ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 心鮮 | トップページ | 鳥津会@門福 »

2017年3月17日 (金)

ハルピン

二番町と八坂通りの交差点にあるひときわ目立つガラス張りのビル。

建ったときはしばらく入居がない状態で、大丈夫なんかな?と他人事ながら勝手に心配していたのですが、

気が付くと、すべての階が埋まっています。景気回復は机上の空論だと思っていましたが、実は少し良くなっているのか?それとも素人にはわからないからくりがあるのか。いずれにしても目立つ場所にあるかっこいいビルがすべての階が埋まっていて光っているのは、松山を飲み歩くものとしては、うれしい事です。



さて、その二階に本格的中華料理をリーズナブルに食べさせてくれるという噂を聞きつけ、遅めに突撃です run





AM1時を回っていたので数組しかいませんでしたが、夕食の時間帯に行った人の情報では、オペレーションが渋滞するほどの満席だったそうです。





四川マーボー豆腐



ハルピンって中国東北地方ですが、中華料理屋さんとしては外せないのでしょう。適度なラー油と山椒の辛さがあり、夜中に目と胃袋が覚めます。





ほうれん草餃子



皮にほうれん草を練りこんだ水餃子。あまり青臭さはなく色鮮やかでモッチリした皮と、ぎっしりと詰め込まれた具を口いっぱいに攪拌し、うまうまエキス全開。これ、いい。





五目チャーハン



香りのいいパラパラご飯に、レンゲが止まりません。





肉汁焼餃子



本場中国ではあまり見かけないと聞きますが、やっぱり焼いたんもカリッとして、じゅわっとしてうまいのです。





ハルピン拉麺



酸味、辛味、麻辣、コクが四方向のベクトルを主張しながら舌に快楽をもたらす一品。ほかにも、焼小籠包、ゴマ団子、ぷりぷり海老のマヨネーズなど、食べたいものがたっくさんありますが、今日はこの辺にしておきます。



店を出るときに入り口付近で小籠包をせっせと包んでいる女性をみると、点心靜で何度も話したことのある中国の方です。噂で帰国したと伺っていましたがと話しかけると、二年帰っていたけどやっぱり松山がいいので戻ってきましたとのこと。



道理で美味しいわけなのです wink

« 心鮮 | トップページ | 鳥津会@門福 »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

勝山町電停向かいの角に在るビルは長い間空き家でしたが、今はどうなのでしょう。
折角建てられたビルが空室では残念、そちらは埋まって良かったですね。
2年前に止められて中国に帰って居られた方が改めて松山で働いておられるとはうれしいでしょう、しかもそれに気づかれたいけちゃんはさすがですね。
大阪茨木市に在るおなじ名前の水餃子で有名なお店、どうも相性が悪く何度か行ったのですが未だに食べられていません。

おっしゃっている勝山町電停の前のビルがどれかわかりませんが、あのあたりも最近新しいホテルが出来たりして空きビルがあるようには見えません。
文中の女性が作られる餃子は、皮が厚くつるっとしていて具沢山なので、帰ってこられたのはうれしいのですwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64888379

この記事へのトラックバック一覧です: ハルピン :

« 心鮮 | トップページ | 鳥津会@門福 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2