« St. Bar | トップページ | ラーメン亭@西条(イベント情報付き) »

2016年6月20日 (月)

甲 きのえ @西条 

丁寧な仕事というものは、舌を介して伝わるということを実感します。

今夜の鳥津会は、西条場所。メンバーが県内各地にいるので、地元の人が幹事担当なのですが、今回は塩ザキ酒店さんの順番。

Dsc_0116

彼のつてで、通常はやっていない「甲」さんの夜を貸し切りで、蕎麦フルコースと塩ザキ酒店プレゼンツ日本酒飲み放題という夢のような企画なのです。

Dsc_0124

幹事の塩ザキ君が丁寧に作ってくれたお品書きをみながら、わくわく happy02

Dsc_0122

三種盛り(そばみそ、カルパッチョ、板わさ)

病み上がりで、この日はノンアルだったのですが、これで日本酒が飲めればどれだけ決まるだろうと、一品目からもんどりうちます。

Dsc_0127

ソバゲッティ

地元の食材にこだわることと、柔軟な発想が甲さんの特徴。

手造りのトマトソースは素材の味を生かしたシンプルなもので、蕎麦出汁をかけることで和のテイストをかすかに残した、和洋折衷の名品。

大将の熱い思いは、HPに書いてあるのでぜひご覧ください。

Dsc_0129

だしまき

甘みはみりんからなのでしつこくなく、ジューシーな仕上がり。箸で切れ目を入れると断面から和ジュースがあふれ出し、口に入れるとうまみが唾液腺を刺激します。

Dsc_0132

甲の絹かわなす

これも地元の素材にこだわったもの。大振りの絹かわなすをいったん揚げて、出汁にしばらくつけることにより、内部まで味をしみこませています。厚い身が冷たく和らかくぼどけ、心地よい官能的なナスエキスと出汁が口いっぱいにひろがります。

舌で感じる美しさです。。。smile

Dsc_0137

塩ザキ商店のチョイス

後日お店で購入し、おいしさを再確認中。曜日によっては松山まで配達ありますよrvcar

Dsc_0125

お品書きの左半分には、塩ザキ君のユーモアと熱意が記されています。

Dsc_0133

そばいなり

初めていただきます。

稲荷の上品な甘みと大豆の香りが、優しい蕎麦の味わいを包んでいます。

Dsc_0140

天ぬき

天ぷらそばの、そば抜きの意味。

温かいつゆを吸収した衣の食感が、素材の味わいを高めます。時期の地元の海苔やそら豆の香りがふわっと立ち上り、気を失いそうになるくらい幸せな空間に吸い込まれていきます happy02

Dsc_0142

すだちの冷かけそば

最後は、あっさり出汁とすだちで、きりっと引き締まった蕎麦自体を正面から堪能。細くてこしがあり、かみしめるにつれて、大地からの恵みが吸収されていくのがわかります。

このフルコース、最高の最高です good

Dsc_0147

二次会は店をかたずけた大将とも合流。

大阪出身の彼が奥さんの里を訪れたとき、その沸きあふれ出す水に感激し、西条で蕎麦屋を出すと一念発起。小さいお子さんを抱えながら脱サラして修行に入り、十数年前にこの地に夢をかなえ、地元に人たちに助けられながら蕎麦を根付かせた話に、一同吸い込まれるように聞き入ります。

Dsc_0150

ノンアルコール自家製ジンジャーエール

話も盛り上がり、大将も鳥津会メンバーに入っていただけることになり、大歓迎。

食を通じて人の輪が広がり、いろんな刺激を受けるチャンスに恵まれた幸せをかみしめながら、水の都の夜は静かに更けていくのです moon3

« St. Bar | トップページ | ラーメン亭@西条(イベント情報付き) »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63725912

この記事へのトラックバック一覧です: 甲 きのえ @西条 :

« St. Bar | トップページ | ラーメン亭@西条(イベント情報付き) »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009