ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« おたやん  | トップページ | PIZZERIA BAR NAPOLI »

2015年12月18日 (金)

黒船 

二年ぶりにスマホを買い替え、初のiPhoneにしたのが関係あるのか、

その音声入力の速さと正確さ、写真の鮮明さに驚かされます eye sweat01

今までブログの記事は、

・ あとで、写真を見ながら思い出して書く

・ コースのようにメニューの多いものは、手書きのメモを取り、後で起こす

・ うどんツアーのように忙しいときは、ボイスレコーダーにふきこむ

・ ラーメン屋のように一品か二品の場合は、

  待ち時間にメールにして自分に送り、あとでそれをコピペする。

のような、TPOに合わせた方法で書いてきました。

さて、

今回は、入力を音声のみkaraokeにして、店を出て歩きながら、

忘れないうちに吹き込む新しい方法にトライしてみましたmobilephone

それに伴い、写真はすべてiPhone6s plusをpicasaで加工しています。

さて、

1img_0807

三番町に本格的な蕎麦のお店ができたと聞いて、「黒船」に襲来。

(これから以下の文章が、音声入力部分。

明らかな誤字は直していますが、あえて文字に色を付けていません)

1img_0811

三種類とも注文

我々が最初の2つを食べ終わってから茹で始めてくれる気配りもあり、感じがよかったです。

注文を受けて麺をところてん機械で押し出し

ごまだれだけ 中盛りにしました

1img_0813

豚は豚肉の炒めたような奴が麺の上に乗っかっててつけだれは冷た

豚肉は軽く揚げた感じでした

1img_0814


鶏の麺は上と同じ、と一緒ですが 出汁のほうに鶏肉が入っていて

量もしっかり入っていて どちらもだしは辛い味でしたけど、

豚と鶏で味を変えているそうです

1img_0816

 
ごまだれは並盛と中盛りが同じ値段というサービスを生かして 中盛り

1img_0820

ごまだれは細麺で濃厚なタレで面の絡みも良く

3品とも共通して言える事はラー油 唐辛子系が入っていて辛いと言うことです。

前の2品は出しにそのままそば湯を入れて飲む従来の方法ですが、

ゴマだれだけは別に出汁がついてきてそれにそれを薄めて飲む感じです。

1img_0821

昼の麺は5割5割ですが夜は10割そばを出しており

贅沢のつまみでぜいたくなお酒を飲むと言うコンセプトだそうです

非常にキビキビとしていてイケメンの大将と女性と男性の店員さんが1人ずついて

キチキチと店が回ってる感じで好印象でした


SNSに載せていいかブログに載せていいかを聴いたら、

どんどん載せてくださいとの事でした。

*以上、音声入力より。

改行やスペースがすくないので読みにくいかもしれませんが、

今回は試験的に、入力した文章をできるだけそのまま使用しています。

口述なので、丁寧語になっているのが新たな発見で、

少し文章が硬いですね。

さてさて、

このお店、

昼は値段を抑えて、気軽に蕎麦をおなか一杯食べさせてくれ、

夜は贅沢に、十割蕎麦と日本酒で楽しんでもらおうというコンセプトが

はっきりしていて、ぜひとも夜に出かけてみたくなるのです smile

« おたやん  | トップページ | PIZZERIA BAR NAPOLI »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

スマホの機能はどんどん新しく素晴らしいものになっているのですね。
いまだにガラ携の自分には縁が有りませんが、最新機能を使いこなすいけちゃんさすがですね。
広島には高橋名人と言うそば打ち名人が居られましたが大分に引っ越して行かれました。
弟子の一人がみやじま達磨というお店を出されました、こちらも美味しいですよ。

その髙橋名人のところに通い修行をして、認めてもらい伊予市に「伊予翁」という名前で開業した蕎麦屋があります。
私は髙橋名人の蕎麦はいただいたことはないのですが、伊予翁の蕎麦がおいしいので、いつかは食べてみたいと思っております happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/62689351

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船 :

« おたやん  | トップページ | PIZZERIA BAR NAPOLI »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008