« RISATA72, Jang@大洲  | トップページ | 芯とシン »

2016年9月 5日 (月)

綾川麺児 

大手町に新しいうどん屋さんが登場。

おーちゃんさんのブログでチェックして突入です run

その名も、

1img_4163

「綾川麺児」

綾川とは香川県綾歌郡の地名で、それにちなんでつけられたと考えられますが、もし讃岐うどんをテーマとした漫画があったら、その主人公みたいだな~と空想が広がります。

(以下、勝手な空想)

麺児は綾歌郡のうどん屋の末っ子として生まれて、うどん職人である父の背中を見ながら育ってきました。店は小さいながら連日行列の人気店で、麺児家族も細々ながら幸せな生活をしていました。

ところがある日突然、仕事中に父が倒れ店は余儀なく休業。そこへ、全国チェーンのうどん店の社長が高級外車でやってきて、看板ごと店を売ってほしいと母親を責め立てるのです。暖簾を守るべく立ち上がった麺児は、チェーン店の技術指導をしている男と、直接のうどん対決を行い、負けた方があきらめるとの約束をするのでした。それから日夜、うどん修行にはげむ麺児ですが、姉の舌によると、なかなか父の味には至っていないとのダメ出し。そのうえ、店の倉庫が不審火で全焼してしまい、麺児は絶体絶命のピンチに追い込まれるのです。

(以上、勝手な空想終了。続きは皆さんもお考えくださいwink

さて、

1img_4163001

店の外にかけてあるメニューはこんな感じ。

1img_4165

店内に入ると右手すぐに製麺場があり、体格のいい若い大将が麺を打ったり茹でたりしています。うどんの注文を済ませて、サイドメニューを小皿に乗せて席で待ちます。

1img_4167

冷かけ 

1img_4168

出汁は甘めで、麺は太めの剛麺。歯ごたえを楽しみながらぐいぐいと吸い込んでいきます。

1img_4171

こちらは、熱 温玉肉 

鰹節やわかめなどは無料でトッピングできます。

夏休み時期だったからか、奥さんと思しき方とお子さんまで一家総出で働いています。讃岐の有名店で修業をされていたとのことで、この日は日曜ですが営業されています。

勝手に空想を膨らませながら、次の訪問を心待ちにするのです。


« RISATA72, Jang@大洲  | トップページ | 芯とシン »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

おひさです~!
リンクありがとん! とん、とん、とん、とん、日野の2とん!

こちらこそ、ごぶさたしておりますhappy01
のりたま君もお元気そうで、何よりです。

さすがの創作力・想像力ですね。
素晴らしいです。
続きを進めて一冊の長編に仕上げられてはいかがですか?
綾川麺児さんもお喜びになると思います。

ストーリー的には、よくあるグルメ漫画のパターンのパクリですhappy02
うどん屋さんと舞台としたグルメ漫画ってみたことないですが、讃岐にはあるかもしれませんねshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/64081283

この記事へのトラックバック一覧です: 綾川麺児 :

« RISATA72, Jang@大洲  | トップページ | 芯とシン »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009