« 2016 盛夏を楽しむ! | トップページ | 鮨 いの »

2016年8月22日 (月)

Cafe Cabaretで、豚足やラムを喰らう! 

最初に小ネタをひとつ。

Araoさんを中心としてSNSで盛り上がった話題。

助詞の「を」を、全国的には「o」と発音するが、愛媛県は「wo」と発音するという話です。

「弁当の蓋を開けて、おにぎりを食べて、母を思い出す」というフレーズで、20人近くに検証してみたのですが、実際はwo派は三割ほど。私の周りでは、南予出身者は「o」と発音し、松山から東は「wo」が多かったのですが、皆さんはいかがでしょうか?

ちなみに、九州育ちの私は「o」と発音しますが、「wo」に違和感もありません。

さて、

ご存じ市駅前花園町のCafe Cabaret shine

お店のオープンがこのブログの立ち上げと偶然ほぼ同時期で、それ以来、TPOに合わせてお世話になっております。

1img_3923

本日は、ムッシュがとっておきのワインを破格の値引きで提供するとのイベントをやっているので、乗っかり突撃。

1img_3925

豚足のオーブン焼き

この店ではいつもリラックスしているので、正しいメニュー名は失念。もう少しおしゃれな名前だった気もしますが、内容はそういうこと。

1img_3926

ナイフとフォークであらかたばらばらにした後は、手で骨を持って、歯でコラーゲンをこそぎ取ります。プルプル感と、香ばしさがたまらんとです。

1img_3928

ラムのロースト

300gの大物で、大食いの私でも一瞬たじろぐサイズ。少し大きめに切って、赤身の独特の風味に脂身のコクを乗せて、パクリ。シンプルに塩コショウで、肉食ってる!って原始からの本能が刺激されます。

やはり、カバレ、最高です。

これでいいのだ。。。wink

« 2016 盛夏を楽しむ! | トップページ | 鮨 いの »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

小学生の時岡山では、「お」は上の「お」、「を」は下の「お」と教わりました。
松山で「を」を「wo」と言っているのに気付いたのはいつの事だったでしょう。
文部省もきちんと使い分けを教えたらいいと思います。
PCのローマ字入力は「o」と「wo」ですね。
ワインに興味が深いようですね。
広島の酒商山田さんにもいろいろ取り揃えて有る様です。
また広島にお越しになりませんか?

半世紀生きてきましたが、その違いに気が付かなかったのが驚きでした。もう少しいろんな人に聞いてみます。
広島のお誘いありがとうございます。盆も正月もないので、なかなか仕事以外で四国から出られないのが現状です。もうすこし頑張って働いて、人生の終盤はのんびりしたいと妄想していますwink

例のo-wo論争ですねw 
自分もびっくりしました。  言語ってほんと文化や歴史と共に変化していく
ものなんだなあと思いました。。

興味深いトピックをありがとうございますhappy01
私の知り合いのwo派の若い女子は、はっきりとwoと発音し、oはおかしい!と言っていました。
まだまだ、調査の余地がありそうです。

倉敷出身で大学が福岡のあと名古屋、広島、大阪のあと金沢経由で松山へ流れ着いた私としては、OもWOも違和感なしです。人の話聞いてないのかな? 豚足は大学時代の福岡で修行しラムはなぜかにおいが気にならず大好き、あとキャンティーも安心して飲めるので後は、財布が許せば参加したかった。

o-wo論争、酒のつまみにでもして遊んでみてください。
高校までそだった九州では普通にあった豚足ですが、愛媛に来てからは、めったに見かけず、注文しても私だけの状態です。手をべたべたにしてあのコラーゲンにかぶりつくのは、一種の快感だと思うのですけどhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63945534

この記事へのトラックバック一覧です: Cafe Cabaretで、豚足やラムを喰らう! :

« 2016 盛夏を楽しむ! | トップページ | 鮨 いの »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009