ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Coure クオーレ@八幡浜  | トップページ | L'API »

2016年7月28日 (木)

みなと@八幡浜 

ロンドン別館クオーレとハシゴしてきた一行は、八幡浜の〆はここということで、

1img_3631

「みなと」に突撃です run

店に入ってすぐのカウンターの向こうには、一見こわおもての大将。

地元のT先輩とはツーカーな感じで、奥へと通されます。

1img_3635

港町らしさも反映しながら、酒飲みの好物がバランスよく揃っています。

1img_3637

奥のテーブル席は、私たちが座ったときには空いていたのですが、すぐにJCの団体さんが入ってこられ、見る見るうちに席が埋まっていきます。

JCはよく知らない世界ですが、OBであるT先輩に全員がかわるがわる挨拶にこられ、各人と一言二言かわしながら後輩たちとの交流を深めています。

しばらくするとT先輩が店員さんにこそこそと耳打ち。かなりの本数の瓶ビールを後輩たちのテーブルに差し入れており、それが習慣とのこと。

1img_3646_2

八幡浜ちゃんぽん

魚介ベースで野菜の甘みがここちいいあっさりしたスープに、もっちりした麺。先輩は八幡浜でもここがかなりお気に入りとのこと。奥に見えるお好み焼きは、店員さん(二代目?)に焼くのをお任せして、食べるタイミングまで指示を待ちます。

1img_3657

しっかり混ざっている具と、はらりと離れる程度の粘りが食べやすく、具と出汁のうまみがつまった塊をはふはふ言いながら口に運び、とどめのビールで流し込みます。

八幡浜探訪、まだまだ奥が深そうなのです smile


« Coure クオーレ@八幡浜  | トップページ | L'API »

その他グルメ」カテゴリの記事

コメント

お茶漬けとぞうすいの店と思いきや随分のメニューですね。
まずは飲んで最後にお茶漬けかぞうすいで締めなさいというお店なのでしょうか?
港町八幡浜、なかなか懐が深そうです。

一昔前は、トロール船やみかんでにぎわった街なので、いまでもその名残があります。漁師気質で、宵越しの銭はもたない!感じが今でも残っており、人口の割には外食が多い印象ですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63873806

この記事へのトラックバック一覧です: みなと@八幡浜 :

« Coure クオーレ@八幡浜  | トップページ | L'API »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2