« 武蔵@小倉 | トップページ | 旦過市場@小倉から帰途へ  »

2016年12月27日 (火)

你好からの万龍@小倉

小倉の老舗居酒屋武蔵の実力に、すっかり胃も心も奪われてしまった一行は、タクシーで郊外へと移動します rvcar

中華料理 你好

なぜここで、郊外の中華料理屋さんを選んだかは、最後に説明しましょう。

お店の方は中国北部出身の女性の方三人。ジャガイモサラダを摘まみながら、お話を伺うと、餃子が有名なエリアだと判明します。

酢豚

肉が平べったいのが特徴で、からりと揚がっており、かみしめると甘辛のたれからジュワリと豚脂汁が飛び出てきます。あっさり炒められた野菜の歯ごたえと甘みを感じながら、ここいいね感が盛り上がってきます。

焼餃子

羽ごとサクッといただき、閉じ込められた具のエキスがたまりません。

水餃子

中国の餃子といえばこれ。二十歳の時に一か月間バックパックで中国を回ったのですが、その時に感動した皮のもっちり感とつるっとした舌触りを思い出します。これ、無限に食べられるかも。

これだけを食べるために再訪たくなるレベルです。

さあ、

〆のラーメンは、行きのタクシーの運転手さんに教わった東洋軒に向かいますが、すでに閉店。帰りの運転手さんお勧めの、

万龍に、気合いを入れての突入です。

業務連絡ですが、この写真にうつっている方の奥さん。いつもブログを見ていただいているとのことで、ありがとうございますhappy01

さて、

夜だけやっているお店は、10人で満席くらいのサイズですが、数分の待ちで入店。

デフォルトのとんこつラーメンは、見た目よりあっさりしていて、ピュアな味。決して物足りないわけではなく、丁寧にうまみを抽出している印象で、後を引いてしまうコクです。

ストレート麺に絡めながら、あれだけ食べてきたのに、最後までスルスルと入ってしまうのです。

最後は、

昼に唐戸市場で偶然の再会を果たしたBちゃんたちと合流し、小倉の夜を予想以上に堪能するのです。

さてさて、

今回私が参考にしたのは下記メッセージ。顔の広い専務に、小倉に行く前に相談したら、小倉地元の知人の方がリストを作成してくれました。今後の参考に添付しておきます。

やはり、地元情報は鉄板 happy02 おかげさまで、とても充実した夜になり、ありがとうございました。

« 武蔵@小倉 | トップページ | 旦過市場@小倉から帰途へ  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64564105

この記事へのトラックバック一覧です: 你好からの万龍@小倉 :

« 武蔵@小倉 | トップページ | 旦過市場@小倉から帰途へ  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009