ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 海外移住に伴い、ブログを完全英語化します! | トップページ | ブログ引越しのお知らせ »

2017年4月 2日 (日)

速報:俺のフレンチが松山に!

専務から「俺のフレンチ、とったからな!」と連絡をいただいたのが2週間前。
開店フィーバーが落ち着いたら行こうと思っていたのですが、正式オープン初日の4月1日から行けるチャンスを逃すはずもなく、20時半からの二クール目に突入ですrun
(食べ物写真などたくさん出てくるので、ネタバレが嫌な方は読まないほうがいいかもしれません)

1時間ほど前についたので時間つぶしによったバーでは、「俺のカクテルくれ」と、行く前からすっかりその気の専務。イベント初日から行くのはどうなかあ?くらいに思っていた私も、次第にわくわくが収まりません。

三越裏のビルに行くと、入り口には生花がずらりと並んでおり、おしゃれをした老若男女が目を輝かせながら並んでいます。

20170402_9_36_45_2

店内は90席あるらしく、想像していたより大きなフロアー。インカムを付けたホール担当の方々がきびきびと働いており、満員のお客さんも、話したり、写メとったり、ワイン飲んだり、笑ったりととても楽しそうに盛り上がっています。

私たち6人のテーブル担当は、京都からきた学生さんのよいこちゃん。素敵な笑顔で店のシステムやおすすめなどを教えてくれてます。この子がもともとしっかりした子なのか、お店のプレでの教育がしっかりしているのか、いずれにしてもとても心地よいマネージメントをしてくれます。

俺の泡で乾杯をして、「二人で平均5品を頼まれます。」との彼女の情報をもとに、

Dsc_0014_00001

メニューに赤線が引っ張ってあるおすすめを受けから順番に注文。しかし、二回転目ということもあったせいか、すでに売り切れの商品もあります。

Dsc_0034_00003

ズワイガニとサワラのタルタルが到着。食材の存在感を舌で感じながらやや酸味のあるジュレが味を広げてくれます。

Dsc_0037_00004

カニグラタンは、大きめのニョッキにチーズを絡めながらもぐもぐ。

Dsc_0025_00002

ウニムース包みサーモンマリネ、こってりとした贅沢感。店内の照明も明るく、インスタ映えなども意識しているのかなあと考えます。

Dsc_0041_00005

アスパラガスのタラゴンソースは、クリーミーでチィージーですが風味が変わるので飽きることなく食べすすめられます。

Dsc_0045_00006

本日の鮮魚はいとより。表面がさくっと焼きあがっており、香り高いしあがり。

Dsc_0048_00007

甘とろ豚の肩ロースは、本日の私の一番のお気に入り。絶妙な火入れをされた肉と脂身の甘みが、ソースできれいにまとめられています。

一皿を6人で分けるので、料理が次々なくなり、とり皿を替えたり、ナイフやフォークを追加したりするのですが、ほぼ待った記憶がないくらいのスムーズなテーブル運び。よいこちゃんに聞いてみると、テーブルに料理が乗り切らないようにならないようにこちらで調節していますとのこと。料理からデザートまで順番よく2時間以内に終わるようにしているらしく、そのオペレーションの良さにちょっと感動です。

Dsc_0027_00001_2

シェフ帽をかぶった人が10人、目まぐるしく作っている姿が、すでにショーを見ているような動き。ジャケットを着たホールの人が数人いて、彼らが全体を見ながら指示を出しているようですね。

20170402_9_37_37

ひとしきりお腹も落ち着いたころに店の電気が暗くなり、ピアノ、ギターでジャズが始まります。最初に誕生日の方のお祝いもあり、ホールの一体感がもりあがってきます。店を出るときに偶然お会いしたのでお話を伺ったのですが、松山と西条からこられたそうです。

Dsc_0055_00008_2

牛ひれ肉とフォアグラのロッシーニ

うわ~、テレビでみるやつだ~。ナイフの入りもスムーズで、フォアグラも分厚くとろり。看板メニューだけあって、これは毎回いただきたいです。

Dsc_0058_00009

松山鶏もも肉のオーブン焼き パスタ添え

地元素材を使っているので身びいきもあり、みのジューシーさと皮のクリスピーさが際立っています。素材だけではなくソースが味わいを加えるフレンチの手法を次々楽しむことができます。

Dsc_0060_00010

貝類の白ワイン蒸しは、クリームソースもたっぷり。

Dsc_0068_00012

ブイヤベースは、魚介類のコクが凝縮されており、追加料金で、

Dsc_0076_00013

リゾットにもしてくれるのです。これ、たまらん!

Dsc_0073_00011

オマールパスタ

メインとしてのオマールエビは売り切れでしたが、「裏メニューのパスタならできます。」と、よいこちゃん。エビのうまみを吸い込んだパスタは、膨れ始めたお腹にもするすると入るのです。横のテーブルにも同じものが運ばれてきて、一同「裏メニューじゃないんかい」とつっこみを入れますが、一度はあきらめたオマールがパスタで食べられて、これも演出だと納得。

Dsc_0079_00014

ガトーショコラ

Dsc_0084_00015

バナナクレープは、細身の女子たちの別腹空間に吸い込まれていきます。

ラストオーダーのころに、二回目の歌のステージ。それが終わると、ぱっと照明が明るくなり、ディナーの終了を告げます。料理も酒も水も食器も滞りなく出てきたので、これだけのものを2時間できれいにいただき、ワインも数本楽しむことができます。

20170402_9_38_11

気になる本日6人分の支払いはこちら、テーブルでてきます。初めてなのでちょっと料理を頼みすぎたのはご愛嬌。

見直してみるとワインの値段がしっかり押さえてありますね。

Dsc_0018_00001

ワインのメニューには原価+999円で売っていますと明記されており、安心して二本目、三本目を注文できます。

私の個人的感想は、とてもよくできたちょっと高級フランス料理居酒屋。少人数で行くよりは、職場の仲間や友人である程度の人数をそろえ、お皿をシェアしながら心行くまでワインを飲むのに向いています。当然、いろんな感想があるとは思いますが、今まで経験したことのない空間と料理なので、とりあえず一度行ってみて、俺のフレンチに関する俺の考えを語るのもいいでしょう。

とっても楽しかったのです。

« 海外移住に伴い、ブログを完全英語化します! | トップページ | ブログ引越しのお知らせ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

初日から予約出来たとはさすがに専務さんです。
多彩な料理はどれも美味しそうですね。
銀座界隈はあちこちに俺のの文字を見かけます。
ついに松山にも進出なんですね。

テーブルの紙ナプキンの上に、「俺の」グループが列挙してありましたが、その種類の多さに驚きました。
続いて進出してくるのかはわかりませんが、コンビニのように飲食業も国内で画一化されるのは、ちょっと残念な気もしますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/65097686

この記事へのトラックバック一覧です: 速報:俺のフレンチが松山に!:

« 海外移住に伴い、ブログを完全英語化します! | トップページ | ブログ引越しのお知らせ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2