ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2017年3月 9日 (木)

かど八

その風貌と元気のいい話っぷりに、他人とは思えない知人Nさんより、あそこはすごいですよと勧めていただいてお店に、専務先導のうえ突撃となります。

「かど八」

新立の道路沿いにあるのは随分前から知っていたのですが、地理的に少しはずれにあるのと、その独特の外観に、いままで来店には至っていませんでした。

お店の中はかなりの歴史を感じます。昭和50年台にこちらに引っ越してこられたらしいのですが、この日のメンバーの一人が、自分と同じ年だと言っていたので印象に残っています。

おでんは染み染み系。

ハンガーは洋服箪笥で草履がつるしてあるという、徹底的なレトロ演出?です。

しっかりと味のおでんで、冷え冷え生をクイ~ンといただき、開宴です beer

豚足

九州では当たり前のつまみですが愛媛では珍しいので、あれば必ず注文してしまいます。ぷりっぷりのゼラチン質を骨からかじりとり口の中で溶かす快感は、その腰の引けてしまうような外観からは想像もつきます。

ピンぼけが悔やまれますが、このフライは人生で初めて食べました。長い辺が十数センチの長い三角形で、その名前とは違う印象のしっかりした歯ごたえがあります。

mobaq さて、これは牛のどこの部位のフライでしょうか?taurus

純米酒も結構いいのが入っており、ひやをちょろりに入れてさしつさされつ。

たぶん開店当時から変わっていないだろう、昭和の世界がここには保存されています。

もやし炒めで店の味がわかる!が、専務の自論。

出汁と半熟卵を絡めながら、サクサクとどんな酒にもあう優等生ですね。

お店は夜半過ぎまでやっており、〆の中華そばなども有名だそうです。そのメニューの横にある、焼中華そばも気になるので、これは〆の時間に再訪せねばならないのですbleah

2017年2月 6日 (月)

BB ChoRy チョリー

(閉店)

ビーチクルーザー好きの学生相撲出身のマスターがやっているスタンドバーbar

BB Chory

Bicycle and Barで、BB。
ビーチクルーザーというタイプの自転車が店頭に置いてあり、好きが嵩じてそれをテーマにしたバーを始められたそうです。

立派な体格のマスターは、フレンドリーでお話好き。看板にも書いてありますが、0次会や2,3次会にふらりとよるのにうってつけの雰囲気です。値段設定もシンプルで、若者感覚で敷居も低い(実際店に敷居はありません)ので、ふらりと入ってみます。

体に似合わず細かい仕事のポテサラは、サクサク食感でピリッとしており、ビールを呼び込みます。

ドクターペッパーはアメリカではよく見かけますが、珍しいですね。独特の味で、日本で見つけても飲むほどのファンではないので、次回に先送りです。

雑多な感じですが、なんとなく居心地のいい空間なのです wink bicycle

*igaさん情報にて、残念ながら1月28日に閉店されました。

2016年11月24日 (木)

Keystone

いつものメンバーで、おそがけで街に来ています。

いつも同じお店では芸がないねってことで、専務がおすすめの、

Keystone bar

シックな雰囲気で、あるようでなかなかない、本格的なバー。完璧な雰囲気です。いつもそうですが男だけなので、オーセンティックに決めようと、



ギムレット

味見させていただいた程度ですが、切れよし。



角のハイボール

こちらも一口、香りよし、切れよし。

ダイキリ

ほのかな甘みで、くい~と行けてしまうファーストタッチですが、これ調子こいて飲んでいると翌朝残るなって直感が働いて、水をもらってちびりちびりです。

さて、

気が付くと、桝元で辛さ25倍ハーフサイズを目の前に、汗だくでもがいています。これ、たぶん素面じゃ頼まないと思いますが、酔うと妙な挑戦心と負けず嫌いが働いて、25倍を注文してしまうんですよね。

やはり、シックやオーセンティックは、無理なようなのです smile

2016年7月22日 (金)

BAR g バー・ジー 

相変わらず、BAR巡りにはまっています bar

1img_3570

BAR g

バーが集まるエリアに一階にあり、いかにも正統派の雰囲気を出しているのですが、中の様子がわからないので、なんとなく未訪のままでした。

1img_3566

東京オリンピックのパネルなどで世界的に有名な、松山出身の墨絵画家の茂本ヒデキチさん。このバーをモチーフにした、彼のオリジナルの大きな墨絵が、カウンターの向こうで絶大な存在感を放っています。

カウンターの正面には、最大30人近くは入るのではないかと思われるほどの、テーブルのエリアが広がっています。

そのうち一つのテーブルでは、まだネクタイも緩めていないスーツ姿の男性たちが、ニコラシカ?を煽りながら怪気炎を上げてています。バブルの時代にはよく見た光景で、砂糖の甘さで舌を麻痺させたところに、アルコール度数の強い酒を放り込んで盛り上がるやり方ですが、久しぶりに見ると痛快です。年齢層もまばらなので、よほど仕事がうまくいったのでしょう。

1img_3560

奥さんが注文した、セックス・オン・ザ・ビーチ(アルコール少な目)

セクシーな名前ですが、学生の時に初めて聞いたときはちょっとドキッとした記憶があります。一緒に飲んでいたアメリカ人の女性が、”Sounds grainy!”とコメントしていて、家に帰って意味を調べ、それ以来grainyという単語は忘れていません。

さて、

1img_3561

私は一つ覚えの、モスコミュール

カンカンに冷えた専用の銅製のカップで登場し、オーセンティックな雰囲気を演出。

1img_3564

こちらはテーブルチャージがつくのですが、その時につまみを選ぶことができます。

ドライフルーツと柿の種にしてもいいし、

1img_3567

口直しに、切たてのみずみずしいフルーツも、選べます。

何かの会の流れで、ある程度の人数でも対応できるキャパで、雰囲気も味も正統派。

街飲みのBARの選択肢に、入れないわけにはいかないのです good

2016年7月19日 (火)

BOKKEの季節がやってきた@南堀端

南堀端のおしゃれオープンテラス、全国の地ビールが生で飲めるBOKKE

冬の間でも、元気な若者たちがテラス席で生を飲む姿をうらやましく眺めてきたのですが、おじさんたちもテラスで飲める、暑い季節の到来です beer

1img_3579

基本、国内のドラフトビールで、ちょくちょくメニューが変わっています。そのため、行くたびに新しい出会いがあり、飲んだことないものからチョイスします。

1img_3580

箕面ビール(大阪) スタウト 苦味 2/5

World Beer Awardで金賞を受賞した、コーヒーやビターチョコの香りと味わい。ギネス的な苦さですが、こくもあり好きなタイプの大人の味です。

1img_3583

鬼伝説ビール(北海道) 金鬼ペールエール 苦味3/5

柑橘系の香りと、苦味が味わえる二種のホップを使用。様々な種類の味蕾を刺激してくれるので、ぐびぐび飲まず、じっくり味わうことができます。

1img_3586

ポテトサラダ

なんとフォトジェニックな登場でしょう。半熟卵の黄身をまぶしながら、しっかり味のポテトをちびちびとつまみます。

1img_3590

大山Gビール(鳥取) ベルジャンIPA 苦味4/5

ぺルジャン酵母由来のスパイシーな味わいが特徴。若いときはよく子供たちをつれて大山や蒜山に遊びに行っていたので、懐かしさがよみがえります。

1img_3592

宮崎ひでじビール(宮崎) 日向夏ラガー 苦味1/5

日向夏のさっぱりした酸味が、暑い季節にぴったり。柑橘系で味に幅をつけているのですが、ジュースみたいにならず、あくまでもビールのわき役的バランスが嬉しいです。

1img_3596

鳥肉のサラダ(名前失念)

ソースはスパイシーでたっぷりかっているので少しずついただく感じ。大好きなパクチーが、これでもかと乗っているので、ゆっくり咀嚼しながらその香りを堪能。

そういえば、8月28日に今年も城山公園で松山BEERフェスタが予定されています。昨年は一角に陣取って飲んで昼寝して最高でした。最後はビールが売り切れるほどの大盛況だったのですが、今年は各店売り切れないように気合いを入れて臨むとの情報もあります。

行かなきゃなのです happy02

2016年7月 4日 (月)

Bar TAXI

引き続きBar巡りに凝っているので、今夜は奥さんが友達から教えてもらったお店へ。

Dsc_0093

Bar TAXI

カウンターとテーブルの広いワンフロアーで、シックで贅沢な空間。

Dsc_0088

初めてなので、カウンターに座り、短髪のシブいマスターと世間話。

レコードが揃っているので、最近亡くなったプリンスをリクエストします。

Dsc_0096

目を見張るのは、カクテルの種類の多さ。

リクエストに応えているうちに増えて行ったそうですが、LONGだけでこれだけの種類があります。

名前もユニークで、新しいバカボンなのだ、だれにも優しい口あたり、不思議な味など、名前を呼んでいるだけで退屈しません wink

Dsc_0099

酔っていたので何を頼んだのかはっきりは覚えていませんが、たぶんグレイハウンド?

天井は高くてゆったり、レコードの音楽に浸れる素敵な空間なのです notes

2016年7月 1日 (金)

スタンド はるか 

久しぶりにC'epageで飲んでいると、6年前に耽味会でお知り合いになり、そのあとちょくちょくスポーツクラブでお会いする社長さんとぱったり。

しばらく話をした後に、「私は、すぐそのこの行きつけの会員制の店に寄って帰るから」と、席を立たれます。会員制の言葉に惹かれたので、私もお供していいですかと、一緒に店を出ます。

1img_3288

スタンドはるか

1img_3298

社長さんが通っておられる会員制の店なので、ラウンジに大きなソファが並んで、ドレスで着飾ったおねえさまたちが姿勢よく座っておられるのかとおもいきや、

1img_3289001

8畳くらいの完全立ち飲みの店 eye

1img_3290

カウンターの奥でははるかちゃんが仕切っており、30分1000円飲み放題という明朗会計。ハイボールのサーバーもあり、店内は老若男女でにぎわっています。

店に入ると、いきなり「いけちゃん」と声をかけられ、同い年で新婚の友人が、高校の同級会の流れで盛り上がっています。はるかちゃんも世代は若いですが、その高校の出身で、お客さんも同窓生が多いとのこと。

1img_3293

30分1000円なので、30分超えるか60分居座るか考えますが、とりあえず全力で飲み始めます。

1img_3294

ツマミは、バケツや銭湯の手桶にたっぷりと入った殻付きピーナツ。立ったままピーナツの殻をむいで床に捨てるのがここのしきたりで、普段やっちゃいけないと思っていることを堂々とできる快感で、手が止まりません。当然、床にはピーナツの殻が散乱しており、それをパリパリと踏むのも、たまりません。

1img_3296

お店の壁やトイレの中には、私より少し年上の世代の昭和のものが飾ってあります。当然、はるかちゃんはもっと若い世代なのですが、この時代のものが好きなのだそうです。

そうこうしているうちに別の団体さんが入ってきて、それをきっかけにお店を出ます。

丁寧に外まで見送りに来ていただき、今までなかったタイプのお店にすっかり魅了されてしまうのです happy01

2016年6月17日 (金)

St. Bar

最近、Barにはまっています bar

学生の頃は、プールバーというのが流行っており、バーボン片手にへたくそなビリヤードをしたりしていました。

社会人になってからは、カウンターに座りバーテンさんと話をしながら、カクテルやシングルモルトウイスキーを注文したりして、悦に入っていました。ベルモット少な目のドライマティーニとか、ジンの種類にこだわったりしたりしていましたが、なんとなくバブルの最後のほうの時代の華やかさがありましたね。

1img_3071

St. Bar

10年前は店内の二階にダーツのスペースがあったりして、中人数の飲み会の2次会で便利だったので、よく通っていました。その頃は、フレッシュフルーツを使ったカクテルが流行っており、御多分に漏れずソルティードックなどをよく頼んでいました。

奥さんとカウンターに座って、若いバーテンさんと話してみると、その頃のスタッフはどなたもおられないですとのこと。

この10年で、カクテルの世界も進化しており、フレッシュフルーツは今では常識で、近年では競うように新しい素材でのカクテルが登場しているとのことです。

1img_3051

この黒板に素材として上がっているのが、

苺、マンゴー、りんご、キウイ、トマト、バナナ、レモン、グレープフルーツ、

パイナポー(なぜ、パイナップルじゃないの?)、さつまいも、パプリカ、セロリ、

きゅうり(この辺からちょっと怪しい感じになってきました)、ごぼう、みょうが、

シナモン、ローズマリー、パクチー、バラ(もはや食べものではない)、

山椒、紫蘇(ついに、食材が登場)、と言ったラインナップ。

1img_3054

このお店のオリジナルカクテルもそろっています。

1img_3055

さて、

奥さんがお願いしたのは、この店のオリジナルから、

1img_3059

愛媛のフローズンモヒート

日本酒として地酒の梅錦をベースとしており、クラッシュアイスにはミントの葉が細かく細断されて入っています。ドライアイスでのスモークの演出で奥さんは大喜びです。

アルコール少な目でとの注文しています。いまでは普通になってきましたが、ノンアルコールビールの登場以降の、酒なのにアルコールなしでもOK的流れが、カクテル界にも当たり前のようにやってきています。シュガーフリーのコーラ、こんにゃくを使ったローカロリーのラーメンなどと同様に、どうしても首をかしげたくなるのですが、これも年を取ったということなのでしょう。

さてさて、

1img_3062

パクチーのカクテル

パクチーマニアの私が注文したのですが、まず無色透明なのにびっくり。

口に含むと生のパクチーより濃縮された例の香りが、キューンと攻め込んできます。ベースとなるジンに大量のパクチーを漬け込んだリキュールを作っておいて、それをトニックウォーターで割っているそうですが、そのおとなしそうな外観と、香りと味のギャップに、一発で魅了されてしまいます。

1img_3065

シナモンのアップルカクテル

ウォッカベースで、リクエストするとアルコール度数を抑えめに作っていただきます。りんごの酸味と、シナモンの甘い香りがいい感じで仕上がっています。

1img_3068

グレイハウンド

ウォッカとオレンジジュースのカクテル。大きめの氷と薄いグラスの口当たりの良さが、シンプルな味わいを演出してくれます。

飲み足りない時の最後の一軒に、Barっていいなあと改めて感じるのです。

2016年5月26日 (木)

bar 宝樹 

最近、金曜日の遅い時間から、きまったメンツで街に出ています。

平日はほとんど出ることが無くなったし、土日は家でゆっくりしたいので、

「金曜会」と称して、おそがけのお店で一週間分まとめて遊ぶかんじ。

ここだけの話、会の本当の名前は「金曜(専務被害者の)会」ですが、

この会の不思議なところは、時々加害者が被害者の会に参加することでしょう。

さて、

Img_2876

今夜のお店は、その加害者の方がおすすめの「BAR宝樹(たからぎ)」

エレベーターで5階に上がると、灯油ランプの香りが立ち込めた空間があらわれます。

Img_2879_2

非常に落ち着いた空間と、笑顔に満ち溢れた接客で、最初から居心地がいいです。

Img_2882

おつまみもちょっと手の入ったものが揃っており、目を惹かれます。

Img_2883

ドリンクは、フレッシュフルーツや野菜を中心としたカクテル wine

材料を指定して、こちらの好みに合わせた仕上げをしてくれます。

Img_2895

左下はトマトベースで、あっさりとした口当たりと、

グラスの縁に半周だけついた塩を自分の好きな量だけ舐めながら楽しめます。

生ビールも珍しい海外ものなどが、その時によって違うとのこと。

世界各国の瓶ビールに日本酒も渋いラインでそろっています。

Img_2897

自家製スモーク盛

一番手前はたらこで、ネットした濃厚をちょびちょびと頂きましょう。

さり気なく人数に合わせてカットしてあり、自然な心使いが素敵です。

Img_2905

生姜を使ったカクテルは、素材の刺激と甘さが上手にバランスをとっており、

その「なんとなく体に良さそう感」が、飲み助で風邪気味のおじさんにはたまりませんwink

CP値もすばらしく、そのせいか若い世代のお客さんが多い印象。

ここ、まちがいなく定番のローテーション入りなのです shine

2016年3月 7日 (月)

蔵元屋 動画

今日は酒呑みの従兄弟 bottleが、東京から松山に遊びに来ていますairplane

それならばと、一番町の蔵元屋

ゆっくりと、動画でお楽しみくださいhappy02

1img_1867

(動画内容の補足)

翌日も、別件で連チャン訪問
全国食べ歩き的な雑誌の取材が来ていたので、
ちょっと参加すると、撮影で使ったお酒もらい、超ラッキー

こちらの店は、スタンプカードが一杯になると、壁に名前が載り、
その枚数が多いと昇段し、最高位は国士無双

この日は偶然、国士無双の方が店におられて、挨拶します

単純計算で酒代だけで200万円越えeye

酒呑みの師匠が見つかりました

動画はこちらです→click!

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2