ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2017年2月23日 (木)

Coccinelle コシニール松山東野店

パン好きの奥さんに喜んでいただけるよう、今日も新しくできたパン屋さんにお連れしております rvcar



Coccinelle

コッチネーレで、「こっち来て、練れ!」ていう洒落なのかと思いましたが、実はコシニールと読むそうでテントウムシのイタリア語みたいです。餃子の王将のチェーン店だと聞いていたので、ギャグかと早とちりしてしまいます。

焼きそばパン、スパゲティーパンと、総菜パンがお出迎え。

バゲットは小ぶりでややソフトな仕上がりです。

私が途中で止めなければこれ以上買いそうでしたが、まあこれだけ種類があれば取りたくもなりますよね。

広めのスペースでイートインもできるので、フラッとおやつにもいいですね。

2017年2月16日 (木)

C's Bar

AZAさんから、TEX MEXの会をしようとのお誘いで、

一番町の、C's BARに来ています。

TEX-MEXとは、アメリカのメキシコ料理のことで、テキサスのメキシカンの略。本日は、予約にて3500円のコース(飲み物別)です。
そちら方面にお住いだった経験を生かした美人オーナーさんが、これもまた美人娘さんと美人スタッフさんでされているお店。いつも男ばかりで飲んでいますが、本日のメンバーには美人ちゃんたちも参加されており、自然と鼻の下が長くなり口角が上がった感じで、パーティーのスタートです notes

トウモロコシで作った三角形でさっくりした風味のトルティーヤチップス
てっぺんに載っているのが、アボガドをマッシュしたワカモレ
その下には、挽肉とキドニービーンズをスパイシーに煮込んだ、チリコンカルネ
ハラペーニョのピクルスをちょっとかじってアクセントにしながら、ビールを流し込みましょう。

マッシュポテトが乗ったサラダも、スパイシーなドレッシングでたっぷりといただきます。

タコスは、ビーフとチキン。
ひとり一個ずつあったので、むんずとつかみ、縦に持ち、下の方から中身が落ちないように注意しながら、先っぽからがぶりんと喰らいつきます。
トルティーヤの香ばしさと、お肉の噛みごたえとスパイス感が口いっぱいに広がり、これは癖になる刺激です。

コースはこれ以外にも、鳥足のローストや豚肉のステーキまで大満足。

久しぶりのメンバーでの飲み会だったので、話が盛り上がり、気が付けばワインがボトルで空いていきます。チーズの盛り合わせをつまみに、話は尽きないのです。

2017年2月 8日 (水)

PECO

銀天街に気軽に入れるカレー屋さんができたとのうわさを聞いて、突入ですgood



PECO


市駅側から銀天街に入り、二つ目の角を南に右折しましょう。うな一の並びに、入りやすい感じのシンプルな店構えです。

さあ、

入店すると左手にカウンターがあり、そこでメニューを決めてお金も払うシステムです。

カレーは、欧風カレー、欧風スパイスカレー、そのミックスの三種類です。あとは、好きなトッピングを選ぶだけなので、簡単ですね。テイクアウトもあります。

しばらくすると、席に運ばれてきます。
一回はカウンターですが、二階席もあるので、団体でもいけます。

奥さんは、

辛いのが苦手なので、PECO欧風カレーに、チキンカツのトッピング。

私は、POCO欧風スパイスカレーに、とりからのトッピング。

しっかりスパイスも効いていますが辛すぎず、手軽なランチにはもってこいですね。次はぜひともミックスに挑戦したい所です。

さてさて、

いま松山でホットな伊予鉄会館のスタバにはしご。

ピッカピカの坊ちゃん列車を見ながら、カレーのあとのブラックコーヒー。伊予鉄道の歴史が展示してあり、街中なのに落ち着けるスペースなのですspa

2017年1月26日 (木)

俺のめし

年末年始とバタバタしていたので、久々に街におでかけです。

たこ焼で酒を飲もう!と、あまり聞かないフレーズで専務からお誘いをいただきます。

三番町にぽかりと映し出される、おでんとたこやきの文字にひきつけられて、ビルの二階へ。

俺のめし

店名がおでんとたこやきかと思ってしまう入り口を入ると、店の右側にカウンターだけのつくり。郊外でたこ焼き屋さんをやっていた大将が、スナックに居ぬきで移ってきて、バーをやっているとのことです。

メニューはこんな感じで、丸い磁石がおいてある部分のメニューは売り切れのしるし。カレーも名物だそうですが、今日は年が明けて間もないのでまだないとのことです。

まずは、看板メニューのたこやきを二皿注文します。

カウンターに座っていたお店上がりのママさんとお店の女の子が、偶然専務の顔見知り。彼女たちが頼んでいて焼きあがった二皿のうち、一つを先に分けてくださいます。

外はカリッと、中は上半分が空洞でとろりとした焼き上がり。きれいなフォルムで重たくもなく、つまみに最高です。

さて、

もう一つの看板料理からは、生わかめのおでん

出汁があっさりと上品な味わいで、新鮮なわかめのしゃきしゃきした歯ごたえ。とても安心する味で、いい塩梅です。

春菊も注文を受けてから、出汁の上でゆっくりと火を通し、まだ歯ごたえがかすかに残っている状態で提供されます。夜中のバーですが、丁寧に作られたおでんに、いも焼酎のお湯割りがすすみます。

次は、おでんの牛すじと、カレーライスを目指して再訪をしなければならないのです。

2017年1月23日 (月)

お野菜ビストロ うさぎ

大街道をうろうろしていると、少し前から気になっていたお店があります。

お野菜ビストロ うさぎ

大街道商店街のちょうど半分くらいの二階にあります。

店内は比較的広めで、10卓近くのテーブルがアシンメトリックに配置されています。

ランチのサラダ

ランチにはすべてサラダとスープもついてきます。野菜を押しているだけのことはあり、ランチのサラダにしては多目でいろんな種類の野菜が出てきます。自家製のドレッシングでサクサクといただきます。

生パスタLunch

先ほどのメニューの一番上に書いてあるように、パスタはソースと具の組み合わせを選ぶことができます。

奥さんのチョイスは、豆乳クリームソース×大根うま煮・しし肉・白菜。柔らかな和のテーストで、あっさりといただけます。

私は、限定10食の、

しし肉のラグー ホワイトカレーライス

白いカレーは ピリ辛で、ごぼう、人参、ブロッコリー、 カリフラワー、 じゃがいも、キャベツと野菜たっぷりで、一つ一つの甘みや食感を楽しみます。猪肉はよく煮込まれており。繊維が解けた状態。具材とライスのボリュームも十分で、お腹いっぱいになります。

次は、うさぎ自家製 ローストビーフ丼が気になっているのです。

2017年1月15日 (日)

お好み焼き つるおか

ken-ta-roさんのブログ・親父放浪記で紹介されていたこちらのお店が、どうしても頭から離れず、休日昼間に満を持しての突入です run

つるおか食堂

196号線の本町5丁目電停ちかくで、住宅地の細い道にぽつりとあるので、しっかり場所を確認してから向かいましょう。店の前には2台ほど止められる駐車場があり、今回は運よく入れましたが、詰まっているときは近くのコインパーキングを勧めていただきました。

さて、

このレトロな雰囲気に、一気に心を奪われます。カウンターの大きな鉄板の前では、常連のタクシー運転手さんと、お店のご夫婦が老後の趣味の話で盛り上がっています。

お好み焼き 豚肉 そば たまご

キャベツたっぷりのあっさり味。寒くなり増したキャベツの甘みと、麺のもちもち感を楽しみながら、パクパクといくらでもはいります。

焼きそば 牛肉 玉子入り

焼きそばはもっちりとして、食べ応えがあり、半熟状態の薄焼きの卵焼きを絡めながら、ずんずんと吸い上げていきます。ちくわや、唐辛子のピリ辛がいいアクセント。

鉄板で先に牛肉を炒めてから作っておられましたが、その脂がいい感じで麺に回って味に深みを増しています。

ここを教えていただいたken-ta-roさんは、電話でお願いしておいておやつやご飯としてよく持ち帰りをされるそうです。

うどんや、中華そばのメニューもあり、次は日曜の昼にでも瓶ビール片手にゆっくりしたいものです。

2016年11月28日 (月)

炭焼きビストロ 楽

むかし菊栄があった、山越の河上ビル一階に、新しいビストロができています rvcar

炭焼きビストロ 楽

ウッディ-で広くシンプルな店内。今日はランチタイムに突入です rvcar

男女二人で想像するに若夫婦?接客をしていただくのは笑顔の素敵な美人さんで、席に通されます。

セットのサラダのドレッシングはあっさりで食べやすく、子供の前では生野菜嫌いを隠している奥さんも、美味しいとぺろり。

和牛ローストビーフ丼

私がお願いしたのは、こちら。たれのかかったご飯を、海苔で巻く要領でいただきます。柔らかいビーフ 肉自体の味が上手に閉じ込められており、黄身がまろやかさを加え、両頬に幸せが広がっていくのがわかります。

奥さんは、牛スジ入りガンボを注文。

スマホでガンボってなに?て、調べながらの実食。アメリカ・ルイジアナ生まれのスパイシー なスープとのことで、初体験の味。オクラ、、牛スジ脂身、ソーセージなどから深い味わいが抽出されており、トムヤムクンのような酸味も感じます。じわっと汗が出るくらいの辛さで、栄養たっぷりで滋味深い。

夜はワインなどとともにビスロトを楽しめるようで、そちらも気になるのです。

2016年10月24日 (月)

最近たべたもの、いろいろ 

今回は、最近食べて驚いたものを三つ、ご紹介します wink



まずは、



Img_5032



りょう花の炎のサムライ麺



Img_5030



2辛を食べた人だけ、3辛に挑戦できるとのことで、まずは2辛 spaspa



Img_5035



麺はツルツルでいただきやすいのですが、唐辛子+山椒のダブル辛み攻撃。



幸い、山椒は得意なので、滝汗になりながら完食。辛味だけではなく、しびれ感やコクもあり、癖になる味です。



Img_5038





着麺と同時にジョッキの水が運ばれ、ティッシュの箱まで持ってこられたので、少しビビりましたが、日ごろ辛麺屋桝元で鍛えているせいか、どちらにもお世話にならず完食完飲。



しかし、汗は1時間ほど止まらず、マイタオルを持参しておいてよかったです。予想外だったのは、8時間後に尾籠な攻撃に苦しめられ、3辛に挑戦するかどうか悩み中です。



お次は、



Img_4932



エイリアンラーメン



有明海に住むワラスボというグロテスクな魚をベースにしたラーメン。長崎に住んでいたころに、佐賀の友達が実家で炊いたワラスボの甘辛煮をよく食べさせてくれたのですが、歯ごたえもよく、今でもまた食べたいリストに入っています。



さて、ラーメン自体にワラスボの姿はなく、緑のパウダーとしてスープ化しています。磯の香りがするコクのあるスープですが、濃い緑の色の印象がなんとなく辛く、あと三袋残っています。ご興味がある方は、ご一報を。



変わり種が二つ続きましたが、こちらは正統派。



Img_4920



ken-ta-roさんに、長崎の人にあげるのもどうかと思ったけどといただいた、久万高原町吉野屋さんのかすていら



Img_4924



程よい甘みと素朴な味で、とってもオイシイです。私の中のオイシイの定義は、シンプルでいくらでもスイスイと食べ進められて飽きないってこと。これは、久万高原町まで買いに行ってでも、またいただきたい大好きな味なのです clover

2016年9月20日 (火)

ペヤング vs. ペヨング 

ペヤングって昔から聞いたことあるけど、最近Peyong(ペヨング)って言葉を耳にします。コピー商品にしては、名前もパッケージも似すぎているし、名前の感じから韓国に似たような焼きそばがあるのかなあくらいに思っていました。

1img_3958

調べてみると、ペヤングを作っている、まるか食品が、似た様な商品を少し安い値段でつくったものが、ペヨングとのこと。話題作りとしては大成功のようですね。

早速ですが、食べ比べてみましょう。

1img_3963

まあ、かやくの袋が透明か、白いかくらいの違いしかわかりません。

1img_3967001

左のペヤングのほうが、若干味が濃い気がします。

たぶん、目隠しでは、私にはわかりません。

1img_3954

以上、こんな分厚いハムカツを出すお店から、検証の様子をお知らせしましたgood

2016年9月12日 (月)

Boulangerie Maison 辻 HIRAI

Boulangerie は、フランス語でパン屋さんの事。

こんな一文で、わたしたちのことが書かれてあるお店のHP

東温市に素敵なパン屋さんがあると聞いて出かけたのですが、お休み。二号店が平井にできたとの情報をもとに訪れます。

1img_4238

Boulangerie Maison 辻 HIRAI

1img_4239

HPにも書いてあるのですが、同じ名前のお店が平井と東温にあって、それぞれの休日が重ならないようになっています。私が行った日曜日は東温のほうが休みで、平井の方が開いていたということです。最初は、営業日と各店の場所を下調べしていかれることをお勧めします。

さて、前置きが長くなりました。

1img_4240

店内には焼きたてのパンの香りが充満しており、思わずうわぁ~と声が出てしまいます。ハード系を中心としたラインナップですが、明太子やシラスを使ったおかず系もおしゃれで、

1img_4247

気が付けば、トレイ一杯に買いすぎています delicious

私たちがいた15分くらいの間にも4-5組の方が次々と入店してきて、その人気ぶりを実感。

夜にワインと一緒にいただきますが、歯ごたえがあり噛むほどに小麦やナッツの香りが沸き起こってくるものや、中にジャガイモと明太子の塊が入っていて、本能的にかぶりついてしまうものまで、衝撃のラインナップ。カウンターには生ハムの足が鎮座していましたが、次は買おうと赤ワインを飲みながら思い出します。

1img_4254

カウンターで見かけた、牛乳とブルーベリーのスムージーも衝動買い。。

暑い日差しの外で、適度な甘さの粒氷が喉を流れていきます。

ここ、通ってしまうでしょう happy02

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2