« 黒帯  | トップページ | いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 蕎麦も  »

2015年11月16日 (月)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 剛麺編

今回の「いしゅうさんの讃岐うどんツアー」は、

私たちが知らない店を中心とした構成なので、いつも以上にワクワク happy01

甘南備号に乗り合わせて、6時半に松山インターといつもより遅めの出発です rvcar

まずは、

1img_0637_2

香川県箕浦駅近くの、「西端手打 上戸」

看板には大きく「休日 毎週日曜日」と書いてありますが、

扉の張り紙には「休日木曜日」とあります。

そのうえ、残念ながら本日は日曜だけど臨時休業 crying

実は、お店のtwitterにはその情報が載っていたので、

次回は事前チェックして必ずやとリベンジを心に誓います。

剛麺で有名な上に、

この場所で食べログ4.00で、全国ベスト500以内って、かなり気になります。

さて、

この程度のことではびくともしない、いっしゅうさんのうどんコンピューター。

1img_0643

「その道を、こういって、そこ曲がってupと、

地元の人かと思うくらいの的確な指示で、「大西麺業」に到着。

外からでは全く分からない民家 doorに、突撃。

1img_0646

こちらは、麺しかなく一袋68円eye

1img_0648

「4時くらいなら、湯がきたてがあるけん、もっと早くおいでや」と、

袋の中から麺を取り出し、いっしゅうさん持参のどんぶりに入れてくれます。

1img_0651

こちらのセイロの山は、近所の学校のバトミントン大会でのの昼食用

ゆうに300玉はあると思われ、

これを大会の昼休みに、みんなですする姿を想像するだけで、

讃岐のうどん文化の奥深さに驚きです eye sweat01

1img_0656

いっしゅうさん持参のショウガとしょうゆをかけていただこうとすると、

「ねぎはあるけん、もってきてあげるよ」と、お店のおばさん。

1img_0657

太めの剛麺で、大きく咀嚼しながら小麦粉の香りと歯ごたえを楽しみます。

「松山から来られたの?ように宣伝しておいてね。

こないだ、道後温泉に行ったけど、いいところやね~」
と、

サービス精神旺盛なおばさんに、お土産のミカンまでいただきます。

1img_0661

「うどん 福真」

1img_0665

すでに地元の人が店内に並んでいます。

1img_0670

かけ小 200円 

麺のもっちり感と、昆布だしの上品な香りがたまりません spa catface

「かけ」は、茹でた麺をいったん水洗い締めてから温めなおし、温かいだしをかけたもの。

「冷かけ」は、同じ麺に冷たいだしをかけたもので、麺の硬さが強調されます。

「釜かけ」は、茹でた麺をしめずに、そのまま温かいだしをかけたもので、

釜揚げ麺のもっちりした食感と香りも楽しめます。

これら三種類の方法を各人で頼んで、それぞれの違いを楽しみます

さあ、後半に向けて胃袋のエンジンがかかってきたようですね fuji
 

« 黒帯  | トップページ | いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 蕎麦も  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

上戸さんは、昔、観音寺市のケーキ店の近くに支店を出してたんですが、半年たたずに閉店していました。辞めた理由は知りませんが残念でした。
支店の方が近かったので、時々、利用しようと思っていたのですが…。
大西製麺は知りませんでした。大野原町でも、街中から外れてますよね。
三豊市 豊中町の福真は二回ほど行きました。昼間は混むので、なかなか行けません。

大西製麺と書いてしまいました、ごめんなさい。大西麺業でした。すみませんでした。

さすが地元のコアな情報ありがとうございます。
うどんを食べにいくときは、いっしゅうさんにお任せです。
高速やうどんブームの前から、下道を通って讃岐を食べ歩ていたつわもので、毎回そのレパートリーの広さと深さに感銘を受けていますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/62600112

この記事へのトラックバック一覧です: いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 剛麺編:

« 黒帯  | トップページ | いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 蕎麦も  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009