ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

AJI10@大洲 台湾ませそば

つけ麺香味鶏ラーメンなどの、安定のクリーンナップの上に、

次々と異色の代打を期間限定でぶち込んでくる AJI10(アジト) fuji

1img_0851

今回の期間限定は「台湾まぜそば 800円

1img_0853

黄身をトッピングした台湾肉みそが、

玉ねぎ、ねぎ、めんま、海苔、魚粉にきれいに囲まれています。

あまりの美しさにしばしのためらいがありますが、

食欲には勝てず、どんぶりの底から一気にかき混ぜます sign03

1img_0858

これくらい均等に混ざったら、多めに箸で持ち上げて、一気にすすりこみspa

ややねじれた太麺に、こってりとした出しと魚粉が絡みつき、

油と相まった香りが一気に立ち込めます catface note

食べ応えのある麺を、ワシワシと口いっぱいに頬張って咀嚼していると、

肉みそのうまみと、辛さがジワリと沸き上がり、鼻頭に汗が浮かびます。

玉ねぎの辛さとシャキシャキ感がアクセントになり、夢中で制覇。

さて、

かなりのボリュームなので、「〆のちょい飯」はどうしようかなと悩んでいると、

1img_0861

自動的にちょい飯がお椀に入って登場 eye

セットなので、お願いしなくてもやってきたので、反射的にどんぶりに投入。

味付けもしっかりしたうま味ソースがの残っているわけですから、

米粒に絡めながら、あっという間に平らげます。

このジャンクな感じと満腹感、癖になるのです penguin clover

2015年11月27日 (金)

Bistro Famille  

宝くじ売り場として有名な竹村商店から、ふと顔を上げると eye

Dscn8932

ビルの三階に楽しそうなお店 「bistro Famille」を発見 eye

階段をこつこつとあがって、さっそく突入です run

Dscn8935

お昼のランチメニューから、PastaCurryをお願いして、

Dscn8936

次回夜に向けてのワインメニューを拝見したりしています。

窓側の席からの眺めは、

Dscn8953

こんな感じで、休日の昼間に人の流れを眺めるの楽しい delicious

さて、

ランチメニューのPasta 1,300円

白みそのドレッシングサラダ

エビイモでとろみをつけたカボチャスープに続いて、

Dscn8950

B.空芯菜のトマトソース をチョイス paper

ツルツルの麺はアルデンテ仕上げで、ねっとりとした空芯菜と、

ピリ辛のトマトソースが、よく絡んでいます。

Dscn8940

フォカッチャ外はパリッと、中はしっとりにトーストしてあり、

オリーブオイルでコクと香りが倍増 smile

ランチメニューのCurryも、サラダに続き登場。

Dscn8943  

チキンカレーは、柔らかな辛みとほのかな甘み wink good

Dscn8952

ランチにはどちらもデザートとドリンクがついていて、

お話がつきない女子会ランチにも、うれしい構成。

店内もシンプルかつ清潔で、素敵な休日ランチなのです smile

2015年11月24日 (火)

下の町 ハシエンダ 

「DA QUI」をすっかり満喫した一行が向かったのは、宇和の住宅街run

Dsc_0186

まさに民家を改造した、下の町ハシエンダに向かいます。

Dsc_0193

普通の家の外見ですが、

一歩中に入ると、木目調で統一されたシックな落ち着いた空間 shine

Dsc_0192

一つ一つの調度品にも、センスを感じます。

Dsc_0198

オーナーが以前、大洲での花園会に参加されたご縁もあり、

持込みさせていただいたお酒で乾杯wine

Dsc_0203

口直しのスターターは、目にも鮮やかなフルーツサラダ happy02 note

Dsc_0213

おまかせで次々と、

Dsc_0220

おつまみのレベルをはるかに超えた料理が運ばれてきます。

初めて来たのに居心地がよすぎて、どんどんと会話がもりがってきます。

出てきた料理を、各人がスマホで撮ってcamerafacebookでシェアしmobilephone

誰の写真が一番かを競うゲームが始まります delicious

皆さんが意見が一致したのは、「愛媛のみかん」さんが上手ってこと。

フードブロガーたちとの飲み会は、いつも楽しいものなのです wink club

2015年11月22日 (日)

Materiale DA QUI @宇和

今回の大洲花園会は、宇和町までお出かけ rvcar

Dsc_0135

街中にあるイタリアン「Materiale DA QUI」 shine

フルコースでお願いしています(全品はhideさんのblogをご覧ください)

シンプルな店内と、美男美女の若夫婦に出迎えられ、テンションあがりますup

Dsc_0147

生ハムの盛り合わせ

切りたてでウエット感の保たれた燻製香と、イチジクのアクセント shine

イタリアの揚げピザ・ゼッポローニを挟んで、

Dsc_0150

海のもののマリネ

タコ、イカ、ブロック状のサーモンが、新鮮なバジルと塩でまとまっています。

葉野菜にレンズマメをのせたサラダですっきり happy01

Dsc_0152

ぼちぼち、ビールからワインに移りましょう wine

Dsc_0155

ラベルが滑稽な、スッキリ系の赤ワインをいただきます。

Dsc_0159

牛ハラミのオリエンタルソース

柔らかくて滋味深い肉汁を含んだハラミと、

金糸ウリのシャキッとした瑞々しい食感のハーモニー notes

Dsc_0161

パリパリ生地で、チーズとトマトたっぷりピザ happy02 good

Dsc_0170

ひき肉と冬瓜のトレネッテ

中太平の卵麺に、ソースがしっかり絡まりウマウマ delicious note

そして、

Dsc_0180

一同が歓声とともにお迎え crown したのは、

大きな木の皿に山盛りで登場した高原ポークの肩ロース

香草やマスタードのソースでいただきます。

肉のうまみが閉じ込められているしっとりとした仕上がりに、

思わず我先にと手が伸びてしまいます  smile

Dsc_0185

最後は

ティラミスと、パンナコッタのヨーグルトソース

トータルで、IMPECCABLE clover

hideさん、いつも名幹事ありがとう。

さてさて、

宇和の夜は、これでは終わらないのです catface

2015年11月21日 (土)

速報!すごいもの博2015@城山公園

さあ、みなさん happy02

年に2日の、食と文化の祭典

Sdim2374

「愛媛 すごいもの博2015」が、堀之内公園で、はじまりましたよ clover

Asdim2376

初日土曜日昼前なのに、晴天も手伝ってすでにこの人出 run

いつもは開場の西側から攻めるのですが、

今回は東から一つ一つのテントをゆっくり見て回りましょう eye

Asdim2379

大洲の氷番長は、「みかん大福」をひっさげての出展。

友人なので立ち話をしてると、「この陽気なら氷でもありかな?」

Asdim2381

毎年鉄板で買うのは、瀬戸内海の島々のおばちゃんたちがその場で炊き立ての、たい飯、たこ飯、さざえ飯 

磯の香りが米にしみこんで、これうまいんよね~~ happy02

Asdim2383

行列の先端を覗きに行くと、焼き牡蠣ぶり丼の竜宮城から配達系 happy01

なんといっても、今年の目玉は、友好関係にある台湾のブース 

Asdim2388

このエリアにいくと、独特の漢方薬のような、香ばしさが立ち込めていますspa

Asdim2389

「茶タマゴも、100円よ、買って~notes

Asdim2391

まだ見学途中ですが、台湾ビールといっしょにフライング fuji


ビーフンは、直前に肉みそみたいなアツアツスープをかけてくれ、麺が細いのであっさりしていて食べやすい。

茶たまごをおかずに、ナッツと一緒に蒸したご飯をぱくり。


これ、まじでたまらん、最高 note

さあ、一旦帰って、昼寝して、夕方またこようっと
(21日土曜は16時半まで) pig

明日、日曜日もやっていますよ~~
(22日日曜日は、15時半まで) sun

2015年11月20日 (金)

Falco d'oro 限定ランチラーメン

秋風に誘われて、あてもなくランチを探して街をぶらり notes

1img_0602

いちどは素通りしそうになったのですが、看板に目を奪われ足が止まります。

1img_0604

イタリアンFalco d'oroさん

限定onezero食のランチメニュー

それも、煮干しょうゆらーめん eye

これだけのキャッチーなワードが飛び込んでくれば、突撃しかありません run

1img_0605

なぜ、イタリアンシェフがラーメンを作っているのか?

いったいどういう素材にこだわっているかなどの詳細は、上記をお読みください。

1img_0606

待ち時間にお話を伺うと、

夜は、現在は予約のみでやられているとのこと。

どうしても同じ味を毎日出すことが難しいらしく、、

ラーメン屋さんは毎日すごいと思いますと、フレンドリーな若いシェフですwink

1img_0607

濃厚な口当たりですが、しつこくない切れのいいスープで、

しばらくすると、心地よい煮干の香りがふんわりhappy02 spa

1img_0610

イタリアンの手法で作られたとの麺も、つるりとした食感と

もっちりとしたはごたえで、スープとの絡みも抜群

低温で調理されたあっさりした胸肉と、

脂身の甘さをあぶることで際立たせたイベリコチャーシューと、

食べ応えのある肉を、交互にいただきます delicious

これ、もしかしたらフルボディーのワインwineとも合うかも?

体との相性のいい自然体のおいしさが印象的で、

心地よい残り香に包まれながら、笑顔のお見送り wink

このシェフが作る夜のコースも、いただいてみたくなるのです。

2015年11月18日 (水)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 蕎麦も 

さあ、いっしゅさんの讃岐うどんツアーの後半は、

あまりにも定番すぎて、最近足が遠のいていた、

1img_0674

「須崎」

開店直後だったので、上記程度の行列ですが、

見る見るうちに行列も長くなります。 

1img_0678

料金はお椀を返す時に払うシステムになっていたり、

店の前の駐車場が以前より整地されていたり、

長椅子が並んでいて、そこで座って食べれるようになっていたり、

目の前の建物にも須崎の張り紙がしてあったりと、

マイナーチェンジしています。

1img_0682

そうそう、

以前は生卵しかなかったと思いますが、

1img_0684

今回は、温泉卵が選べるようになっていて、

個人的には麺が冷え切らないので、こちらのほうが好み。

ふっといもちもち麺は相変わらずで、やっぱりここはうまい delicious shine

さて、

本日の讃岐うどん巡りは軽めの3軒で、車は東温市まで引き返します。

1img_0689

「そばのもん」

さくらの湯方面の丘を上がっていくと、ぽつりと現れてきます。

すっきりとおちついた店内で、とても静かで落ち着く空間 happy01 

1img_0690

辛味大根せいろをお願いします。

1img_0697001

群馬産の粉で、すきっとした仕上がり

辛味大根と、だしの深いたれの刺激が、奥の甘みを引き出します delicious

1img_0700

追加で、日替わりに提供される麺をお願いします。

本日は秋田産の粉で、挽きぐるみなのか粒の感じと香りが印象的 smile

車で気楽に行けるエリアに、こんな本格的な蕎麦屋さんができて、うれしい限り。

温泉に入り、そばをたぐり、帰りはどぶろくを買ってかえるなんてコースは、いかがでしょうか?

2015年11月16日 (月)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー 2015秋 剛麺編

今回の「いしゅうさんの讃岐うどんツアー」は、

私たちが知らない店を中心とした構成なので、いつも以上にワクワク happy01

甘南備号に乗り合わせて、6時半に松山インターといつもより遅めの出発です rvcar

まずは、

1img_0637_2

香川県箕浦駅近くの、「西端手打 上戸」

看板には大きく「休日 毎週日曜日」と書いてありますが、

扉の張り紙には「休日木曜日」とあります。

そのうえ、残念ながら本日は日曜だけど臨時休業 crying

実は、お店のtwitterにはその情報が載っていたので、

次回は事前チェックして必ずやとリベンジを心に誓います。

剛麺で有名な上に、

この場所で食べログ4.00で、全国ベスト500以内って、かなり気になります。

さて、

この程度のことではびくともしない、いっしゅうさんのうどんコンピューター。

1img_0643

「その道を、こういって、そこ曲がってupと、

地元の人かと思うくらいの的確な指示で、「大西麺業」に到着。

外からでは全く分からない民家 doorに、突撃。

1img_0646

こちらは、麺しかなく一袋68円eye

1img_0648

「4時くらいなら、湯がきたてがあるけん、もっと早くおいでや」と、

袋の中から麺を取り出し、いっしゅうさん持参のどんぶりに入れてくれます。

1img_0651

こちらのセイロの山は、近所の学校のバトミントン大会でのの昼食用

ゆうに300玉はあると思われ、

これを大会の昼休みに、みんなですする姿を想像するだけで、

讃岐のうどん文化の奥深さに驚きです eye sweat01

1img_0656

いっしゅうさん持参のショウガとしょうゆをかけていただこうとすると、

「ねぎはあるけん、もってきてあげるよ」と、お店のおばさん。

1img_0657

太めの剛麺で、大きく咀嚼しながら小麦粉の香りと歯ごたえを楽しみます。

「松山から来られたの?ように宣伝しておいてね。

こないだ、道後温泉に行ったけど、いいところやね~」
と、

サービス精神旺盛なおばさんに、お土産のミカンまでいただきます。

1img_0661

「うどん 福真」

1img_0665

すでに地元の人が店内に並んでいます。

1img_0670

かけ小 200円 

麺のもっちり感と、昆布だしの上品な香りがたまりません spa catface

「かけ」は、茹でた麺をいったん水洗い締めてから温めなおし、温かいだしをかけたもの。

「冷かけ」は、同じ麺に冷たいだしをかけたもので、麺の硬さが強調されます。

「釜かけ」は、茹でた麺をしめずに、そのまま温かいだしをかけたもので、

釜揚げ麺のもっちりした食感と香りも楽しめます。

これら三種類の方法を各人で頼んで、それぞれの違いを楽しみます

さあ、後半に向けて胃袋のエンジンがかかってきたようですね fuji
 

2015年11月13日 (金)

黒帯 

本町五丁目に、横浜家系ラーメンのお店が登場 noodle

Dscn8884

「黒帯」

開店直後に突入ですが、すでに店内は満席 full

右手に調理場とカウンター席がずらりで、奥にはテーブル席もあります。

Dscn8887

テーブル席に待っていると、目の前には店長お勧めの食べ方などが紹介。

途中で、ゴマ、すりおろしニンニク、ブラックペッパーなどを

段階的にたしながら、味を変えていく方法や、

半ライスを注文して、ラーメンの海苔で巻いて食べる方法などが紹介されています。

Dscn8891

えび塩ラーメン 800円

鶏と豚をじっくり煮込んだこってり系のスープですが、

エビの香りが幅を広げて、やめられないとまらないゾーンに突入

Dscn8895

ボリュームのあるもっちり中太麺が、がっつりとそのスープを絡めています delicious

Dscn8897

つけ麺 800円

濃厚なスープをくぐらせ、麺自体のうまみを正面から堪能 smile

手作りのオリジナリティーがいい感じの魅力。

一目ぼれしてしまうのです note


2015年11月 9日 (月)

愛媛バル Anonimo

今夜は少し早い時間に、一杯やりたいねと街に来ています happy01

いつもは行き先を決めて予約して出るのですが、

時候もよくなったので、歩きながら足の向くままふらふら run

Dscn8900

「Anomino」

大街道のマツモトキヨシの前の道を東にワンブロック。

比較的暗いエリアの角で、ひときわ明るい光を放っている、

スペイン風バルのおしゃれ空間です
 shine

Dscn8901_2

カウンターと、カジュアルなテーブル数個のこじんまりとした造り。

店の方との距離感もちょうどよく、初めてなのに落ち着きます delicious

ここでは軽くやりたいので、

Dscn8908

Tapas(小皿料理 400円)より、

焼き茄子のマリネ 

柔らかい口あたりと程よい酸味で、アンチョビの塩気がいいかんじ delicious

ポテサラ 

自家製ベーコン入りのしっかりした味付けと、黒コショウのアクセント smile

合わせるのは、

Dscn8912

グラスワイン


赤 ビリャカンパ デル マルケス 750円

テンプラニーリョというイタリアの黒ブドウ品種で、心地よい香りが印象的spa

白 テンペスタード ゴデーリョ 750円

ゴデーリョというブドウ品種で、すっきりした味わいと後口です。

Dscn8918

生ハム

西洋のまな板の上に、ぎっしり敷かれた状態で登場 happy02  

フレッシュな食感と、切りたてのセクシーなかおりがかなりいいです good

Dscn8929

イカ墨のパエリア 1P 1500円

鉄鍋の端っこの部分はカリカリの食感で、香ばしさも倍増。

フォークで少しずつすくいながら、日本人遺伝子もゆさぶるうまみ wink

24時以降も入店可能で、いろんな用途でふらっと立ち寄る予感なのです

2015年11月 4日 (水)

炭火焼鳥 吉平(きっぺい)

花園町に、夜遅くまでやっている焼き鳥屋さんが登場 chick

Img_0144

「炭火焼鳥 吉平」は、源氏車の横。

東石井に同名のお店があるので、支店なのでしょうか。

入店すると、左に焼き場とカウンター、右に立ち席。

奥にテーブル席があり、外観より広い印象です。

Img_0151

とり皮ぽん酢 300円

皮に脂が付いているので、カリカリというよりムニムニ。

その脂の部分が、しつこくなくてうまみ成分増幅 delicious

うずら玉子 120円

子供の頃、中華丼に入っているのを見つけた時の喜びを思い出します。

大人になったので、贅沢に三つも並べて食べることができます。

ボコッと割れて、ふんわり美味しい happy02

Img_0157

せせり 120円

しっかりとした肉厚でありながら、やわらか。

素材の良さを、甘みを抑えたあっさりとしたタレで味わいます。

とりハラミ 130円

脂身が堂々の存在感で、これもたまらんです bleah good

Img_0168

ハツ 120円

内臓系の処理もしっかりしてあり、瑞々しさを保りながら、

ほっくりと焼きあがっています。

かみしめると、鳥赤身のうまみがジュワっと飛び出してきますsweat01

Img_0175

いか一夜干し 400円

おっとnoteと声が出るくらい濃縮した甘みと柔らかい歯ごたえsmile

しめのラーメンがとても気になったのですが、

このタイミングでいっしゅうさんからお声がかかりmobilephone、今回はお預け。

鳥から烏賊にわたるまで素材の良さのわかるうれしいお店。

これ、早いうちにリピート必至なのです clover

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2