狭いので、道を挟んだところが広くて止めやすそうです。


メニューはこんな感じで、全体的にお得な感じ。天丼420円って最近あまり見ない値段設定で、嬉しくなります。

私がお願いしたのは、


ざるそば


麺がきっちりしまって冷えています。やや甘めの出汁に半分ほどつけて、ズズズ〜とすすって参りましょう。


天ぷらそば

エビが二本も乗っており、素敵なフォルムです。ざるの出汁が甘めだったのと対照的に、かけの出汁は甘みは押さえてあり、あっさりしています。出汁本来の風味と、天ぷらの衣が少し溶けて味が深まっていく過程に安心感を覚えながら魅了されて行きます。


ミニ穴子ちらし

AZAさんに、是非ともと勧めていただいた一品で、こちらの名物。穴子はふっくらと柔らかく、甘辛の出汁を含んでいます。薄い卵焼きをまぶしたご飯のやさしい甘さと混ぜ混ぜしながらいただくと、おお〜、ふわ〜んと全身に幸福感が沸き起こって来ます。丁寧な仕事が舌を通じて心まで揺さぶることを証明してくれるお味。これ、かなりおすすめです。



ばってら

こちらの鯖の身も綺麗ですね。しっかりと浸かっており、これでビールか日本酒をいっぱいやりたくなるような凝縮した旨みがあります。

街から勝山通りの向こうまでちょっと足を伸ばせば、こんな素晴らしいお店があるのかと再認識。またしても、市内蕎麦屋ローテーションの先発メンバーが増えたのです。

2016年9月26日 (月)

七里茶屋 

十数年前に松山に引っ越してきたとき、当時の上司が昼休みに桜三里まで連れて行ってくれ、ここのうどんを食べさせてくれました。前の勤務先が山陰で、そば文化だったので、久々にうまいうどんを食べた感激を今でもしっかりと覚えています。

その当時、桜三里にあったお店が、数年間に東温市に移転しています。

1img_4388

七里茶屋

1img_4394

移転してからは初めてうかがうのですが、入店して左のカウンターと、右の客席の雰囲気は、前の店の雰囲気に似ており、少し広く、とても新しくなっています。

1img_4399

いなり寿司

このいなりの甘さに、当時はショックを受けたものですが、今ではすっかり愛媛の味に慣れたようです。慣れはしましたが、ここのいなりの甘さは、他の追随を許さないレベルではないでしょうか?

1img_4401

奥さんは、鍋焼きうどん。上にして、えび天が乗っています。

1img_4406

私は、当時の上司に教えてもらい、それしか食べない天ぷらうどん

まっすぐで大きなえび天が、クロスした状態でどんぶりにのってくる姿は、まったく変わっておらず、これこれ!って感じのテンションになります。

スープはいなりと違い、甘みを控えて出汁が効いたすっきりした仕上がり。しょうがをたっぷり入れて、後半は一味を散らすのが私の食べ方です。

1img_44091

手打ちで程よい腰のある、やや平たい麺。

1img_4415

不揃いな麺の形が、口の中で暴れながら入ってくるので、舌触りの心地よさがたまらなく、癖になります。

1img_4413

この、堂々としたえびをご覧ください fuji

がぶりとかぶりつき、少しはがれた衣は出汁にときながら、ずず~とすする。そして、またえびにかぶりつき、ショウガで温まった鼻の汗をふきながら、一心不乱にどんぶりに挑みます。気が付けば、最後の一滴のみほしており、ああ~うまかった!と天井を仰ぐのです。

店内は家族づれ、カップル、おばさん二人組など様々な構成。移転しても、地元の方にあいされており、帰りにお礼をいう子どもに、大将が大きな声でありがとうと答えています。

幸せな時間をくれる名店なのです wink

2016年9月 5日 (月)

綾川麺児 

大手町に新しいうどん屋さんが登場。

おーちゃんさんのブログでチェックして突入です run

その名も、

1img_4163

「綾川麺児」

綾川とは香川県綾歌郡の地名で、それにちなんでつけられたと考えられますが、もし讃岐うどんをテーマとした漫画があったら、その主人公みたいだな~と空想が広がります。

(以下、勝手な空想)

麺児は綾歌郡のうどん屋の末っ子として生まれて、うどん職人である父の背中を見ながら育ってきました。店は小さいながら連日行列の人気店で、麺児家族も細々ながら幸せな生活をしていました。

ところがある日突然、仕事中に父が倒れ店は余儀なく休業。そこへ、全国チェーンのうどん店の社長が高級外車でやってきて、看板ごと店を売ってほしいと母親を責め立てるのです。暖簾を守るべく立ち上がった麺児は、チェーン店の技術指導をしている男と、直接のうどん対決を行い、負けた方があきらめるとの約束をするのでした。それから日夜、うどん修行にはげむ麺児ですが、姉の舌によると、なかなか父の味には至っていないとのダメ出し。そのうえ、店の倉庫が不審火で全焼してしまい、麺児は絶体絶命のピンチに追い込まれるのです。

(以上、勝手な空想終了。続きは皆さんもお考えくださいwink

さて、

1img_4163001

店の外にかけてあるメニューはこんな感じ。

1img_4165

店内に入ると右手すぐに製麺場があり、体格のいい若い大将が麺を打ったり茹でたりしています。うどんの注文を済ませて、サイドメニューを小皿に乗せて席で待ちます。

1img_4167

冷かけ 

1img_4168

出汁は甘めで、麺は太めの剛麺。歯ごたえを楽しみながらぐいぐいと吸い込んでいきます。

1img_4171

こちらは、熱 温玉肉 

鰹節やわかめなどは無料でトッピングできます。

夏休み時期だったからか、奥さんと思しき方とお子さんまで一家総出で働いています。讃岐の有名店で修業をされていたとのことで、この日は日曜ですが営業されています。

勝手に空想を膨らませながら、次の訪問を心待ちにするのです。


2016年8月29日 (月)

いしゅうさんの讃岐うどんツアー2016夏 後半 

いっしゅうさんのうどんツアーの醍醐味の一つは、計画はあってなきもの。

主要なうどん屋さんの営業日と営業時間が頭に入っている、うどん脳のいっしゅうさん。臨機応変にプランが変わるのです。この日も3軒目は天満製麺所の予定でしたが、この時間だと一番釜ではない可能性が高いと判断され、須崎へ向かいます。

その途中、

Dsc_0259

おお、めんくいがあいとる!と、いきなりハンドルを切って飛び込んだ未食店。

Dsc_0258

名前といい、値段といい、私たちが想像するザ・讃岐うどん店て感じで、興奮していろんな角度から外観写真を抑えてます。

Dsc_0263

おでんも惹かれますが、

Dsc_0268

かけ小+エビかき揚げ載せ

つるっとした舌触りでもっちりした歯ごたえの正統派。量も通常の大盛りくらい入っていますが、クイクイと食道を通ります。

Dsc_0270

5軒目は、鉄板の須崎。
Keep Onの営業あけで、徹夜のまま初参加のPONちゃんも、まだまだ余裕の表情。
開店前でも店の前の空き地を利用した駐車場はいっぱい。おばあちゃんが、冷か温か、大か小かを並んでいる人に聞いて回り準備万端。開店と当時に行列が動き、温かい小のお椀を渡されるので、その場で生卵と薬味を放り込んで、本店の食料品店を抜けて外に出ます。

Dsc_0273

う〜〜〜〜ん、たまらんdelicious

初めて来た時は行列もこれほどではなかったので、入り口がわかりにくく、道路に描いてある止まれの『れ』の跳ねた部分が目印だと教えてもらったのを思い出します。

Dsc_0275

人生で一番楽しいグルグルグル〜〜🌀

あとは、一気に、ゾゾゾゾゾ〜〜delicious

昇天です。

さて、

Dsc_0276

この日は昼から用事があったので、早めに切りあげての帰松。東温市のいちご日和でいちごのかき氷を食べようと思ったのですが、一時間以上の行列で断念。

Dsc_0277

おばちゃんもよく知っている横河原のかどみせで、

Dsc_0279

レトロなソフトクリームをいただき、今日のツアーは打ち止めなのです。

あ〜、おもしろかった smile

2016年8月26日 (金)

いしゅうさんの讃岐うどんツアー2016夏 前半 

さあ、今年の夏も、恒例のいっしゅうさんのうどんツアーが始まります。

まだ外は暗い朝5時に松山を出発し、朝日が昇る頃には、すでに西条を超えています。

Img_4061

これも、朝一番釜のうどんを食べるための、いっしゅうさんの流儀。これまでのツアー経験上、同じ店でも早朝一番のお湯だけで茹でたうどんと、昼前のうどん粉や塩が溶け出した釜で茹でたものでは、味が違うのは確かのようです。

さて、

Dsc_0229

今日の一軒目は、上戸

Dsc_0230

看板には毎週日曜休みと書いてあるのですが、実は日曜は営業しています。その詳しい営業日はtwitterで確認するのがいいと気がつき、日曜3度目の挑戦にしての初入店です。

Dsc_0233

カウンターには天ぷらがずらりと並び、体型のいい威勢のいい大将がどんどんと注文をこなしています。

Dsc_0234

かけ小 1玉

噂に違わぬ剛麺ですが、硬いだけではなくそのもっちりとした歯ごたえがたまりません。自慢のいりこの香りが沸き立つように鼻腔から攻め入ってきて、キリッとした塩気でガツーンと目が覚めます。一軒めですが、確信したようにお土産麺を3玉も買ってしまいます。

Dsc_0237

もう、秋も遠くないようです。

Dsc_0238

二軒目は、ご存知、上杉食品

Dsc_0242

讃岐の方は、朝から働き者ですね。

Dsc_0244

かけ小

たおやかな麺に、すっきりした出汁。一味で気合いを入れて、専用に揚げられた揚げを適量入れ、無意識にかき込みます。

さあ、飯山を目指してまっすぐ。

Dsc_0251

三軒目は、大好きな、純手打ちうどん よしや

初めて行った頃に比べて、店内外の看板も綺麗になっており、今や押しも押されぬ名店。

Dsc_0254

冷たいかけうどん

コシのある風味豊かな麺が、切られる段階でできた自然なねじれに醤油出汁をからめながら、トルネードのように唇を誘惑した後、口の中で暴れます。

ああ、やはり讃岐うどん、最高happy02

まだ前半しか書いてないのに、また行きたくなってくるのです。

2016年6月20日 (月)

甲 きのえ @西条 

丁寧な仕事というものは、舌を介して伝わるということを実感します。

今夜の鳥津会は、西条場所。メンバーが県内各地にいるので、地元の人が幹事担当なのですが、今回は塩ザキ酒店さんの順番。

Dsc_0116

彼のつてで、通常はやっていない「甲」さんの夜を貸し切りで、蕎麦フルコースと塩ザキ酒店プレゼンツ日本酒飲み放題という夢のような企画なのです。

Dsc_0124

幹事の塩ザキ君が丁寧に作ってくれたお品書きをみながら、わくわく happy02

Dsc_0122

三種盛り(そばみそ、カルパッチョ、板わさ)

病み上がりで、この日はノンアルだったのですが、これで日本酒が飲めればどれだけ決まるだろうと、一品目からもんどりうちます。

Dsc_0127

ソバゲッティ

地元の食材にこだわることと、柔軟な発想が甲さんの特徴。

手造りのトマトソースは素材の味を生かしたシンプルなもので、蕎麦出汁をかけることで和のテイストをかすかに残した、和洋折衷の名品。

大将の熱い思いは、HPに書いてあるのでぜひご覧ください。

Dsc_0129

だしまき

甘みはみりんからなのでしつこくなく、ジューシーな仕上がり。箸で切れ目を入れると断面から和ジュースがあふれ出し、口に入れるとうまみが唾液腺を刺激します。

Dsc_0132

甲の絹かわなす

これも地元の素材にこだわったもの。大振りの絹かわなすをいったん揚げて、出汁にしばらくつけることにより、内部まで味をしみこませています。厚い身が冷たく和らかくぼどけ、心地よい官能的なナスエキスと出汁が口いっぱいにひろがります。

舌で感じる美しさです。。。smile

Dsc_0137

塩ザキ商店のチョイス

後日お店で購入し、おいしさを再確認中。曜日によっては松山まで配達ありますよrvcar

Dsc_0125

お品書きの左半分には、塩ザキ君のユーモアと熱意が記されています。

Dsc_0133

そばいなり

初めていただきます。

稲荷の上品な甘みと大豆の香りが、優しい蕎麦の味わいを包んでいます。

Dsc_0140

天ぬき

天ぷらそばの、そば抜きの意味。

温かいつゆを吸収した衣の食感が、素材の味わいを高めます。時期の地元の海苔やそら豆の香りがふわっと立ち上り、気を失いそうになるくらい幸せな空間に吸い込まれていきます happy02

Dsc_0142

すだちの冷かけそば

最後は、あっさり出汁とすだちで、きりっと引き締まった蕎麦自体を正面から堪能。細くてこしがあり、かみしめるにつれて、大地からの恵みが吸収されていくのがわかります。

このフルコース、最高の最高です good

Dsc_0147

二次会は店をかたずけた大将とも合流。

大阪出身の彼が奥さんの里を訪れたとき、その沸きあふれ出す水に感激し、西条で蕎麦屋を出すと一念発起。小さいお子さんを抱えながら脱サラして修行に入り、十数年前にこの地に夢をかなえ、地元に人たちに助けられながら蕎麦を根付かせた話に、一同吸い込まれるように聞き入ります。

Dsc_0150

ノンアルコール自家製ジンジャーエール

話も盛り上がり、大将も鳥津会メンバーに入っていただけることになり、大歓迎。

食を通じて人の輪が広がり、いろんな刺激を受けるチャンスに恵まれた幸せをかみしめながら、水の都の夜は静かに更けていくのです moon3

2016年4月22日 (金)

釜あげ専門店 優月 

時間はあるけど動けず、ブログを書くほどゆったりできない時は、

食べログなどで行ったことのないお店を探しています

その中でめぼしいお店があると、PCのメモに情報を貼り付け、

休みになると、その中からお店を選びそそくさと向かう瞬間が最高の時間です

Img_2629


釜あげ専門店 うどん優月

メモのリスト中でも食べログ上位に出てくる店で、

グーグルマップで場所を確認することから始めますが、

何十回と通ったことのある道にも関わらず、イメージがわきません

実際伺ってみると、こんなに国道に近いところにあったのかと驚きます

Img_2630


お店に入ってすぐにうどんを注文し、番号札をもらって席に着きます

定番のおでんは、味がしっかり染み込んでおり、箸でも柔らかく切れます

Img_2632


近所の常連さんぽい感じの老若男女で、回転よく回っています

Img_2633


私は釜バターを注文したので、食べ方の予習に余念がありません

Img_2634

まずは、奥さんの注文した かけ

いつものように、後から味見させてもらおうと思っていたのですが、

食べ終わって顔を上げたら完食しています

あまりの美味しさに、ペロリっと言っちゃったとの感想です 

まあ、私のも分けなかったのでおあいこですけどね

Img_2636

釜バター大

美味しいものを食べるためには素直に育っているので、

指南書通り、大根おろしと生姜は入れないで、まぜまぜ

Img_2639

だし醤油は少なめにかけて、もう一度まぜまぜすると、

湯気とともに、フワーと香りが舞い上がってきます。

たおやかでやや太めの麺をしっかり持ち上げ、一気にすすり上げます

釜あげなので麺はややとろみがあって、喉の奥に優しくソフトタッチ

歯ごたえはもっちりしていて、頬いっぱいで咀嚼します

夢中なので気がつけば半分を超えていますが、ここで指南2で黒胡椒

細かく引いてあるので、満遍なく混ざり風味がガラリと変わります

かけ、ぶっかけ、釜あげ、釜玉と他の種類も今すぐ食べたいのです

2016年3月18日 (金)

菊屋 宇和島 動画

こんにちは happy01

今朝は、スケールの大きな夢をみて、目を覚ましたいけちゃんです smile

今回は宇和島を代表する麺のお店、菊屋さんに初突撃です run

1img_2139

二つの有名メニューを食べましたが、

1img_2143

また行って同じものや、違うメニューも食べてみたくなる、

おいしくて歴史あるいい感じのお店なのですhappy01

では、動画をどうぞ movie

PS: スケールの大きな夢とは、

同郷、同世代の福山雅治に、ラーメンをおごったって話でした smile

当然、彼とは何の面識も関係もありませんけど catface

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2