ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« コールドプレスジュース@Sunnymade | トップページ | BAR g バー・ジー  »

2016年7月19日 (火)

BOKKEの季節がやってきた@南堀端

南堀端のおしゃれオープンテラス、全国の地ビールが生で飲めるBOKKE

冬の間でも、元気な若者たちがテラス席で生を飲む姿をうらやましく眺めてきたのですが、おじさんたちもテラスで飲める、暑い季節の到来です beer

1img_3579

基本、国内のドラフトビールで、ちょくちょくメニューが変わっています。そのため、行くたびに新しい出会いがあり、飲んだことないものからチョイスします。

1img_3580

箕面ビール(大阪) スタウト 苦味 2/5

World Beer Awardで金賞を受賞した、コーヒーやビターチョコの香りと味わい。ギネス的な苦さですが、こくもあり好きなタイプの大人の味です。

1img_3583

鬼伝説ビール(北海道) 金鬼ペールエール 苦味3/5

柑橘系の香りと、苦味が味わえる二種のホップを使用。様々な種類の味蕾を刺激してくれるので、ぐびぐび飲まず、じっくり味わうことができます。

1img_3586

ポテトサラダ

なんとフォトジェニックな登場でしょう。半熟卵の黄身をまぶしながら、しっかり味のポテトをちびちびとつまみます。

1img_3590

大山Gビール(鳥取) ベルジャンIPA 苦味4/5

ぺルジャン酵母由来のスパイシーな味わいが特徴。若いときはよく子供たちをつれて大山や蒜山に遊びに行っていたので、懐かしさがよみがえります。

1img_3592

宮崎ひでじビール(宮崎) 日向夏ラガー 苦味1/5

日向夏のさっぱりした酸味が、暑い季節にぴったり。柑橘系で味に幅をつけているのですが、ジュースみたいにならず、あくまでもビールのわき役的バランスが嬉しいです。

1img_3596

鳥肉のサラダ(名前失念)

ソースはスパイシーでたっぷりかっているので少しずついただく感じ。大好きなパクチーが、これでもかと乗っているので、ゆっくり咀嚼しながらその香りを堪能。

そういえば、8月28日に今年も城山公園で松山BEERフェスタが予定されています。昨年は一角に陣取って飲んで昼寝して最高でした。最後はビールが売り切れるほどの大盛況だったのですが、今年は各店売り切れないように気合いを入れて臨むとの情報もあります。

行かなきゃなのです happy02

« コールドプレスジュース@Sunnymade | トップページ | BAR g バー・ジー  »

お酒を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

ぼっけーよりでーれーの方が馴染みが深い県北出身者です。
松山でもいろいろ楽しいイベントがありますね。
広島では9月にオクトーバーフェストが開催され、10月は酒まつりです。
酒まつりは全国の約1000の酒蔵の酒が飲めます。
一度いかがですか?

ビールの季節ですね~
ビアフェスタ行かねばです!!

先日の太田和彦のいい酒いい肴は見られましたか?
松山が舞台、道後温泉から始まって坊っちゃん列車も紹介されていました。
ことりのうどんを食べて夜はたにたでおこぜや鯛素麺、露口でハイボール。
露口だけは昔から前を通る事は何度も有りましたが未だ入った事が有りません。

でーれーは岡山弁だと思っていましたが、広島でもエリアによっては使われているのですね。
広島の酒祭り、行きたいものです。
龍勢、賀茂泉、竹鶴と愛飲しておりますbottle

Yes, we shall beer

太田さんの番組は見ていないのですよ。
道後が出たのであればぜひ見たかったです。
露口は顔見知りなので、松山にお越しの際はご案内します。お声をかけてくださいsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63814809

この記事へのトラックバック一覧です: BOKKEの季節がやってきた@南堀端:

« コールドプレスジュース@Sunnymade | トップページ | BAR g バー・ジー  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2