« おおたき  | トップページ | Love Crepe@西条  »

2016年4月22日 (金)

釜あげ専門店 優月 

時間はあるけど動けず、ブログを書くほどゆったりできない時は、

食べログなどで行ったことのないお店を探しています

その中でめぼしいお店があると、PCのメモに情報を貼り付け、

休みになると、その中からお店を選びそそくさと向かう瞬間が最高の時間です

Img_2629


釜あげ専門店 うどん優月

メモのリスト中でも食べログ上位に出てくる店で、

グーグルマップで場所を確認することから始めますが、

何十回と通ったことのある道にも関わらず、イメージがわきません

実際伺ってみると、こんなに国道に近いところにあったのかと驚きます

Img_2630


お店に入ってすぐにうどんを注文し、番号札をもらって席に着きます

定番のおでんは、味がしっかり染み込んでおり、箸でも柔らかく切れます

Img_2632


近所の常連さんぽい感じの老若男女で、回転よく回っています

Img_2633


私は釜バターを注文したので、食べ方の予習に余念がありません

Img_2634

まずは、奥さんの注文した かけ

いつものように、後から味見させてもらおうと思っていたのですが、

食べ終わって顔を上げたら完食しています

あまりの美味しさに、ペロリっと言っちゃったとの感想です 

まあ、私のも分けなかったのでおあいこですけどね

Img_2636

釜バター大

美味しいものを食べるためには素直に育っているので、

指南書通り、大根おろしと生姜は入れないで、まぜまぜ

Img_2639

だし醤油は少なめにかけて、もう一度まぜまぜすると、

湯気とともに、フワーと香りが舞い上がってきます。

たおやかでやや太めの麺をしっかり持ち上げ、一気にすすり上げます

釜あげなので麺はややとろみがあって、喉の奥に優しくソフトタッチ

歯ごたえはもっちりしていて、頬いっぱいで咀嚼します

夢中なので気がつけば半分を超えていますが、ここで指南2で黒胡椒

細かく引いてあるので、満遍なく混ざり風味がガラリと変わります

かけ、ぶっかけ、釜あげ、釜玉と他の種類も今すぐ食べたいのです

« おおたき  | トップページ | Love Crepe@西条  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

お料理レシピでもそうですが、まずはお店のお薦めに従って食べてみる、口に合わなければ軌道修正、それがいいですね。
こんにゃくのからしが辛そうです。
寮祭でおでんの店を出した時にからし味噌の配合に苦労したものです。
こちらのからしは簡単そうですね。
奥様はかけとはさすがいけちゃん同様なかなかの通ですね。

美味しそう〜、行きた〜い、と思いましたが、西条ですか。
県内フットワークは、重いんですぅ。
でも、覚えておきますわ。

ほて、うどんとバターの相性はええんじゃろか?

愛媛のおでんは味噌からしがメインですが、ここは普通の和がらしでした。大人になってからは、和がらしをしっかり効かせた方が、甘い味噌からしより合うような気がしますwink

県内フットワークがそこまで重いのは、他のフットワークが軽いのを知っているだけに驚きですhappy01
車で桜三里を超えたら、すぐですよrvcar

あら、1回辞められてたんだけど、再開したんですね!店名(旧うどん屋)も変えて。
小松のヤマサンセンターの西隣ですよね。

元々、壬生川あたりでうどん屋さんをやってて、こっちに出し直したって前に言ってました。

一回やめておられたのは知らんかった。
釜揚げだけに特化しているので、もっちりした感じが良かったですnotes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/63440166

この記事へのトラックバック一覧です: 釜あげ専門店 優月 :

« おおたき  | トップページ | Love Crepe@西条  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009