« 最近たべたもの、いろいろ  | トップページ | 炎のサムライ麺 超激辛MAX?完食レポ »

2016年10月27日 (木)

和酔食菜 ken

久しぶりにのんびりできる週末。

そういう時は、スマホをスイスイして、自作の行きたい店リスト(松山近郊)をチェックします。

1img_4758

和酔食菜 ken

松山から33号線をまっすぐ砥部町に入ると、右手に現れます。店の前に3台は駐車できるスペースあり。

1img_4759

店内に入ると、右手はカウンターで、完全に居酒屋の雰囲気。この日は美人なおかみさんがおひとりでしたが、普通は大将と二人でされている様子。

入って左手の一段高くなっている板間の座敷にテーブルが並んでいます。入口の横に背の低い窓が一つあるだけなので、昼間にしては暗め。夜になると電気をつけて、地元の人たちで盛り上がるのでしょう。

1img_4761

中華そば

透明なスープは、見かけに反して愛媛らしい甘い仕上がり。

1img_4763

たっぷりのストレート麺と一緒に、ぐいぐい食べすすめていきます。よほどおなかが空いていなければ、大にする必要なないほどのボリューム。

夜はどんな感じの居酒屋になるのかも、気になるところなのです wink

« 最近たべたもの、いろいろ  | トップページ | 炎のサムライ麺 超激辛MAX?完食レポ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

和酔食祭といいながら中華そばののれんが掛かってメニューも中華そばとおにぎりだけという事は夜は和食中心のお酒のお店に変身という事ですね。
いけちゃんの記事も to be continued 。
続編を期待しましょう。

この辺りにはぎやていと言う美味しいうどん屋さんや、富そばと言う蕎麦屋もあり、休日麺街道なのです。家から少し遠く交通機関もバスだけなので、実際夜訪問はいつになることやらです😊

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64293866

この記事へのトラックバック一覧です: 和酔食菜 ken :

« 最近たべたもの、いろいろ  | トップページ | 炎のサムライ麺 超激辛MAX?完食レポ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009