« 最近食べた麺! | トップページ | Roppongi »

2016年1月 1日 (金)

大人だけの砥部動物園 

fuji 2016年 申年新春 あけましておめでとうございます fuji

この1月で、ブログも丸々10年sign01を迎えることができました。

10年前に入っていたズボンは、一本も合わなくなり、

アジャスター付きの礼服さえも、買い替えを余儀なくされております。

無理せず、マイペースでのんびりやっていこうと思いますので、

ことしも、「いけちゃんブログ」を、よろしくお願い申し上げます

(毎月第三日曜朝10時、南海放送ラジオ生放送notesも聞いてくださいね)

1img_1073

さて、

子供の手が離れてから、

週末は、たいてい奥さんといろんなところに出かけています rvcar

1img_1068

連れてきたことがなかったので、砥部の「ぎやてい」へ 

役場の横にある小さいショッピングモールの中にあり、

食券を購入し、席についてしばらくすると番号を呼ばれます。

温かいかけのは、透き通ったすっきりした出汁と、

もっちりとやや太めの優しいけど適度の腰がある麺のハーモニー delicious

大好きなうどん屋さんの一つです。

さて、

子供が小さいころは頻繁に足を運んでいた砥部動物園ですが、

せっかくだから二人だけでいってみようってことに。

1img_1071

冬に移行している時期なので、空いているかとたかをくくっていたら、

いつものように第一駐車場は満車で、第二駐車場からバスに乗り込みます。

バスの中は飛び跳ねるように喜んでいる子供たちの家族連れと、カップルがメイン。

油断していると、次来るときは孫と一緒かもと、ドキッとしますが、

よく見てみると、私たちくらいの年齢だけの方や、同性友人など、

多様な組み合わせの人たちが乗り合わせています clover

バスを降りたら、子供が走り出すわけでもないので、

ゆっくりと立て看板や、例の動物の足跡を眺めながら入園。

1img_1073

アシカゾーンで、餌をねだって柵まで飛び上がってくるのに驚いたり、

前日に誕生日を迎えた、シロクマピースに挨拶したり、

サル山で、かわいい赤ちゃんサルや、寄り添う家族をみたり。

テナガザルの「コココココーーbell」という独特の鳴き声など、

今までと違うペースで、のんびり楽しみます eye

チンパンジーのコーナーは、大きな檻が増設されてひろくなっていたり、

マントヒヒの檻前には、物語風に詳しいヒヒの生態の解説が貼ってあり、

柵越しにお尻を真っかにしながら威嚇しあっています。

1img_1078

アフリカゾウのコーナーでは、アフちゃん、リカちゃんたちを育てた、

キーパーの椎名さんが、草むしり中。

1img_1085 

ちょうどマストと呼ばれる、雄の発情のような状態で、

とても興奮していることを説明していただきます。

耳の横の側頭腺から、液がだらだらと流れ出ているのが見えますか?

頻繁に尿失禁をして、おちんちんの皮が白くなっています。

そのあとは、

キリンや、サイ、カバなども、よく見るととても変わった形で、

そのサイズ感たるや、日常の普段の生活とはかけ離れたスケール。

ライオンはオス1頭にメス3頭のハーレム状態ですが、どう見ても年寄り。

「じいちゃんになってのハーレムじゃあ、しょうがないね」 happy01 なんて、 

勝手な想像を巡らせながら、ゆったり一周。

大人だけの動物園、けっこう楽しいのです penguin

« 最近食べた麺! | トップページ | Roppongi »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。香川県は、個人が経営している動物園しかなくて、砥部動物園か、とくしま動物園、のいち動物園に行くしかないんですが、砥部と、とくしまは二回位は行きました。のいちは行った事がないです。(子供は遠足で行ってます)
砥部はリニューアルしてから行ってないので、機会があれば行きたいと思っています。
ライオンバスは初めて見ました。迫力ありますね。
ところで、話がそれますが、いっしゅうさんが、どういう人なのか知りません。愛媛の方なのですか?香川県では『私がグルメブロガーだ!』とか、あんまり自分から言う人がいないので解りません。
讃岐うどんを有名にするきっかけを作った、今は無くなった『タウン情報かがわ』を作ってきた田尾和俊さんぐらいです、知っているのは。

明けましておめでとうございますsun
ご夫婦2人でのデート(*≧m≦*)イイですね!
今年もお体にご自愛いただきながら、美味しい話を楽しみにしています^^

あけましておめでとうございます happy01
リニューアルした砥部動物園、大人でも十分楽しめますので、いちど足を運んでみてください。
いっしゅうさんは、私の個人的なうどん食べ歩きの師匠です。高速道路がなかったころから、愛媛から讃岐にうどんや巡りをされており、偶然お知り合いになり、うどんツアーに連れて行ってくださります。ブログをされているわけでもなく、有名人でもなく、普通のうどん好きの方ですが、その引き出しの多さに感動して、勝手に師匠と呼んでおります wink

明けましておめでとうございます happy01
ブログを始めた時期は、らっきい♪さんが少し早かった記憶があります。ネット上の会話だけですが、10年近くになると思えば、あっという間ですね。
らっきい♪さんもご自愛いただき、お時間のある時は、例の可愛いイラスト付き日記を楽しみにしておりますdelicious
今年もよろしくお願い申し上げます clover

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/62874860

この記事へのトラックバック一覧です: 大人だけの砥部動物園 :

« 最近食べた麺! | トップページ | Roppongi »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009