ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« PECO | トップページ | C's Bar »

2017年2月13日 (月)

梵字

天気もいいので、水の都・西条にそばを食べに来ています rvcar





梵字





広い駐車場のある店の戸をくぐると、そば粉などの本日の食材を紹介。





店内は個室を中心として、座敷や中庭を眺められる椅子席などがあり、ゆったりと過ごすことができます。机の上の、巻きずしを巻くす巻きみたいなものを広げると、メニューになっています。





ざる豆腐



豆腐も手作りで、北海道の黒大豆を使用。滑らかな舌触りと優しい甘みにほっこりします。写真は出していませんが、セットについていたごま豆腐も素材を生かした際立つ香りの一品でした。





生麩田楽



生麩のもっちりとした食感は官能的。



手前の深緑色はヨモギで、その春の香りがしっかり伝わります。



真ん中のゴマ田楽は、赤みその甘みとナイスマッチ。



奥の黄色いのは、粟で、白みそがトッピング。



一つ一つが丁寧で、食べ飽きないおいしさです。





奥さんは、温つけ天婦羅そば





地たこ釜飯梵字セット(もりそば、豆腐、たこ飯、ぬか漬け)の、もりそば





十割で粗目の挽きで気持ち太目の麺。



しっかりした歯ごたえを楽しみながら咀嚼していくと、そば粉の香りがストレートに伝わってきて、好きな味です。麺が短いのは意図してではないそうですが、これだけ粗目の粉で十割だと生地を畳んだときの折れ目のところで切れてしまうのでしょう。





おお、たこ飯が炊きあがりました。



15分くらいかかるといわれましたが、最初の豆腐や田楽を摘まみながらだったので、特に長くは感じず、釜の蓋の横からいい匂いの水蒸気が上がってきたあたりから、気になってしょうがありません。タコもぷりっぷり。





釜飯の醍醐味のおこげも、いい感じ。



全体的に味付けが優しく自然で、素材を生かした食べ飽きないおいしさで、大満足。



お値段はややお高めですが、これだけの環境でこれだけのものを食べさせてくれるなら納得です。



西条の蕎麦屋シリーズ、なかなか奥が深いのです delicious

« PECO | トップページ | C's Bar »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

珍しい店名ですね。
こういうのを見ると店主に何故?と聞いてみたくなります。
美味しそうなお店ですが、個人的にはお蕎麦はつるつると啜れる方が好みです。
つながりより香りを重視の店主なのでしょうね。

店名の由来を伺うのは忘れていました。
蕎麦は短いですが、その風味の強さは結構好みです。
お店の前にあった「バスの店」が気になっています。店舗型なのにこの名前でラーメン屋さんなんですwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64786991

この記事へのトラックバック一覧です: 梵字 :

« PECO | トップページ | C's Bar »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2