ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2017年1月30日 (月)

CARTA BREAD

パン好きの奥さんに喜んでいただくために、パン屋さん情報に敏感になってきています。

どなたかのブログかSNSで見つけた、姫原のスーパーホルモンの横。

CARTA BREAD

こじんまりとしたお店で、店の目の前のここと、道を挟んだところに一台分の駐車場があります。

店の奥で旦那さんがパンを焼き、乳飲み子を背負ったかわいらしい奥さんが接客をしてくれます。

店内も狭く、品数と量は多くはありませんが、ひとつひとつ丁寧に焼かれたおいしそうなパンがずらり。お店のインスタをみると、その何とも言えない素敵な雰囲気があふれています。

私たちが購入したのはこちら。

いちばん上に載っているパニーニは、まだ温かかったので、我慢できず車の中でガブリ。柔らかいパンと、とろ~りチーズとハムのカルテットが奏でられ、うわ~~おいしいなあ~と一気にテンションが上がります。

左上のメロンパンも感動。外のカリッとした部分の砂糖の香りが素晴らしく、その甘みもとても上品。ふんわりした生地も、何の抵抗もなく体に吸収されていくやさしい味。

まじめな方が素材にもこだわって丁寧に作っているのだなあ~と伝わってくる、とってもお勧めのお店なのです。

2017年1月 2日 (月)

Petit Paris 

🎍 2017年、新春あけましておめでとうございます 🎍

2006年1月6日に始まった当ブログも、丸々11年を過ぎ12年目に突入しようとしています。

右肩上がりの体重増加と、それに反比例した運動量や食欲の低下は否めませんが、これからも健康に気を付けながらマイペースで更新していくつもりですので、今後ともゆるーく応援をお願い申し上げます fuji

遅筆なものですから、新春からしばらく、昨年のネタが続きます。

さて、

chipさんのブログで拝見してから気になっていた、畑寺のパン屋さん。

洋食のシェフが作る洋風総菜もおいしいとのうわさで、カーナビを頼りに突入ですrvcar

Petit Paris

姫彦温泉の近くの住宅街にはいってすぐに、看板がみえてきます。

小さい店内のショーケースには、洋食総菜がたくさん並んでおり目移りします。

横のショーケースにはパンがずらり。狭い店舗ですが品揃えは豊富。カウンターのすぐ奥でパンを焼いている姿がみえ、手作り感にワクワクします。

夜はワインを用意して、自宅で本格フレンチをいただきましょう restaurant

自家製ローストビーフ

しっとりとした柔らかい肉をじっくりとかみしめ、肉の脂と一緒に赤身のうまみを堪能。

パテ・ド・カンパーニュ

素材のやさしさと作りの丁寧さが伝わってくる一品。値段設定も家庭で楽しめる感じで、自宅でこの味と雰囲気が楽しめるのは、ある意味革命的かもしれません。

サーモンの白ワイン蒸し バジルソース

サーモンの身が厚く、蒸されていてもぱさぱさ感がなく食べ応えのある仕上がり。家庭的な雰囲気が自然体で、とても幸せな気分になれるのです。

さてさて、

買い出しでお勧めなお店をもう一つ紹介しましょう。

まずは、この惚れ惚れする肉の色をご覧ください。

タン、はらみ、トロツラ、かいのみの4種類。かいのみは少しお高めでしたが、ほかの部位はこの新しさで、ちょっと遅い時間に行けば半額割引で手に入ります。自宅でホットプレートでいただきましたが、塩だけでじっくりかみしめながら、あっさりした中にある赤身のうまみをがっつり堪能。

この美しさとおいしさ、コスパの良さで、もう他では焼き肉用の肉を買えなくなってしまうかも。豚タンや牛ホルモン系もあり、同じ店内には新鮮な野菜が産地から直行。

東温市の全農ふれっしゅ広場の精肉コーナー taurus pig

ぜひ、覗いてみてください smile

2016年11月21日 (月)

messo メッソ 

少し前に伊予市においしいケーキ屋さんができたと聞いていたのですが、なかなか入店に至らず、宇和町からの帰りのチャンスを生かして突入です rvcar


 

messo

伊予インターで高速を降りて、少し松山方面に進んだ所の反対車線にあります。いったん店の横を通り過ぎてUターンし、店の前の駐車場に停めます。

店内に入るとおいしそうなケーキがずらりと並んでおり、奥の席ではのんびりと喫茶を楽しんでいる感じ。ランチもおいしいとの噂ですが、この日はテイクアウトだけして帰宅。

チーズケーキ(詳しい名前失念)

口に運ぶと、ねっとりとしたチーズのうまみが広がり、鼻腔にはレモンの香りがすがすがしい一品。これは人気が出るわと、いきなりの納得です。

栗のガトーショコラ

季節の栗のほくほく・しっとりした味わいと、大人なビターな深い味わいに、悩殺されます。カカオなどもいいものを使っているんだなあという印象で、これでゆっくり赤ワインを飲んでもいいでしょうね。

イチジクのカスタードパイ

イチジクは原型をかすかに残しながら、柔らかく程よいあまさに仕上がっています。生地の部分は薄く幾重にも重ねれらたしっとりしたパイ生地が、自重を保つのが精いっぱいのソフトなクリームを支えています。

どれもオリジナリティーのある、愛情のこもったケーキで、ちょっと感激。

次は、噂のランチのキッシュをねらっていかねばならないのです rvcar

2016年11月 3日 (木)

himari doux place and patisserie

朝食はご飯と味噌汁、納豆派で、あまりパンは食べませんが、奥さんはパン派で、新しいパン屋さんに連れていくとポイントアップ。

今日は、Araoさんのブログで拝見し、気になっていたお店に突入です happy01

1img_4764

南高井の高速道路の下に突然現れ、駐車場はすでに満車。

まずは、以前からあったpain le coueur himari

1img_4767

バラエティーに富んだお惣菜パンの店って感じで、ご飯派の私もテンションがあがります。

横の敷地には、本日の目当て、

1img_4771

himari doux place and patisserie

一号店の横に二号店って感じです。気を付けていただきたいのは、この二軒の駐車場は一見つながっているようで、実は低いコンクリートによって仕切られています。わかりやすいようにプラスチックの箱が積んでありますが、暗くてこの箱がなかったらぶつかってしまいそうなので、ご注意を。

さて、

1img_4774

二号店は一号店とはガラッと雰囲気が変わって、高級感があります。広いスペースをとってあり試食しながらゆっくりと選ぶことができます。

1img_4775

一号店が子供向きのキャラクターパンや、総菜パンを中心としたラインナップに対して、こちらはハード系の大人むきパンの印象。

1img_4776

下の段のチョコレートのパンを試食しましたが、ビターでしっとりしっかりしていておいしかったなあ~。

1img_4777

こちらの職人さんが受賞したメダルも飾ってあります。

さてさて、今回購入したのはこちら。

1img_4781

左上のバゲットは明太子パン。バターがしっかりと使ってあり、手でちぎると手がべとべとするくらいのしっとり感です。味も濃ゆく、少量ずつでもワインのつまみになる濃厚な一本。

右下の細長いやつは、が練りこんであります。歯ごたえもあり、かんでいると豆のクランチー感と香りがたまりません。

とってもお気に入りで、この2週間後にも再訪。

いろんなパン屋さんの選択肢が増えて、奥さんポイントもたまるのでいうことなしなのですhappy01


2016年9月 9日 (金)

ブランチコーヒー、グランメール@西条 

ゆったりできる週末は、味噌を仕入れに西条によく出かけます。

瀬戸内海と石鎚山に挟まれた緑と水の豊かなエリアで、夫婦でとても気に入っているのです。

せっかくなので、事前に検索して、行ったことのない店を巡ってみましょう rvcar

1img_4190

branch coffee

HPを拝見するだけで、そのコーヒーに対する情熱が伝わってきます。街の中心から少し離れたところに、コーヒーの加工場と併設する形で立っています。

1img_4192

店内は白を基調とした天井の高いシンプルでおしゃれな造り。休日昼間で席も満席状態ですが、皆さん静かな空間でほのかなコービーの香りを楽しんでいる感じです。

1img_4202

コービーの香りは好きですが飲むのが得意ではない奥さんは、いろいろベリーのスムージーと、塩レモンのホワイトショコラ

コーヒー大好きの私は、本日のおすすめアイスのコスタリカのモンテ・コペイ・ラ・メサと、エスプレッソで作ったティラミスをチョイスします。

私のアイスは、苦味と酸味がややきつめですが、その相乗効果で味蕾が甘みすら感じてしまう不思議な世界。ティラミスも大人の苦味と甘みが調和しており、さすが専門店だと感激です。

1img_4205

ショップには機関車みたいなローストの機械が鎮座しており、家庭用のコーヒーメーカーや様々な種類の豆がずらりと並んでいます。通販もされているようですが、松山からも近いので、コーヒー好きの方は実際行かれることをお勧めします。

さて、

1img_4208

グランメール

こちらは地元でおいしいと有名なケーキ屋さん。次々とお客さんが入ってきて、焼き菓子、マカロン、ケーキなどを買っていきます。

我慢できなかったので、小さな焼き菓子を買って、車の中で食べたのですが、甘みが抑えめで洋酒をたっぷりと含んだしっとりした仕上がりで、思わずおいしいと口に出てしまいます。

1img_4212

ちょうど娘の友達が遊びに来ていたので、お土産でお持ち帰り。

1img_4215

全体にしっかりと形を保っていますが、軽くフォークを入れるだけで、直下のクリーム層に入っていき、柔らかい生地とともに、口の中でほどけるように溶けていきます。

西条お出かけの時に、寄る店が増えてしまいうれしい悲鳴なのですwink

 

2016年5月16日 (月)

haho 羽歩 

アラフィフのおじさんですが、「女子力」なる言葉を理解しようと試みています

漠然と、「女性が好みそうなもの、またはその度合い」だと理解しています

私世代にとって男子、女子という言葉は、高校卒業くらいまでで、

その後は男性、女性というふうに変わるものだとおもっていましたが、

奥さんが「今日は女子会!」と喜々として出かけていくさまを

不思議に感じなくなってきたので、美味しい=やばいが受け入れらたように、

すでに言葉の年齢枠は取り払われ、受け入れられているようです

さて、

Img_2871

個人的にとても女子力が高いと思っているお菓子屋「haho」

中の川通りの一本南に、ひっそりとあります

食後の散歩の後に、奥さんに女子力の高い店に連れて行くからと誘いますが、

この外観からは、どこのことかピンときていないようです

Img_2867

店内のボードには、日替わりメニュー

Img_2863

「いちごとデコポンの生タルト」

フォークが少し刺さりにくい硬度を持ったタルト生地

対照的にしっとりとして程よい甘さのクリームと、フレッシュフルーツが、

口の中で交わるときに、心地よい香りとともにさくさくと音を奏でます

Img_2861

名前は失念しましたが、チョコレートケーキ

チョコ感が濃厚で、ナッツとの歯ごたえのコンビネーションが素敵

まだカウンターに座れないくらいの、小さいお孫さんをつれたおじいちゃんも

注文していましたが、そのあとの女子二人組の時は売り切れでした

Img_2864

若夫婦がやっており、旦那さんが接客担当

奥さんは、パーティションの向こうで焼き菓子を次々と仕上げています

当然女子力にあふれていますが、おじさん男子もかよってしまう、

とっても、とっても素敵なお店なのです smile

2016年5月 8日 (日)

いちご日和

GW10連休を堪能された皆さまへ

おめでとうございます。心から、素直に羨ましいです。この月曜は朝から体が重いかもしれませんが、それはあなた方の特権であり勲章です smile

GWって、何?って皆さまへ

いよいよ我々が待ちに待った日がきました。明日から1年間はGWなどという絵に描いた食べられもしない餅の話を聞くこともなく、10日も休んだ方々が社会復帰に戸惑っておられる姿を尻目に、朝からトップギアーで働きましょう happy02

さて、GWはなくても、週末はあります

ラーメンで遅めのブランチを済ませた後に、奥さんが、「この辺りに、イチゴ専門のカフェがあるって、何かでみた」との事。天気もいいので、そのまま車を走らせて、

1img_2812

見奈良を少し山にはいったところに、かわいらしいカフェがみえます

1img_2814

最初はイチゴ農園のほうに来たのですが、カフェはあちらですよと教えていただき、駐車場は一杯で車が切り返せないので、バックのまま向かいます

1img_2816

「いちご日和」

1img_2817

新しい木造の店内は、広くないのですが、天井が高く開放的。薪ストーブもおいてあり、小さな庭にはパラソルの席もあります

トイレに女子力の高いファンタジーな絵がかいてあるので、必見です

1img_2831

最初なので、いちご三昧で、攻めてみます

飲み物左のいちごシェイクは、果肉を舌の上で楽しめるいちご感満載。農園に隣接してるからできる、贅沢な量が入っているのがわかります

右のいちごソーダは、なかり甘め。イチゴジャムを炭酸で割ったような感じで、よく混ぜていただきます

左手前のいちごのタルトは、イチゴの時期限定。完熟だけど硬さもしっかり残っている甘みと酸味がちょうどいいイチゴを、甘さを抑えたカスタードとカリカリのクッキー生地と一緒にいただきます

いちご大福は、大振りのいちごと白あんが入った和のテースト

すっかり全身いちご化してしまい、帰りには摘みたての完熟いちごをパックで購入します

1img_2832

期間と休日情報は、こんな感じ

いちご狩りは完全予約制とのことです

少し足を延ばすだけでも、別世界に突入できます

ぜひ、シーズン内に足を運んでみてくださいね happy01

2016年4月25日 (月)

Love Crepe@西条 

なにげに買った手作りの素朴な味にはまってしまい、

我が家はひと月に一回ほど、西条の「ときめき水都市(すいといち)」に、

味噌を買いにきています

鶏肉などが並んでいる冷蔵棚の対面にある大きなかごに入っている、

1img_2712

みそソムリエ 田中さん、山地さんの

自然発酵! 黒大豆入り 乙女みそ、かなり癖になります

さて、

今回は、「迎賓庵」の動画の最後で紹介した、

Img_2643

西条のラブクレープ Love CREPE に、突撃

商店街近くで唯一人が集まっているので、すぐわかります

あれだけ行列ができるんだから、行ってみなきゃと気になっていたのです

休日ですが、若い女の子グループや、子供連れヤング夫婦で満席

店外に行列を作らないよう促され、一番奥の空いてる席に通されます

Img_2644

メニュー

チョコやアイスは定番だし、クリーム金時までは想定内ですが、

てりやきチキンや、タルタルサラダに目を奪われます

Img_2645

おかず的クレープにも惹かれるのですが、まずは定番を攻めてみることに

Img_2647

奥さんがたのんだのは、定番メニューにない店内に貼りだしてあった季節もの

氷結みかん入りブラッドオレンジシャーベット+チョコ

Img_2653

私は、くるみチョコ+抹茶アイス 

ベースとトッピングを合わせるのが基本のようです

ここの特徴は、素材を地元のものにこだわっていること

まず驚くのは、生地が厚めで端はパリッと仕上がり、中心部はモッチリ

同じサークルだったので、二人とも学祭でクレープを作ったことがあるのですが、

(当たり前ですが)自分たちがつくっていたものとは別物の、厚みと火加減に感動

若いお兄さんが作っているのに、甘みが抑えめで生地自体がおいしいのです

若者受けしているので、もっとコッテリしたものを想像していたのですが、

実に食べやすくて、ぺろりといただける味

あとは、チョコの風味や、クルミの食感をたのしみながら、秒殺

これからは、味噌の購入とセットで寄ってしまいそうな予感なのです

2016年4月 8日 (金)

mori cafe

春の陽気に誘われて松山城に登ってきています run

当たり前の風景になっていますが、ぐるりと見渡すと、

道後温泉、大街道、高島屋、美術館、三津、瀬戸内海、興居島、大学と、

自然と文化が集まっている道後平野の素晴らしさを、改めて感じます

1img_2597

少し前なので三分咲くらいですが、もう葉桜になっていますね

本筋からそれますが、テレビで「花散らし」という言葉が話題になっていました

満開の桜を一気に散らしてしまう春の風や雨を浮かべてしまうのですが、

本来は、若い男女が花の下にあつまって交流したという色っぽい意味とのこと

色を表すのにも何十の表現がある和語の趣にふれる話です

さて、

奥さんが、友人に連れてきてもらったおしゃれな店に連れてきてくれます

1img_2599

mori cafeは、銀天街と千舟町の間の通りにある小さなカフェ

1img_2601

様々な選択肢から選べるおしゃれでヘルシーなランチで人気です

1img_2604

外からはよくわかりませんが、一歩入店すると、

おじさんが後ずさりしてしまいそうな女子力オーラが充満しています

不揃いのテーブルやソファがアシンメトリックに配置されており、

女子か、女子に連れてこられた男子のみの聖域感が半端ないです

よほどの勇者でない限り、特にこの時間帯は、おじさんだけで突入しないことをおすすめします

食事は済ませているので、早めのおやつをお願いしましょう

深々とした大きなソファに腰かけて、私が注文したのは、

1img_2608001

さつまいもと黒ゴマのチーズケーキ

コクもしっかりしていますが、手作りならではの優しい味

人気なのも納得

1img_2610

奥さんは、ワッフルチョコベリー

アツアツのワッフルは表面パリパリで、中身はもっちり

一口サイズに切って、濃厚チョコに甘酸っぱいイチゴを絡めてぱくり

リラックス効果のかるカモミール系のティーを合わせてご満悦の様子

夜はバー的にも使えるようなので、またの突撃が楽しみです

1img_2614

銀天街に戻ると、野菜たっぷりスープの店もできたみたいで、

やっぱり街歩きはやめられないのです smile


2015年7月10日 (金)

羽歩 

琥珀で満足の昼食をいただいたあとは、

高島屋を超えて、南下して、春日町までやってきています run

Dscn8142

以前から気になっていた「羽歩」に突撃 clover

Dscn8136

ショーウインドウには、かわいらしい焼き菓子がずらり eye

おしゃれなお兄さん店員さんと、

奥からは、お菓子作成担当風の素敵な女性が、笑顔で会釈をしてくれ、

一瞬にして虜になります(お店の雰囲気にですよwink)。

ブログもされているようですね pencil

Dscn8140

シンプルですが、採光もよく明るい雰囲気のWoodyな店内。

カウンターでは、若い女性客がゆっくりとくつろいでいます。

私がお持ち帰りに選んだのは、

Dscn8148

この三つ。

真ん中の丸いのは奥さんに残して、娘とフライング。

Dscn8150

「ドライいちぢくと4種のナッツタルト 380円

甘いだけではなくコクのあるソースで焼き固められており、

少しずつ奥歯で咀嚼しながらゆっくりと噛み砕き、 

そのストレートな栄養素の塊から自然の力を抽出 delicious shine

体の各細胞に分配吸収されていくのがわかります happy02

Dscn8151

「デコポンオーガニックブルーベリーのタルト 410円

厚めのタルト負けない、しっかりと底ちからを感じる二つのトッピング。

その素材力をすなおに出しているので、初めてなのに安心するおいしさ。

またしても、素晴らしいお店と出会ってしまいました。

これだから、休日の街歩きはやめられんとです notes

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2