« カマ喜ri | トップページ | 冬の麺々 »

2017年3月 2日 (木)

Zucchero

家族のいない夜、遅めの時間に仕事が終わります。

ふと思えば、まったく一人で自由に行動するなんてとても久しぶりで、そのまま家で寝てしまうのがもったいなくなり、ふらりと出かけます。

Zucchero

千舟町に面した入り口を奥に入ると、まずはおしゃれな洋服や、高級折り畳み自転車のBromptonなどを売っているお店があり、そこを抜けていく形で入店です。

お店はLO30分前でしたが、軽い軽食とお酒ならOKとのことで一安心。

まずはスパークリングで落ち着きましょう。

お店の照明は暗めで、一段高いテーブル席では女子会が上品に盛り上がっています。店の奥ではガラス越しに料理の様子が見えて、かなりおしゃれな雰囲気。
もう一人同世代くらいのおじさんがいたので、特に気後れすることなくメニューを眺めます。

マスカルポーネ いちご 生ハムのピンチョス
下はバゲットの薄切りを揚げたかんじのもので、マスカルポーネと苺を隠すように生ハムが覆っています。
一口には心なし大き目くらいですが、半分にするほどでもないので一気にパクリ。
生ハムの塩気、新鮮ないちごの酸味が先にやってきて、後からチーズのまろやかさとパンのサクサク感を楽しみます。

スパークリングから

牡蠣はスモーク ラチナータ パプリカパウダー
牡蠣は温かくねっとり。ラスクの様な下地のサクサク感と、マッシュポテトの甘さにパプリカの軽い刺激。いろんな味蕾が一度に刺激される素敵な一品です。

雰囲気、接客、ピンチョスのお味と、短い時間ですがちょっと贅沢したなって感じ。

次は予約してコースをいただきに来たいのです wink

« カマ喜ri | トップページ | 冬の麺々 »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

おしゃれな洋服や、高級折り畳み自転車などを売っている所を抜けていかないとお店にたどり着けないのによくご存知でしたね。
さすが松山のグルメ本No1の著者ですね。
飲み物も食べ物もお洒落です。

そこのスペースは長いこと喫茶店をされていたのですが、オープンスペースで寒かったのと、外から見えずらかったからか、いつも間にか閉店していました。
今度は話題のおしゃれスペースなので、また行ってみようと思っていますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64887878

この記事へのトラックバック一覧です: Zucchero :

« カマ喜ri | トップページ | 冬の麺々 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009