« みなと@八幡浜  | トップページ | Dining Budori  »

2016年8月 1日 (月)

L'API

今夜のNくんの会は、

Dsc_0152

ロープウエー街のL’API

Chaxaydwespgt

以前ランチで伺ったことはあるのですが、その時の印象がとてもよく、ディナーもすごいとの評判を聞いていたので、テンションが上がりすぎ一番のりです。

Dsc_0156

フラッシュの露出や、被写体深度を確認しながら、ブログの許可をお願いしてほかの人を待ちます。

Dsc_0160

カチカチのグリッシーニの香りは、バゲットの皮の部分の香りを濃縮した心地よさ。メニューにも載っていない一品のクオリティーとどこでも見たことない感に期待がたかまります。

Dsc_0162

ピュアホワイトのパンナコッタ

甘いコーンのエキスがプルプルに固められており、舌の上でふんわりと溶けていきます。一同、声をそろえて、これはすごいね~ happy02

Dsc_0166

愛南カツオの軽いくんせい スイカ

カツオの塩タタキの上に乗っているのは、驚きのスイカ。

右下のピーツの酸味のアクセントが絶妙のバランスです。

Dsc_0167

今日は、(後輩でよかった)グルメ巨人Sにワインのチョイスをお任せ

熟成度を高く感じられる白で勝負開始。

Dsc_0170

小田アユのパテとズッキーニ

鮎のパテなんて初体験で、苦味と濃厚さの不思議な世界。

魚の中で最も好きなうちの一つである小鮎と交互に大切に咀嚼し、マスターの料理マジックの世界に引き込まれていきます。

Dsc_0173

イサキ 魚介と黒キャベツのソース

ベースには県内で有名な段々畑のジャガイモを使っており、強い甘み。

素材への細やかなこだわりが、来てよかった感を高めてくれます。

Dsc_0174

千葉ハマグリ 絹皮ナスの冷たいパスタ

想像をはるかに超える分厚く大きいハマグリに、レアーに火入れしてあり、口に含むとコハク酸ジュースがドカンと広がり、唾液腺全腺崩壊警報が発令されます。シンプルな茄子の野性味と合わさり太めの麺に絡んで、うひひひなのです。

Dsc_0179

ワタリガニとフレッシュトマトのストロッツァプレティ

うどんのようなもっちりとしたパスタに、蟹の味噌と身のエキスが絡みまくりの、吸い込まれまくり。食べていて目の前から減っていくのが切ないほどの、うまみ塊イタリアンです。

Dsc_0182

後輩Sのワインの選択も佳境にはいり、やっと赤へ

Dsc_0184

長野鹿ロース

脂身の少ない、野生味をほのかに感じる鹿肉を咀嚼しながら、トリュフの官能的芳香に惑わされます。

デザートは、

Dsc_0186

クリームチーズ バームクーヘン ミルクジェラート

最後まで一品一品を丁寧にきれいに供していただきます。

人生で食べたフルコースの中でも、三本の指に入る感激。

中人数で予約して行かれることを、強めにお勧めするのです crown

« みなと@八幡浜  | トップページ | Dining Budori  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

子供の頃は魚嫌いでした、でも清流の近くだったおかげで鮎は好き、そんな鮎がさる居酒屋で三枚に降ろされ、何だか忘れましたが複雑に料理されて出てきました。
やはり塩焼きがいいと思いました。
こちらの小鮎はぴったりの料理になっていた様で良かったですね。

山陰で食べた鮎のせごしは衝撃的でした。生きている鮎をぶつ切りにして、塩をまぶして食べるだけ。骨ごとコリコリといくのですが、何とも言えない風味でしたdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63887772

この記事へのトラックバック一覧です: L'API:

« みなと@八幡浜  | トップページ | Dining Budori  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009