ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月27日 (月)

チキンジョージ

何十回と目の前を通ったことがあり、いろんな人においしいとの評判を伺ってたのですが、なかなかタイミングが合わずに未食でした。

今夜は、焼き鳥星人としては、外せない、

1img_3265

「チキンジョージ」に奥さんと向かいます run

1img_3266

まずは外の看板を眺め、定番に加え季節のものも敏感に取り入れているラインナップに、やはりこの店は只者でなないなと心が躍ります。

1img_3271

ロープウェー街という場所柄、観光客メインかと思いきや、サラリーマン風やカジュアルないでたちの地元の方や学生風のお客さんでほぼ満席、わいわい notes

お勧めの夏の純米酒をキューとあおって、胃袋に「今夜もいくぞ!」と気合を入れます。

1img_3272

水なす

生でありながらエグミもなく、味噌が素材のもつ甘みを引き出しています good

あったら必ず頼むのですが、なかなか出会えない一品。スーパーなんかでも見かけませんが、どこで手に入るのでしょう?

1img_3273

せせり

弾力のある歯ごたえと、透き通った味わいが、その新鮮さを物語っています。

奥さんと顔を見合わせながら、やはり評判通りいい店だねと目くばせ smile

1img_3275

つくね

外はかりっとしていますが、軽くかむだけでほどけるようなふんわりした食感。香ばしさと肉の存在感を口の中で攪拌しながら、夢中に食べすすめていきます。

ぼんじり

脂の多い部分ですがきっちりと焼しめてあり、余計なしつこさはない、小さいけどインパクトのある串に仕上がっています。奥歯でぐいぐいとかみしめて、鳥脂のうまみを純粋に楽しみます。

レバー

程よいサイズで、中は柔らかく仕上がっています。これも、いいです!

1img_3280

つなぎ

はつもととも呼ばれ、心臓と肝臓の周囲の部分。

お店で鶏肉の仕込みをしているからこそ出会える希少部位で、この日は運よく最後の一本が残っていました。

臓器をつなぐ部分なので、繊維質や脂や筋などが混在しており、味わいと食感にがバラエティーがあります。ピリッと味付けして、ぎゅんぎゅん噛みこんでエキスを抽出し、生ビールぐいぐいのリズムに乗るのです beer

1img_3284

しそ巻き

焼く前の三分の一くらいに濃縮されており、巻いてあるベーコンもうまし!

すなずり

シンプルなだけに素材のよさがわかる透き通った味。

ハツ

心臓自体は脂身の少ない赤身ですが、周りの脂が焼けてしみこむことで味わいをふかめています。

家の近くなら間違いなく通ってしまうくらい、大お気に入りになります。

まあ、歩けない距離でもないので、また行こうっと happy01

2016年6月23日 (木)

ラーメン亭@西条(イベント情報付き)

*今回紹介している、西条の塩ザキ商店POGO CURRYさんが、

6月26日(日曜日)1日限定で花園町にやってきます happy02 good

場所は松山楽器やcafe cabaretが入っているビルの4階。

詳細は、パンフレットをご覧くださいeye

Canvas

それでは、本編に入っていきましょう。

鳥津会で夜に伺い、感銘をうけた甲(きのえ)の話を家で繰り返ししていると、奥さんもぜひとも行きたいと、当然の流れになります。

混むとのうわさを聞いていたので、土曜11時前に松山を出発。11時半に着いたら、店の前の駐車場には一台しか止まっておらず、即入店。

土曜昼はそんなに込まないのかな?と入店すると満席。横のダイキに車を止めて行かれる方が多いようで、店内の椅子で待つことになります。タイミングよく第一陣が引けた感じになり、5分と待たずに席に座ることができます。

1img_3239

この時間にすでに一回転してるんだと感心しながら、味のよく染みたおでんをつまみます。鳥津会でお会いした時には、いずれは蕎麦屋で酒を飲むという文化も広がってほしいとおっしゃっていた店主の言葉を思い出す、あてになる味付けです。

1img_3244001

つけ麺 カレーそば 大盛

近所のPOGO CURRYのカレーを使った創造メニュー

正統派でありながらそれだけにとらわれず、西条のものにこだわったメニュー。肉のうまみが溶け出したコク深い香辛料のつけ汁と、それ負けないしっかりとした蕎麦のコンビネーション。あとは、その歯ごたえと香りに魅せられながら、一気にたぐりあげます。

さて、

1img_3249

鳥津会の一員でもある塩ザキ酒店に移動して、晩酌用の酒を物色。群馬の巌をチョイスして、小腹がすいているんだけどと、相談を持ち掛けます。

1img_32511

西条のソウルフードだと紹介されたのが、ラーメン亭

蕎麦のあとなのでラーメンはつらいかなと答えると、チャーハン(小)を食べてくださいとの指示です。お店にはいろんなルールがあり、一人だけ食べるのはNGだと思うとのアドバイスをいただき、突入です。

1img_3252

店内はほぼ男子。学生風からおじさんまで、整然と座って順番を待っています。壁には、中高生と思しき学生服の子供たちのスナップ写真がずらりと並んでおり、この店が長年にわたり、このエリアの腹ペコ学生たちのおなかを満たしてきた歴史が一目でわかります。

1img_3257

基本、ラーメン+チャーハンの組み合わせがデフォのようです。すべてのメニューに学割値段設定があるのも、素敵です。

1img_3256001

これが、噂のお店の決まり事。

決して押し付けた感じではなく、いかに無駄なくたくさんの人を回転させながら食べてもらうかということを目標にした感じ。店内では、大将がひたすら中華鍋を振りながらチャーハンを作っています。おばさんはちゃきちゃきと、お客さんの座るところを指示して注文を処理。娘さんと思しき若くて目のぱっちりした美人さんが、ラーメンやスープを作っており、完璧なカルテット。

3人に共通しているのは、忙しい中でも、常連さんにいつものね!とか、カウンターに食器を片付けると、ありがとうね!と、細かい心配りをされていることです。

1img_3258

さあ、チャーハン小の登場。

米は一つ一つが歯ごたえのあるアルデンテ風で、あっさりとした油をまとい、驚くほどパラパラしています。口に運ぶと、鼻腔に何とも言えない複雑なうまみが駆け抜けてきて、適度な歯ごたえで噛みめていく顎にも快感が広がります。

地元の人の心をつかんで離さないチャーハンとの出会いは衝撃的で、中華スープと交互に、瞬く間に胃袋に吸い込んでしまいます。

めちゃくちゃうまい!このチャーハン、魔法がかかっています shine

今回、実食に至らなかったPOGO CURRYの本店さんと、塩ザキ酒店さんからもう一つ薦めてもらった老舗のかつ丼を次への宿題として、魅力的な水の都西条を後にするのです。

 

2016年6月20日 (月)

甲 きのえ @西条 

丁寧な仕事というものは、舌を介して伝わるということを実感します。

今夜の鳥津会は、西条場所。メンバーが県内各地にいるので、地元の人が幹事担当なのですが、今回は塩ザキ酒店さんの順番。

Dsc_0116

彼のつてで、通常はやっていない「甲」さんの夜を貸し切りで、蕎麦フルコースと塩ザキ酒店プレゼンツ日本酒飲み放題という夢のような企画なのです。

Dsc_0124

幹事の塩ザキ君が丁寧に作ってくれたお品書きをみながら、わくわく happy02

Dsc_0122

三種盛り(そばみそ、カルパッチョ、板わさ)

病み上がりで、この日はノンアルだったのですが、これで日本酒が飲めればどれだけ決まるだろうと、一品目からもんどりうちます。

Dsc_0127

ソバゲッティ

地元の食材にこだわることと、柔軟な発想が甲さんの特徴。

手造りのトマトソースは素材の味を生かしたシンプルなもので、蕎麦出汁をかけることで和のテイストをかすかに残した、和洋折衷の名品。

大将の熱い思いは、HPに書いてあるのでぜひご覧ください。

Dsc_0129

だしまき

甘みはみりんからなのでしつこくなく、ジューシーな仕上がり。箸で切れ目を入れると断面から和ジュースがあふれ出し、口に入れるとうまみが唾液腺を刺激します。

Dsc_0132

甲の絹かわなす

これも地元の素材にこだわったもの。大振りの絹かわなすをいったん揚げて、出汁にしばらくつけることにより、内部まで味をしみこませています。厚い身が冷たく和らかくぼどけ、心地よい官能的なナスエキスと出汁が口いっぱいにひろがります。

舌で感じる美しさです。。。smile

Dsc_0137

塩ザキ商店のチョイス

後日お店で購入し、おいしさを再確認中。曜日によっては松山まで配達ありますよrvcar

Dsc_0125

お品書きの左半分には、塩ザキ君のユーモアと熱意が記されています。

Dsc_0133

そばいなり

初めていただきます。

稲荷の上品な甘みと大豆の香りが、優しい蕎麦の味わいを包んでいます。

Dsc_0140

天ぬき

天ぷらそばの、そば抜きの意味。

温かいつゆを吸収した衣の食感が、素材の味わいを高めます。時期の地元の海苔やそら豆の香りがふわっと立ち上り、気を失いそうになるくらい幸せな空間に吸い込まれていきます happy02

Dsc_0142

すだちの冷かけそば

最後は、あっさり出汁とすだちで、きりっと引き締まった蕎麦自体を正面から堪能。細くてこしがあり、かみしめるにつれて、大地からの恵みが吸収されていくのがわかります。

このフルコース、最高の最高です good

Dsc_0147

二次会は店をかたずけた大将とも合流。

大阪出身の彼が奥さんの里を訪れたとき、その沸きあふれ出す水に感激し、西条で蕎麦屋を出すと一念発起。小さいお子さんを抱えながら脱サラして修行に入り、十数年前にこの地に夢をかなえ、地元に人たちに助けられながら蕎麦を根付かせた話に、一同吸い込まれるように聞き入ります。

Dsc_0150

ノンアルコール自家製ジンジャーエール

話も盛り上がり、大将も鳥津会メンバーに入っていただけることになり、大歓迎。

食を通じて人の輪が広がり、いろんな刺激を受けるチャンスに恵まれた幸せをかみしめながら、水の都の夜は静かに更けていくのです moon3

2016年6月17日 (金)

St. Bar

最近、Barにはまっています bar

学生の頃は、プールバーというのが流行っており、バーボン片手にへたくそなビリヤードをしたりしていました。

社会人になってからは、カウンターに座りバーテンさんと話をしながら、カクテルやシングルモルトウイスキーを注文したりして、悦に入っていました。ベルモット少な目のドライマティーニとか、ジンの種類にこだわったりしたりしていましたが、なんとなくバブルの最後のほうの時代の華やかさがありましたね。

1img_3071

St. Bar

10年前は店内の二階にダーツのスペースがあったりして、中人数の飲み会の2次会で便利だったので、よく通っていました。その頃は、フレッシュフルーツを使ったカクテルが流行っており、御多分に漏れずソルティードックなどをよく頼んでいました。

奥さんとカウンターに座って、若いバーテンさんと話してみると、その頃のスタッフはどなたもおられないですとのこと。

この10年で、カクテルの世界も進化しており、フレッシュフルーツは今では常識で、近年では競うように新しい素材でのカクテルが登場しているとのことです。

1img_3051

この黒板に素材として上がっているのが、

苺、マンゴー、りんご、キウイ、トマト、バナナ、レモン、グレープフルーツ、

パイナポー(なぜ、パイナップルじゃないの?)、さつまいも、パプリカ、セロリ、

きゅうり(この辺からちょっと怪しい感じになってきました)、ごぼう、みょうが、

シナモン、ローズマリー、パクチー、バラ(もはや食べものではない)、

山椒、紫蘇(ついに、食材が登場)、と言ったラインナップ。

1img_3054

このお店のオリジナルカクテルもそろっています。

1img_3055

さて、

奥さんがお願いしたのは、この店のオリジナルから、

1img_3059

愛媛のフローズンモヒート

日本酒として地酒の梅錦をベースとしており、クラッシュアイスにはミントの葉が細かく細断されて入っています。ドライアイスでのスモークの演出で奥さんは大喜びです。

アルコール少な目でとの注文しています。いまでは普通になってきましたが、ノンアルコールビールの登場以降の、酒なのにアルコールなしでもOK的流れが、カクテル界にも当たり前のようにやってきています。シュガーフリーのコーラ、こんにゃくを使ったローカロリーのラーメンなどと同様に、どうしても首をかしげたくなるのですが、これも年を取ったということなのでしょう。

さてさて、

1img_3062

パクチーのカクテル

パクチーマニアの私が注文したのですが、まず無色透明なのにびっくり。

口に含むと生のパクチーより濃縮された例の香りが、キューンと攻め込んできます。ベースとなるジンに大量のパクチーを漬け込んだリキュールを作っておいて、それをトニックウォーターで割っているそうですが、そのおとなしそうな外観と、香りと味のギャップに、一発で魅了されてしまいます。

1img_3065

シナモンのアップルカクテル

ウォッカベースで、リクエストするとアルコール度数を抑えめに作っていただきます。りんごの酸味と、シナモンの甘い香りがいい感じで仕上がっています。

1img_3068

グレイハウンド

ウォッカとオレンジジュースのカクテル。大きめの氷と薄いグラスの口当たりの良さが、シンプルな味わいを演出してくれます。

飲み足りない時の最後の一軒に、Barっていいなあと改めて感じるのです。

2016年6月13日 (月)

Bourton@大洲 

店の前を通ることはあるけど、ちょうど食事のあとだったり、

なんとなく車の向き的に入りづらかったり、車まで停めたのに休みだったり。

こんな理由で実食できていないお店って、気が付けば何年もいけてなかったりします。

Img_3086

Bourton(ボートン)

大洲市内から堤防を越えてすぐ右。大体この方面に行っているときは、八幡浜に用事があることがおおく、まず素通り。

でも、一度は行ってみないと気が済まないタイプなので、天気のいい日に奥さんと突撃します rvcar

Img_3087

店に入って驚くのが、そのセンスのいい落ち着いた空間。

こぎれいな身なりの若奥様方でほぼ満席で、運よく空いていた奥の一席に通されます。いいお店を見つけるのにはそこそこ自信があるのですが、若奥様達の嗅覚と情報共有力のすごさに驚かされます。

Img_3089

メニューは、基本、ドリンクとケーキの喫茶店風ですが、ランチもあるようです restaurant

この日は食事を済ませた後だったので、ケーキをいただきましょう。

Img_3093

Bourton チーズケーキ

チーズの素材を正面から感じられ、コク深いのですがしつこくない仕上がり。

Img_3097

メイプルシロップとナッツのマフィン

まだ温かく、二つに割ってかぶりつくと、甘い香りがたまりません。アイスクリームと温度のコントラストも感じられます。

いちごミルクのクリーミーで果肉感の残る舌触りと交互に楽しみますsmile

すっかりこの店に魅せられ、間髪置かずランチにも突撃 rvcar

Img_3163

今週のお昼

野菜の豚肉ロール 塩こうじ、法れん草のオーブンオムレツ、キャロットラペ、れんこんのきんぴら、キャベツと油揚げのみそ汁、みかん寒天 delicious

一つ一つが丁寧に手造りされており、味付けも家庭的で食べ飽きないおいしさ。

Img_3165

窓からの景色ものんびりとしていて、いままで素通りしていたことを悔やみます。

やはり、気になった店には、次!と思わず突入するべきだと再実感するのですclover

2016年6月 9日 (木)

kitchen KATO in 晴れときどき 

日曜昼、どこでランチをしようか、フラフラ run

1img_3032

晴れときどき

市駅前のblue marbleがあった場所が、曜日代わりのシェアカフェになっています。

1img_3019

この日のお店は、kitchen KATO restaurant

1img_3020

曜日代わりで、喫茶店、レストラン、バーが、同じ日でも午前・午後に分かれてたりして担当しており、黒板に小学校の時間割のように記されています。

Img_3037

スープは玉ねぎとカリフラワー

空気がふんわりと入ったミルキーな舌触りの仕上がりに、ほっ delicious

1img_3035

サラダはその柔らかい野菜の食感から、素材の良さを感じます。ひとくちサイズのローストビーフを絡めながら、優しい酸味のドレッシングも楽しみます。

1img_3039

奥さんの注文した、伊予の芋豚肩ロースト

食べやすく切ってあり、ソテーしたキノコと、細かく切った野菜がマスタードソースで和えてあります。柔らかさと肉本来の旨味を引き出した火入れがいい感じdelicious

1img_3041

まん丸の焼きたてのパンも、外はカリッとして中はふっくらで、手で割ったときに立ち上る香りがたまりません。

1img_3044

私がお願いしたのは、煮込みハンバーグ グラタン風

キノコたっぷりのトマトソースは、スープ自体に深いコクがあり、溢れる肉汁とのビルチーズの旨味を引き立てています。ライスをお願いして、その旨味が溶け込んだスープと、肉と米が口の中で交わりながら広がっていく快感に包まれています。

全体的に、毎日食べても飽きない安心する味。

また、足を運びたくなる味に心が小躍りし、日曜午後の街歩きの楽しさが倍増するのです。

2016年6月 7日 (火)

北浜大島屋の鯵尽くし@八幡浜 

フグで有名な、八幡浜の北浜大島屋さんですが、

Dsc_0065

これから秋口までの、

Dsc_0062

アジ尽くしコースも、是非ともオススメ

本日は愛媛に里帰り中のご夫婦と友人ともに、突撃しています。

Dsc_0042

お皿の直径は20cmは超えていると思われますが、これで一人前

大将から『今日は、全部に白子がはいっとったけん、あんたら運がいいわ』と褒めていただきます。初体験のフグの白子は、あっさりしていているけど、透明感のあるコクがあります。

Dsc_0043

アジは、ミョウガなどの薬味を巻いて一緒にいただくために、斜め切りで大きく切ってあります。奥歯でも歯が跳ね返されるような弾力で、先ほどまで生きていた生命力を、こちらが咀嚼して吸収する感じ。かなりの量ですが、物が素直で新鮮なので、ペロリといけます。

Dsc_0047

こちらも、しっかりサイズのアジのフライ

大きくサクッとかぶりつけば、ふんわりとみずみずしい白い身が弾けます。真ん中に梅と大葉が挟み込まれていて、それをアクセントに、ふんわり、サクサクと食べ進め、こちらもペロリです delicious

Dsc_0049

里帰り中の奥さんが、是非東京からお連れになった旦那さんに食べさせたいと、コースとは別に、フグの唐揚げ。白子にこだわらなければ、こちらでは年中フグが食べられるとのことで、その細かい繊維質で淡白なのに深い味わいに、改めて感動。

Dsc_0051

新鮮なので、特に細工をしたわけでもなく、塩焼きにした味は口を大きく開いています。背骨に大きく箸を入れて、その身を皮ごと口に運ぶと、焼き独特の濃縮された旨味が弾けます。

Dsc_0056

最後は、アジ飯

話が鯛めしにも及び、愛媛には、これと同じ作り方の南予のひゅうが飯風鯛めしと、

中東予では、炊き込み御飯風のに種類があることを説明します。

南予にはサツマと呼ばれるまた違うタイプの冷たい魚系飯があることもお教えしたいのですが、それは次回としましょう。

Dsc_0058

出汁と生卵をまとった半透明なアジの身が、炊きたてのご飯の熱で少しだけ白くなりかかったところを、箸でかきこむのがオススメの食べ方。これだけ同じ素材で食べても、最後まで箸の勢いが止まらないのが、地付きの宇和海の鯵の底力なのでしょう。

よく、南予と東予の鯛めし、どっちが好き?なんて話がありますが、全く違うものなので、愚問。私はどっちも大好きです。他の例では、八幡浜と長崎のちゃんぽんも別物で、どっちが好きとかいう問題ではなく、どっちも好きなのです notes

さあ、並々ならぬ食べ物愛を語ったところで、今回のお話はおしまいなのです。

2016年6月 4日 (土)

拉麺 閏 うるう

crown 新店ラーメン店 速報 shine

市駅から花園町を堀之内にむかって千舟通りを渡って右手。

看板に導かれ二階に上がると、

Img_3345

拉麺 閏

Img_3346

新規オープンされてます fuji

Img_3347

メニューは潔く、ラーメン三種類 

Img_3350

醤油

醤油の香りが官能的に出迎えてくれ、ひと口すするとあっさりですが旨みの余韻を長く感じるスープ。コシのある縮れ麺にからめながら食べ進めると、麺を吸う勢いで舞い上がった香りが、さらに食欲を掻き立てます delicious

油膜の効果で最後まで熱いままで、汗がにじんできます。

Img_3351

味噌

味噌のコクがスープにさらなる旨みを加え、銀シャリが欲しくなります。チャーシューも肉感がしっかりとしていて、歯ごたえを楽しみながら旨みを圧出していきます。

Img_3355

徐々に、麺自体の持つ小麦のうまさが際立ってきます。

聞くところによると、旭川ラーメン青葉で修行された大将が満を持してのオープン。

笑顔のかわいらしい美人店員さんたちの掛け声に送りだされ、癒し~happy01

夕ご飯に「塩」食べにこようかなと思うくらいの大満足。私の松山ラーメンライフの先発ローテーション入り間違いなしのお店との出会いに感動し、小躍りしながら階段を降りるのです clover

2016年6月 2日 (木)

櫻櫻 さくらさくら 

丹原のpotageで、奥さんと一人前のランチを分けた後は、

せっかくここまできたのでと、以前からいろんなブログで紹介されており、

気になっていたお店へのはしごを企てます。

Img_3008

櫻櫻(櫻2)呼び名は、さくらさくら

場所がわかりにくいとは聞いていましたが、

カーナビがこの細い道の向こうのこんもりした木の向こうを指し示した時には、

折り返して帰ろうかと頭にいっしゅんよぎります。

Dsc_0013

そのこんもりした木々の向こうに、桜の木に囲まれた白い箱のような建物が見えてきます。

駐車場から、この道を上がっていくと、

Dsc_0004

美術館ような、センスのいい落ち着いた空間が現れ、玄関の待ちスペースで順番を待ちます

Dsc_0007

土曜日ですがそんなに混んでなかったので、10分ほどで席に通されます。

後で調べてみると、1−2時間待ちのこともあるらしく、予約がベター。

この日は、入店時にカレーは時間がかかりますと言われ、結局小一時間待ったので、何れにしてもゆったりとしたスケジュールでいくことをお勧めします。

Dsc_0019

私達が座った席は窓に面しており、目の前の庭では、小さい人形さんたちがジャズの演奏会をしています notes

なかなか遊び心のあるオーナーさんですね。

Dsc_0024

フォトジェニックな装飾品や食器ばかりで、にわかカメラマンの腕がなりますcamera

さあ、

Dsc_0027

カツカレー

このそびえるようなフォルム、たまりませんね

肉厚のカツと、マイルドなカレーです delicious

Dsc_0030

櫻クイーン

を〜、今度は羽が生えています。

サツマイモを薄切りにしてあげているようです。

Dsc_0035

トマト丸ごとのフライは初体験ですが、火が通って甘さが引き出されジューシーになった面白い食感 delicious

Dsc_0037_2

お店の裏には、小高い丘もあり、

桜の時期にここにきたら、どれだけ綺麗だろうと想像するだけでワクワクcherryblossom

続けて二店で、丹原の奥深さを体感するのです。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2