« C's Bar | トップページ | Coccinelle コシニール松山東野店 »

2017年2月20日 (月)

らぁ麺BAR 錦 iwamoto

TEX-MEXでパーティーで盛り上がったあと、胃袋と好奇心が大きい一部の男性メンバーのみで、二次会に突入します。

Dsc_0033

らぁ麺BAR 錦 iwamoto

伊予鉄会館とバスターミナルの間の道を北上してすぐ左。Roppongiのあたりに新しく登場したラーメン屋さん。

店内は結構広めで、カウンター、テーブルとシンプルながらにセンスがあり清潔感溢れる雰囲気。元気な大将の笑顔に迎え入れられながら、奥のテーブルに案内されます。

Dsc_0060

まずは、おつまみで一次会の反省会。

とくには反省することもないので、さっそく鯛、鶏のどちらにするのか相談しますが、おつまみの立派な戻された干し貝柱と海老に、おっ!と期待が膨らみます。

松山を代表する地酒、雪雀の純米無濾過生原酒をくいっとあおるのです。

Dsc_0063

らぁ麺の種類は、「媛っこ地鶏醤油」と、「真鯛塩」の二つ。

それぞれから、普通の基本麺、トッピングなしのすっぴんの二種類をチョイス。

麺の多め、少な目もありますが、基本は上記の2*2=4通り。

鶏皮の餃子をつまみながら、着麺を待ちましょう delicious

さて、お待ちかね。

Dsc_0067_3

瀬戸内吟醸系sobaの、三役揃い踏みです。

 

向かって左上が、真鯛 塩 soba 寿       基本麺

左下が、      媛っこ地鶏醤油soba 錦   基本麺

右上が、      媛っこ地鶏醤油soba 錦   すっぴん(素 soba)

 

私がいただいたのは、真鯛塩 寿

アッサリしていますが、コクがあり、思ったほど魚が前面に出ていないのがいい感じ。半透明でありながら雑味の無いスープに、その仕事のこだわりを垣間見ます。

Dsc_0068

も、醤油のいい香りと地鶏のしっかりしたコクが、澄んだ透明スープに溶け込んでおり、ほろほろしたチャーシューの脂と相まって、鼻と舌に記憶を刻んでくれます。

地のものにこだわった上に、飛び道具レベルではない高い完成度に、こりゃいい店ができたなと、ちょっとした感動。

私の松山の夜の締めラーメンは、不動の4番「あずま家」ですが、普段はそっちで、県外からのお客がきたらイベント的にここもいいなあと思ったりもするのです。

 

 

 

« C's Bar | トップページ | Coccinelle コシニール松山東野店 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

Roppongiとは随分昔からあるお店では無いですか?
近くに日本酒を飲ますお店も有りましたよね。
ラーメンも次々といろいろなお店が出店する中でお気に入りのお店が出来て良かったですね。
先日の松山行きでは闘牛の鳥そばを食べました。
あちらも美味しいですね。

Roppongi、moscatさんが学生の時からはなかったと思いますが、私が松山に来た十数年前にはすでにあったと思います。
闘牛は我が家の鉄板ローテです。野菜ラーメンがなくなりましたが、自家製麺とコクのある醤油ラーメンが大好きですclover

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64802981

この記事へのトラックバック一覧です: らぁ麺BAR 錦 iwamoto :

« C's Bar | トップページ | Coccinelle コシニール松山東野店 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009