ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 冬の麺々 | トップページ | 心鮮 »

2017年3月 9日 (木)

かど八

その風貌と元気のいい話っぷりに、他人とは思えない知人Nさんより、あそこはすごいですよと勧めていただいてお店に、専務先導のうえ突撃となります。

「かど八」

新立の道路沿いにあるのは随分前から知っていたのですが、地理的に少しはずれにあるのと、その独特の外観に、いままで来店には至っていませんでした。

お店の中はかなりの歴史を感じます。昭和50年台にこちらに引っ越してこられたらしいのですが、この日のメンバーの一人が、自分と同じ年だと言っていたので印象に残っています。

おでんは染み染み系。

ハンガーは洋服箪笥で草履がつるしてあるという、徹底的なレトロ演出?です。

しっかりと味のおでんで、冷え冷え生をクイ~ンといただき、開宴です beer

豚足

九州では当たり前のつまみですが愛媛では珍しいので、あれば必ず注文してしまいます。ぷりっぷりのゼラチン質を骨からかじりとり口の中で溶かす快感は、その腰の引けてしまうような外観からは想像もつきます。

ピンぼけが悔やまれますが、このフライは人生で初めて食べました。長い辺が十数センチの長い三角形で、その名前とは違う印象のしっかりした歯ごたえがあります。

mobaq さて、これは牛のどこの部位のフライでしょうか?taurus

純米酒も結構いいのが入っており、ひやをちょろりに入れてさしつさされつ。

たぶん開店当時から変わっていないだろう、昭和の世界がここには保存されています。

もやし炒めで店の味がわかる!が、専務の自論。

出汁と半熟卵を絡めながら、サクサクとどんな酒にもあう優等生ですね。

お店は夜半過ぎまでやっており、〆の中華そばなども有名だそうです。そのメニューの横にある、焼中華そばも気になるので、これは〆の時間に再訪せねばならないのですbleah

« 冬の麺々 | トップページ | 心鮮 »

お酒を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

オマーン砂漠のガスプラント現場に出張中でお酒が飲めずブログを見ながらお酒を飲んでいる雰囲気に浸ってます。来週かな?サウジの王族が日本に来られる話題(沢山くるとかハイヤーをチャーター)でマスコミは盛り上がってますが昨年日本人女性がオマーンの王族の方と結婚した話題が日本では報告されませんね。

来月帰国した時、聖地のワインを飲みましょう。
だけど、いつでも飲めるという環境はいいね。

Qの答が気になりますが、何でしょう?みすじ?良く分かりません。
焼き中華そばって、博多の屋台で出て来ると聞きますが、こちらのそれは又何か独特なのでしょうか?
それにしても松山の古いお店をよく見つけられましたね。
流石です。

オマーンに嫁いだ日本人の話は知りませんでした。どこでどんな縁があったのか気になります。
4月にご帰国ですか。聖地のワイン🍷で若返る魔法にでもかかりたいので、帰松の際は是非とも早めにご一報📱下さいませ。

ここは昭和中期の趣が残っており、つまみも長年の営業の末に残ったものなので、1つ1つが地味に美味しかったです。
さて、正解は肺でした。縮んで身が詰まってレバーのようでした。

Nとは わたしのことでしたっけ? 
鯨とふぐとおこぜ とかなりいけます。
大将に
XXさんには恥はかかせられません
といわれたら OKです
ところで太養軒のちかくの
ちゃんぽん食堂てっちゃんが(高浜のお店の2代目かな?)
実は最近おススメですが鴨川に移転するらしく残念
また誘ってください

素晴らしいお店の情報、ありがとうございました。
やはりここのフグもいい感じなのですね。
ちゃんぽん食堂、気にはなっていたけど未訪でした。
また、ご一緒に突撃しましょうhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64888031

この記事へのトラックバック一覧です: かど八 :

« 冬の麺々 | トップページ | 心鮮 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2