« ワイン オステリア wa d'oro  | トップページ | 日下鮮魚店@三津 »

2016年11月12日 (土)

楽山 

中の川通りの交差点に、以前から気になっている黄色い建物があります。

1img_4939

「楽山」

中華料理屋さんだというのはわかっているのですが、なかなかいくタイミングがつかめないまま。この店の近所に住んでいる、娘の友人から「家族でよく行くし、美味しいよ」との情報を聞き、突撃です run

1img_4953

比較的新しい食品サンプル。日本のザ・中華料理屋さんという雰囲気に吸い寄せられます。

1img_4945

メニューに、チャンポンは珍しくないですが、皿うどんが載っているのが、長崎生まれとしては、ちょっと気になりポイント。店内に長崎新聞と書いた凧が飾ってあり、ピンときます。ひし形の凧は、長崎で「ハタ」と呼ばれており季節を問わずあげる習慣があります。

お店の方に伺うと、先代が長崎から移って来られたらしく、急に親近感がわきます。

1img_4950

八宝菜にランチタイムサービスの小盛炒飯

300円のミニチャーハンを注文しようとすると、ランチタイムなら少し小さいけど100円で小盛炒飯が付きますよと教えていただき、そちら変更。パラパラとして納得のうまさです。

八宝菜も具だくさんで、野菜もシャキシャキ。夜ならこれだけで、生ビール三杯は行けるでしょう。

1img_4952

皿うどん

たっぷりの具から細麺の揚げ麺が顔を出しています。手前の方から具と麺をざくざくと混ぜ口に運びます。シンプルな塩味であっさりとした本場の仕上がり。後半はこれも長崎の習慣を思い出してソースをかけていただきます。

大洲の餃子楼を思い出すような、昔ながらの食べやすい素材を生かしたシンプルな味付けで、一気に虜になります。

チャンポン、ピータン、ビーフン、餃子などまだまだ食べたい happy02 restaurant

1img_4946001

こんな珍しい紹興酒のハイボールなんかもあるし、これは、改めてメンツをそろえて夜に再突入しなければならないのです smile

« ワイン オステリア wa d'oro  | トップページ | 日下鮮魚店@三津 »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

黄色いお店、何度も見た事が有りますが行った事は有りません。
昔からのお店だとサンプルが変色して埃をかぶっている様なお店も見かけますが、こちらはそうでは無いのですからそれだけでもやる気が感じられますね。
100円で追加の小盛炒飯もうれしいですね。
いけちゃんにとっては皿うどんがさらにうれしいでしょう。
いいお店が見つかりました、次回は夜の部を期待します。

このお店「楽山」さんへは20年前くらいに知人の紹介でうか
がい美味しかった記憶があります。まぁ皆さん中華料理はそ
れぞれ行きつけのお店があるようで、それ以来はうかがって
いませんが、今日の紹介記事を見て懐かしくなりました。
また松山ディナーツアーでのたくさんのグルメたちを集めて行っちゃいますか?

学生時代からあったのでしょうか?先代が長崎から来たとおっしゃっていたので、そのころからあったのでしょうねhappy01
夜の部、画策中です。

今までは時々長城に行っていましたが、今度からはこちらもローテに入る感じです。
5-6人で円卓を囲みにいきましょうshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64338860

この記事へのトラックバック一覧です: 楽山 :

« ワイン オステリア wa d'oro  | トップページ | 日下鮮魚店@三津 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009