« うな一 | トップページ | 長崎弾丸同級会!  »

2016年9月26日 (月)

七里茶屋 

十数年前に松山に引っ越してきたとき、当時の上司が昼休みに桜三里まで連れて行ってくれ、ここのうどんを食べさせてくれました。前の勤務先が山陰で、そば文化だったので、久々にうまいうどんを食べた感激を今でもしっかりと覚えています。

その当時、桜三里にあったお店が、数年間に東温市に移転しています。

1img_4388

七里茶屋

1img_4394

移転してからは初めてうかがうのですが、入店して左のカウンターと、右の客席の雰囲気は、前の店の雰囲気に似ており、少し広く、とても新しくなっています。

1img_4399

いなり寿司

このいなりの甘さに、当時はショックを受けたものですが、今ではすっかり愛媛の味に慣れたようです。慣れはしましたが、ここのいなりの甘さは、他の追随を許さないレベルではないでしょうか?

1img_4401

奥さんは、鍋焼きうどん。上にして、えび天が乗っています。

1img_4406

私は、当時の上司に教えてもらい、それしか食べない天ぷらうどん

まっすぐで大きなえび天が、クロスした状態でどんぶりにのってくる姿は、まったく変わっておらず、これこれ!って感じのテンションになります。

スープはいなりと違い、甘みを控えて出汁が効いたすっきりした仕上がり。しょうがをたっぷり入れて、後半は一味を散らすのが私の食べ方です。

1img_44091

手打ちで程よい腰のある、やや平たい麺。

1img_4415

不揃いな麺の形が、口の中で暴れながら入ってくるので、舌触りの心地よさがたまらなく、癖になります。

1img_4413

この、堂々としたえびをご覧ください fuji

がぶりとかぶりつき、少しはがれた衣は出汁にときながら、ずず~とすする。そして、またえびにかぶりつき、ショウガで温まった鼻の汗をふきながら、一心不乱にどんぶりに挑みます。気が付けば、最後の一滴のみほしており、ああ~うまかった!と天井を仰ぐのです。

店内は家族づれ、カップル、おばさん二人組など様々な構成。移転しても、地元の方にあいされており、帰りにお礼をいう子どもに、大将が大きな声でありがとうと答えています。

幸せな時間をくれる名店なのです wink

« うな一 | トップページ | 長崎弾丸同級会!  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

高松や徳島、新居浜や川之江等々に仕事で行っていたので桜三里を走る事は多くありましたがこのお店は知りませんでした。
不揃いの麺という事は高松などでよく見る手動の麺切り台は使わず包丁で切っておられるのでしょうね。
自宅で祖母が打つ饂飩の端が少し薄く少し幅広で食感が異なりそれが美味しかった事を思い出しました。
幸せな時間をくれる名店、いいですね。

松山の名門ゴルフ場の川内(松山GC)でプレーした帰りに
はちょくちょく立ち寄らせていただきます。なべ焼きうどんもう
まいですし、いけちゃんお奨めのテンプラうどんは海老の風
味が立ってまいうですよね。それに、超甘い・・・いなり寿司、
これが甘さを抑えたうどんの出汁によく合うのです。
松山の甘いもん文化の代表格のような甘~いお稲荷さん、
ばんざい。

七里茶屋のうどんの裁断は、包丁上げると等間隔で切れる、うどん切り包丁機を使ってます。
なので、不揃いなのは麺の厚みのためです。

あとは普通の店ではあまり使わないうどんの耳も入れてますので、それが当たったのも有るんじゃないですかね!

昔はこの味を求めて、わざわざ桜三里まで行っていましたが、今ではかなり近くなりました。包丁のことは、舌でひで@松山さんが解説してくれていますhappy01

私はいつも天ぷらうどんですが、次は鍋焼きやカレーにも挑戦してみたいと思っています。
それにしても、稲荷のあの甘みはインパクト大ですねshine

うどんの耳が入っていたとは気が付きませんでした。
細い部分はツルツルと、厚めの部分はもっちりと楽しめますdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64132037

この記事へのトラックバック一覧です: 七里茶屋 :

« うな一 | トップページ | 長崎弾丸同級会!  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009