ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2016年6月27日 (月)

チキンジョージ

何十回と目の前を通ったことがあり、いろんな人においしいとの評判を伺ってたのですが、なかなかタイミングが合わずに未食でした。

今夜は、焼き鳥星人としては、外せない、

1img_3265

「チキンジョージ」に奥さんと向かいます run

1img_3266

まずは外の看板を眺め、定番に加え季節のものも敏感に取り入れているラインナップに、やはりこの店は只者でなないなと心が躍ります。

1img_3271

ロープウェー街という場所柄、観光客メインかと思いきや、サラリーマン風やカジュアルないでたちの地元の方や学生風のお客さんでほぼ満席、わいわい notes

お勧めの夏の純米酒をキューとあおって、胃袋に「今夜もいくぞ!」と気合を入れます。

1img_3272

水なす

生でありながらエグミもなく、味噌が素材のもつ甘みを引き出しています good

あったら必ず頼むのですが、なかなか出会えない一品。スーパーなんかでも見かけませんが、どこで手に入るのでしょう?

1img_3273

せせり

弾力のある歯ごたえと、透き通った味わいが、その新鮮さを物語っています。

奥さんと顔を見合わせながら、やはり評判通りいい店だねと目くばせ smile

1img_3275

つくね

外はかりっとしていますが、軽くかむだけでほどけるようなふんわりした食感。香ばしさと肉の存在感を口の中で攪拌しながら、夢中に食べすすめていきます。

ぼんじり

脂の多い部分ですがきっちりと焼しめてあり、余計なしつこさはない、小さいけどインパクトのある串に仕上がっています。奥歯でぐいぐいとかみしめて、鳥脂のうまみを純粋に楽しみます。

レバー

程よいサイズで、中は柔らかく仕上がっています。これも、いいです!

1img_3280

つなぎ

はつもととも呼ばれ、心臓と肝臓の周囲の部分。

お店で鶏肉の仕込みをしているからこそ出会える希少部位で、この日は運よく最後の一本が残っていました。

臓器をつなぐ部分なので、繊維質や脂や筋などが混在しており、味わいと食感にがバラエティーがあります。ピリッと味付けして、ぎゅんぎゅん噛みこんでエキスを抽出し、生ビールぐいぐいのリズムに乗るのです beer

1img_3284

しそ巻き

焼く前の三分の一くらいに濃縮されており、巻いてあるベーコンもうまし!

すなずり

シンプルなだけに素材のよさがわかる透き通った味。

ハツ

心臓自体は脂身の少ない赤身ですが、周りの脂が焼けてしみこむことで味わいをふかめています。

家の近くなら間違いなく通ってしまうくらい、大お気に入りになります。

まあ、歩けない距離でもないので、また行こうっと happy01

2016年5月12日 (木)

はち八

「本場今治で焼き鳥が食べたい」note

誰でも思い浮かぶけど、平日からわざわざ実行に移さなそうなテーマを、

実行に移した一行の話です

松山にも本格的今治焼鳥の店あるのに!と、一旦は説得を試みたのですが、

「いや、本場で食べたい!」と、ハンドルキーパーひとりを確保し突撃します

Img_2833

「はち八」

このブログをよく読んでいただいている、弟の今治在住の知人に伺い、

オススメしていただいたお店。

タケ様、いつもご愛読いただきありがとうございます。

今度こそ、一緒に飲みましょうbeer

別の詳しい人に確認しても、

「いろいろ巡っても、結局は、はち八にたどり着くんよね」と、二重の太鼓判ですdelicious

Dsc_0046

まずは、鳥皮

皮の下の脂も含めてしっかりパリパリに焼き上げてあり、

表面のカリッとした食感を失わない程度にかかっているたれも、

コクが深く

、今まで食べた鳥皮の中で、いちばん好きです

「今治までわざわざ行かんでもいいやん!」と言っていた自分に反省coldsweats01

「今治までわざわざ行って食べる価値あり!」です

Dsc_0047

レンコンやピーマンも、その野菜自体の素材を生かしたしあがりで、

サクサクと入っていきます

Dsc_0051

素材がいいので、刺身も新鮮

せせりの刺身は初体験で、じんわりとした甘みがいいかんじ

ささみのもっちりとした食感と、切れのいいうまさに唸ります

Dsc_0054

人生最後に食べたいものリストに入れたいくらいの、手羽先

皮の香ばしさと、身のジューシーさのコラボが、歴史と腕なのでしょう

遅れていったので、全部の写真はとれていませんが、

お任せコースで食べ応えも十分

店員さんもかわいらしく、元気のある美人さんタイプ

平日ですが地元の方で満席の店内が、その実力を語っています

「もう、入らん」と、大満足の一行ですが、これからもう一軒、隠し玉に移動なのです

 

2016年2月22日 (月)

地鶏焼 ふかせ@大洲

大洲から肱川町にむかって遡っていると、

Img_1385
 
左手にぽつりと民家が見えてきます rvcar
Dsc_0059
以前からその存在は知っていたのですが、やっと思い立っての突撃ですrun
Img_1387
中は立派な木造古民家で、四隅に囲炉裏が切ってあります
この時は私たちだけだったので、板間には上がらず、
土間のテーブル式の囲炉裏に座ります
Dsc_0061
以前はNGだった写真撮影もOKになったと聞いていたので、それを確認camera
入り口のト書きを見ると、今でもお子さんはNGのようですcatface
 
炭の暖かさは、えも言われませんね happy01spa
Dsc_0066
手前のすなずりは、塩ダレ

奥の地鶏やきは、タレでいただきます delicious
Dsc_0073
熱燗をお願いして迎撃態勢bottleを整えていると、肉がじっくりと収縮していきます
表面にじんわりと鳥エキスがしみだしたのを見計らって、箸で迎え smile
すなずりは、サクサクとした食感と、透明感のある切れ味。
塩はやや強めに効いており、生beer と熱燗bottle が交互に進みます
身は歯ごたえがしっかりしていて、甘めのタレがじわりと湧き出てきます
Dsc_0075
そばねり
いわゆる蕎麦がきのこと
箸で少しつまんで、醤油にちょこんとつけてつるりん
温かい蕎麦粉の香りが立ち込めて、落ちつきます
さて、
Dsc_0084
最後は楽しみにしていた 親子丼
絶妙の半熟具合の卵とはごたえを残した玉ねぎの甘みがたまりませんhappy02
鶏肉のうまみ汁が混ざり合い、下の銀シャリの一粒一粒の間にしみだしています
店の中には、むかし上流で切り出された丸太を筏にして川を下っている様子を収めた写真もあり、近代の山間部の栄えていた様子が、目に浮かびます catfacenotes
さてさて、
お腹も心も大満足で外に出て空を見上げると、来る時には降っていた雨が止んでいます。雲の隙間からは、普段見たこともない密度の星が、落ちてきそう。
昼もいいですが、この星空のためだけにまた夜来てもいいかなsmile
ぼちぼち春の足音が聞こえてきそうですが、休日にちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

2016年2月19日 (金)

炭火焼鳥 だんだん 動画

昔風に言うと、ラフォーレ原宿松山、

今風にだと、カンデオホテルズ松山大街道の東横の通り

まだ、昔のいい方の方がすっきりします clover

Img_1668_2

先日紹介したのあとに出来た、宮崎風の炭火焼鳥「だんだん」に突入 run

元気のいい若いイケメン大将の手さばきとはきはきしたトークhappy01

では、音量に気を付けて、動画slateをお楽しみください delicious

2016年2月11日 (木)

焼鳥 亘 移転しました!

アエル松山の東の通りにあった 焼鳥「亘(わたる)」

遅くまでやっているので、何回かよらせてもらったことがあるのですが、

この度、チェックイン松山の、すぐ北の通りに移転したと聞いて、突撃です run

1img_1260

焼鳥 亘

前のお店は、奥のトイレに行くのに、カウンターのお客さんの後ろを

どうにか通りながら奥に進まないといけないくらいの、

典型的ウナギの寝床でしたが、

今度は、ゆったりとしたカウンターとテーブル席

前の店にあった店主との近い距離感を残したままの造りで、

さっそく常連らしき若い女性たちが、カウンターで盛り上がっています note

1img_1262

メニューも、焼き鳥を中心とした串物のラインナップ smile

1img_1264

あっさりした突き出しが、遅い時間にはうれしいです

この日はおなかもいっぱいだったので、軽めにおねがいします

1img_1267

うずらの卵って、子供の時は兄弟で取り合うほどのぜいたく品でしたが、

大人になって食べても、なぜかうれしくなるツマミです

パフってはじけて、小さいわりに黄身のパーセントが高いのがいいです

ぼんじりも、じっくりと脂が焼しめられて、かむとジュワリ delicious notes

気になる〆のラーメンにたどり着けなかったので、

今度は到達すると誓いふらりと町に戻ります

遅い時間でもゆったり飲めて、移転して益々いい感じなのです smile

2015年11月 4日 (水)

炭火焼鳥 吉平(きっぺい)

花園町に、夜遅くまでやっている焼き鳥屋さんが登場 chick

Img_0144

「炭火焼鳥 吉平」は、源氏車の横。

東石井に同名のお店があるので、支店なのでしょうか。

入店すると、左に焼き場とカウンター、右に立ち席。

奥にテーブル席があり、外観より広い印象です。

Img_0151

とり皮ぽん酢 300円

皮に脂が付いているので、カリカリというよりムニムニ。

その脂の部分が、しつこくなくてうまみ成分増幅 delicious

うずら玉子 120円

子供の頃、中華丼に入っているのを見つけた時の喜びを思い出します。

大人になったので、贅沢に三つも並べて食べることができます。

ボコッと割れて、ふんわり美味しい happy02

Img_0157

せせり 120円

しっかりとした肉厚でありながら、やわらか。

素材の良さを、甘みを抑えたあっさりとしたタレで味わいます。

とりハラミ 130円

脂身が堂々の存在感で、これもたまらんです bleah good

Img_0168

ハツ 120円

内臓系の処理もしっかりしてあり、瑞々しさを保りながら、

ほっくりと焼きあがっています。

かみしめると、鳥赤身のうまみがジュワっと飛び出してきますsweat01

Img_0175

いか一夜干し 400円

おっとnoteと声が出るくらい濃縮した甘みと柔らかい歯ごたえsmile

しめのラーメンがとても気になったのですが、

このタイミングでいっしゅうさんからお声がかかりmobilephone、今回はお預け。

鳥から烏賊にわたるまで素材の良さのわかるうれしいお店。

これ、早いうちにリピート必至なのです clover

2015年9月24日 (木)

いぶし男児 

今夜は遅い時間に街で軽めにつまんでいます happy01

Dscn8562

「いぶし男児」は、点心 靜の後にできた、

松山でもめずらしい室蘭焼鳥が食べられるお店 chick

Dscn8555

店内は椅子席で、こじんまりとしていますがゆったりとくつろげます。

Dscn8556

室蘭焼き鳥は、豚精(肩ロース)、シロ(直腸)、豚トロ(こめかみ)の三種類

前者2つはタレか塩、豚トロは塩でいただくことができます。

まずは、豚精をタレでいただきましょう delicious

適度な歯ごたえをゆっくり噛みしめると、甘辛のタレの奥から、

じんわりと滋味深い豚肉汁が染み出してきます good

続けて、

Dscn8559

豚トロを塩で smile

先ほどよりもぐんと抵抗力が上がった歯ごたえを、奥歯で受け止めます。

きっちりと効いた塩が、肉の旨みを濃縮させており、生ビールクイクイbeer

この日は何気に立ち寄っただけだったのですが、

改めてレバーなどほかのメニューも食べ行きたくなる、焼き鳥星人の止まり木。

ここ、けっこう好きです crown

 

2015年3月13日 (金)

あずみの 

すっかり三津探訪を堪能した一行は、

もう少し飲みたいってことで、日本酒専門のお店に向かいます。

Dscn7973

お多福の大将に、日本酒が飲みたかったらと教えてもらった「あずみの」

Dscn7987

特注で作ってもらったと自慢の冷蔵庫の中には、

日本各地から集められた酒が、ずらりと並んでいます。

Dscn7986

大将に手渡しでもらった酒の解説プリントで勉強しながら、

どれを飲もうかと、目移りします eye

Dscn7990

「これは、なかなかないよ」と勧めてもらったのがこちら。

山形県進藤酒造店の鑑評会出品酒。

聞き上手の甘南備さんも合流し、大将との会話がもりあがります。

お次は、

Dscn7991

小林酒造鳳凰美田

そして、

Dscn7994

山形県六歌仙の五段仕込

細かい違いは覚えていないので、ご興味のある方はお店へ。

カウンターでは72歳の大将が、

「こうして、酒を売ってお客さんと話をしているのが楽しい」と、満面の笑顔smile

次から次から話題が飛び出し、居酒屋探検隊の夜は更けていくのです。

2014年7月28日 (月)

KAZU

ひょんな集まりから、甘南備さんNくんとその友人で流れますrun

その会で軽く食べているので、

以前、甘南備さんが動画 movie を撮っていた、

Dscn6710

「KAZU」に焼き鳥 chick を軽くつまみにいきます。

Dscn6711

店内の様子も、体育会系のかっこいい大将

すべてこちらの動画 movieを見ていただければよくわかります wink

Dscn6714

目の前でじっくり炭火で焼きあげられた串は、ちょっと酸っぱいタレにつけて

塩味とのバランスを取りながらいただきます。

このタレは博多の方が発祥のようですが、

そういえば、豚バラを焼き鳥と呼ぶのもあの辺の文化ですね pig

リッと仕上がった豚の脂と、酢の組み合わせにうれしくなります smile

Dscn6716

皮もじっくり焼き上げてあり、これぞ焼き鳥sign01って感じ。

南堀端にあった野球道場、天狗の隠れ家などからの

松山焼き鳥ヒストリーを教えていただきながら、酎がくいっとすすみます。

Nくんは、子供のころ連れて行ってもらっていた野球道場の話に、

懐かしそうに聞き入っています。

Dscn6723

焼いた枝豆って、いいつまみになるんですよね smile

気の合う仲間との、定番のつまみでのゆるーいペースの飲み会って、

いつまでも帰りたくない心地よさなのです shine

2014年6月16日 (月)

やきとり処 yumedori

専 「いけちゃん、最近わしのところに、苦情が20件くらい来とるぞpunch

いつものように、専務から、唐突な電話phonetoがかかります。

私 「はあ? どういった?(20件って、また大げさな。。。)

専 「最近のブログはつまらん!文が短いし更新が遅いってpunch

私 「ブログも9年目に突入したし、書くのってけっこう時間かかるので、

   気楽に続けるために、4月からさらっと書くことにしたんですよ coldsweats01

専 「それは、いかん!楽しみにしてくれている人もおるんぞpunch

私 「まあ、そういっても、ネタもたくさんはないんですよ。

   昔みたいに何軒も食べ歩く元気もないし。」

専 「よしわかった、これから居酒屋探検に行こうpunch

私 「いや~、風邪の病み上がりで、やっと抜けてきたって感じで、

   ひさびさの休みで、家でのんびりしたいし、、、wobbly

専 「よしわかった、5時に集合なpunch

Dscn6145

そんなこんなで、指定された場所に到着です。

Dscn6144

「祇園湯」は、昭和初期のおもむきをそのまま残した銭湯spa

番台にはおばさんが座っており、玄関から男性の更衣エリアは丸見えeye

マッサージ器も、背中から棒が二本突き出していて、その先にドーナツみたいな丸い指圧部分が付いている、なつかし~やつbleah 

当然のように、破れた部分はガムテープで補修してあります。

まず、

ナウナに入ろうと言われて見回すと、なんと脱衣場の隅っこに、1畳半くらいの木製の箱があり、ドアを開けて頭をかがめて入ります。

しばらくして洗い場に行くと、まあまあ広い洗い場の中心に、直径2mほどの湯船があり、そこがメインの風呂。奥には「電気風呂」って看板のかかげてある、小さい浴槽があり常連らしきひとが、のんびり浸かっています。なんとなく感電しそうでthunder恐くて近寄れません。

洗い場のお湯の蛇口は、赤の熱湯と青の水二種類。それを手桶の中で自分好みの温度に調節する、これまた、なつかし~いタイプ。シャワーもあるのですが、蛇口は一つついているのみ。ためしにひねってみると、ややぬるめのお湯が出てきますが、当然温度調節はできません。

すっかり、小学生に戻ったみたいにリラックスして、お店を出ますcatfacenotes

出る時にちらりと女風呂方向に目をやると、そこはしっかり仕切りがあって中は見えませんでした coldsweats01

さて、

Dscn6148

うろうろしていると目に飛び込んできたのが「Yumedori」 chick

南松山病院のすぐ北側で、元気のいい女性二人がやっておられます。

Dscn6149

八剣伝で10年働いてたオーナーが、5月6日にオープンしたばかりのほやほや。

突き出しの鶏のハツやキモの煮込みをつまんで、乾杯 beer

あっさりしてるけど味のある確かさに、「ここは、うまいなあ」とニヤリ happy01

Dscn6151

一番手前から、

ぼんじりは、ふんわり焼きあがっており、脂がはじけます。

後半は一味をつけて、ぴりりといただきましょう。

はつも、ほっこりと柔らかく仕上がってます。

せせりでは、鳥肉本来のうまみをかみしめます delicious

気が付けば、カウンターもテーブルもあっというまに若い人たちで満席eye

Dscn6155

かわも、しつこくない甘さのたれと、しっかり焼いたかりっと食感いい smile

つくねは、テリマヨ味を選択し、味にアクセントをつけてみます。

専 「よし、ここはこの辺にして、次にいこう sign03

「ありがとうございました。今度は、ゆっくり来てくださいね」との笑顔に見送られます。

あてもなくふらりと立花駅方面に歩きはじめるころには、

すっかり風邪も抜けてしまったようなのです happy01


より以前の記事一覧

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2