ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

まんき屋 

196号線谷町のSPORTS DEPOの横に、ラーメン屋さんができたと聞いて、

休日ランチに突撃 rvcar

Dscn8867

「まんき屋 松山谷町店」

高知からの出店のようです。

Dscn8873

屋台らーめん 650円

シンプルないでたちに、郷愁を感じます。

あっさりした口当たりに、あとをひくコク。

Dscn8874

魚香つけ麺750円+大盛り50円

つるつるしこしこの麺を出しにつけてすすると、

醤油、魚粉ベース香りが立ち上ります wink

普段使いの一店として選択肢として、いいかんじです。


2015年10月27日 (火)

大島探訪

あまりにも良すぎる天気 sun に引っ張られるように、

海岸線を今治方面に向かっています rvcar

1img_0474

今治についたら、西瀬戸自動車道に乗り、

「来島海峡サービスエリア」で眺望を楽しみながら、全身で秋の日差しを吸収shine

1img_0477

しまなみ海道は年に二回くらいは来るのですが、

いつも大三島の大山祇神社とか、大島の亀老山とか有名スポットを

県外からのゲストを連れていくパターンで、深く知りたい気持ちがわいてきます。

今治と大島の間の馬島は、泊りがけで行ったことがあるので、

今日は、そのもう一つ向こうの大島を攻めようとの作戦に決定。

四国方面から大島に入れるのは大島南ICのみで、

大島から四国に帰るためには、大島北ICから乗るしかないので、要注意ですng

まずは、

1img_0482

「よしうみいきいき館」 fish

自転車を借りたり、近くの港から遊覧船に乗ることができる観光スポット。

1img_0484

レンタル自転車も考えたのですが、服装もその準備をしていないので、

以前、民宿名駒で昼食をとったときに、駐車場が満車行列で

なかに入れなかった人気のバーベキューに突入。

食べたいものを自分で選んで、

1img_0493

用意していただいた七輪で、サザエ、ハマグリ、アサリをじっくり焼きます。

潮風が最高の調味料で、貝からあふれ出すアツアツエキスがたまらんですhappy02note

1img_0495

サザエはでかい eye

ぐつぐつ湧いてくると、軍手をはめた店員さんがやってきて、

上手に中身が抜けるようにクリッといったん身を出して、

再び七輪に戻してくれるので、あとは自分の好きな火通りでいただきます。

新鮮で海水の潤いが普段食べているものの数段上。

尻尾も苦くないので、この七輪の前から離れたくないです sign03

1img_0499

次は、「よしうみバラ公園」 bud

1img_0503

初めて買ったiPhone6sのカメラの性能を試したりしながら、のんびり。

1img_0504

バラ園までそこそこ歩かないといけない駐車場まで満車で、

普通の週末なのになんでだろうと思っていたのですが、

実はちょうど、地方のイベントをやっています。

三津浜焼きの屋台は、知り合いの方が出していたので、それを購入good

お次は、

1img_0507

「村上水軍博物館」

村上海賊の娘を書いた和田竜先生のコーナーがあったりして、

少し離れた場所にある施設にしては、小さな盛り上がりを見せています。

1img_0513

目の前の海で、「潮流体験」できる遊覧船に乗る予定でしたが、

さっきのイベント会場で予定以上に時間を費やし、今日はここでおしまい。

当然ですが、今日だけでは十分回り切れなかったので、

次回は、

旅館「千年松」に泊まって海の幸をいただき、遊覧船に乗ろうと決意 fish

そのあとは、

伯方島、大三島と一島ずつ探検するつもりで、ワクワクなのです happy01good

2015年10月24日 (土)

アイテムえひめで美味しいもの食べれますよ!

diamond 10月24日(土)、25日(日)両日 diamond

アイテムえひめで「マイホームフェスタ2015」が行われています。

Img_0418001

展示会場外には、かっしゃ焼き、満楽のラーメンなど、

イベント定番の出店が出ています。

そして、入場無料の会場内に入ると、

Img_0413001

「Machibon Marche」のコーナーがあり、

Img_0412001

両日一部日替わりで、地元のおしゃれなお店 notes
が並んでいます。

明日の、丸三パントリーってきになるなあ eye

Img_0411001

パン屋さんを中心として、コーヒーショップ、小物、カレーなど、

かなーりいい感じでおしゃれな、匂いと雰囲気が立ち込めていますshine

Img_0410001

奥さんが飛びついたのは、この新居浜からのパン屋さん「Fukusuke」

試食をさせていただきましたが、いい香りのもっちりした生地。

おやつ用にいくつか購入 clover


さあ、

イベントは明日17時まで。

駐車場もラー博と比べて空いていたので、お気楽にいけますよdelicious good

2015年10月23日 (金)

Nico Maru Cafe Marubun

問屋町にある、一見年代ものの倉庫。

実は、この中に手作りパスタがおいしいお店noteがあるの、ご存知でしたかsign02

Dscn8767_2

「NICO MARU CAFE」は、あのMARUBUNさんのお店。

奥さんが友人や子供と来たことがあり、絶対お勧めと連れてきてくれてます。

お店に入ると右手がカフェ、左手がレストランに分かれています。

その左手をみると、入り口入ってすぐの場所で、

生パスタを作っている様子も見えるようになっています。

Dscn8775

店内は建物の造りを生かした、シンプルでおしゃれなスペース shine

Dscn8776

開放感があっていいです wink

私が選んだのは、

Dscn8782

生ハムの冷製ジェノベーゼ 900円

お皿まで冷やしてある心配り。

しめられてシコシコした麺に、これでもかとフレッシュバジルが絡んでいて、

きりっと塩が効いています。

あの独特の香りが湧き上がってきて、バリジアンとしてはたまらんですsmile

Dscn8785

牛すじ煮込みのトマトソース 1,100円

ラザニアくらいの厚みのある平べったい麺は、適度なもちもち感 delicious

具には透明感のあるアキレスもはいっているようで、

とろとろに煮込まれた上に、ボリュームたっぷり。

夜なら、これでワイン2杯は、いっています wine wine

メニューを眺めていると、

メインには、骨付”伊予いも豚”のカツレツとか、

ご飯ものは、旬野菜のチーズリゾット(ホールチーズの上に乗っている)とか、

垂涎の一品が目白押し eye

初体験の雰囲気と、完成度の高い料理にかなり満足なのですsmile

2015年10月19日 (月)

バルマル エスパーニャ 松山店

 食べ物やさんはいろんな店に行きたいのですが、

バーは、行きつけた店のほうが気楽なので、決まった数軒ローテ。

今夜は、

勉強熱心な専務が、タウン情報誌まつやまの「美食倶楽部」を購入し、

「この中から行ったことない店を探して、回ってみよう」と、かなりやる気ですrock

Dscn8713

で、一軒目は「Laguna Beach」 diamond

Dscn8734

ショータイムになると、ジャグリングのような手さばきでカクテルをつくってくれ、

カウンターに座ってみていると、かなりの迫力 eye

私は来たことはあるのですが、専務は初めてなので、オーnotesと声をあげています。

Dscn8736

フレアーバーテンダーの大会で、優勝経験もあるイケメンのお兄さんが、

カラフルなカクテルを見事に作り上げてくれます bar

奥でマイクを握って盛り上げている女性のかたも、大会優勝経験者。

実はeye 石手川公園で彼女が瓶を投げる練習をしている姿を

専務がむかし、よく見かけていたそうで、その話で盛り上がります。

さて、

外にでてうろうろ。

こちらの店を外から覗いていると、店員のお兄さんと目が合います。

専務がアイコンタクトとジェスチャーで、

「この時間から、まだ3人いけるか?」みたいなサインpaperを出したら、

彼が「うんうん、行けます!」みたいなってサインを返して、入店しますwink

Dscn8744

「バルマル エスパーニャ 松山店」

少し前に街にできたカジュアルなスペイン料理屋さんで、全国チェーン

Dscn8751

小皿料理のタパスから始まり、いろんなスペイン料理がそろっていますwink

Dscn8758

せっかくなのでワインを一本注文。

Dscn8753

先ほど私たちを店まで誘導してくれた店員さんは、学生さんのバイト。

この若さで、おっさんと上手にコミニュケーションができる彼は、

卒業しても、社会でかわいがられるだろうと、おじさんの希望的空想 catface

Dscn8762

トマトとアンチョビのコカ 580円

コカは、スペインのピザで、小ぶりで生地がもっちり厚手。

Dscn8764

アロス・ア・パンダ S 780円

パエリアの中でも一番シンプルなものをチョイス。

鍋肌のカリカリとしたおこげの部分の香ばしさと、

硬めに一気に炊き上がった米と野菜の旨さが、なかなかのできばえ good

Dscn8765

スペイン産青唐辛子の酢漬け 280円

「ギンディージャ」と呼ばれるもので、

ちょっと酔っ払って麻痺した脳と舌に、カツを入れてくれます。

さて、次回はどこの新しいお店に突入しましょうかね~ smile

2015年10月13日 (火)

すぎのこ@宇和島 

今日は、おくさんとふらりと宇和島にやってきています rvcar

せっかく来たのだから、なにかおいしいもん食べて帰ろうってことで、

AZAさんの知人情報で、

Dscn8685

おでんで有名な、「すぎのこ」に入店です。

どこかで聞いたことがあるなあと思っていたら、松山の支店は既食。

奈良県で有名な「すぎ乃」で修行された大将が始めたお店で、

すぎ乃の子供って意味で、すぎのこだとのこと wink

入店すると、左にカウンター、右に座敷。

Dscn8688

醤油を一切使わず、出汁だけで炊きあげられたおでんのいい香り catfacespa

Dscn8693

さあ、何をいただきましょうかね~~ delicious clover

Dscn8694

奥のはんぺん(150円)は、自慢の出汁をたっぷり吸い込んでいるので、

そっと口に運ぶと、じゅわーと広がり、ふわ~と香りがたちます。

上品な味付けで、絶妙なおいしいさにちょっと感動 happy01

手前 大根(150円)は、ほのかな甘みが加わり、また感動 happy02

Dscn8697

牛すじ(300円)

トロリと煮込まれたすじが、トロリと喉を滑り落ちて行きます。

甘すぎないのが、好きです good

Dscn8699

宇和島なので、鰹造り 1200円

さすが地元だけあって、透明感のある赤みのあっさりした味わい

奥さんにハンドルキーパーをお願いして、日本酒を合わせます。

Dscn8705

つくね(250円)

出汁に肉の旨みが加わり、すべて飲み干してしまいます。

明太子卵焼きのふんわりした舌ざわりと、

ちょっとした旅情が加わり、酒が進みます bottle

Dscn8706

くきわかめ 250円

ぬるぬるとした食感と、わかめのスープが加わったことにより、

あっさりだけど、日本人遺伝子の味蕾を官能的に刺激するスープ smile

これは、初体験のひとしなで、かなりお勧めです good

Dscn8709

椎茸饅頭 300円

ベースはおなじ出汁ですが、椎茸が加わることにより変化があるので、

いくら食べても食べ空きません。

宇和島グルメ探訪最高、これからちょこちょこ来てみようっと smile


2015年10月 9日 (金)

うっとこおいでや~

いつもこのブログにコメントをくださる、「アラビックデビルマン」さん shadow

愛媛県出身の彼は、長年中東在住。

滞在国によっては、アルコールや新鮮な魚が食べられないことも多く、

里帰りのときに、東京で旨い魚を仕入れて、飲み会にさそってくれます bottle

さあ、

いっしゅうさん、甘南備さんも参加して、凱旋パーティーの開幕です fuji

Dscn8604

今回は、大きいノドグロ「萌屋」さんに持ち込んで、煮付けに。

脂の乗ったやわらかい身をつつきながら、アラブの現状を直接うかがうのは、

なかなかない、貴重で楽しい時間です wink

Dscn8859

今回のお土産は、ドバイの観光バスマップ bus

Dscn8862

テレビでよくみる、大富豪の別荘が集まった「パーム・ジュメイラ」 clover

今まで夢の世界だったドバイを、気持ち身近に感じることができます。

Dscn8609

地元松山のベラの刺身淡白な旨みが、彼の菜が旅の疲れを癒しますspa

Dscn8863

ちなみに裏面はこんな感じで、ポテトフライの店などが広告を出しています。

Dscn8864

解説に日本語はありませんが、何語かもわからない言語が並んでいて、

紙一枚から伝わる、遠い異国文化の香りでミニバーチャル旅行ですairplane

さて、

二次会は、彼の行きつけ。

Dscn8612_2

「うっとこおいでやー」は、内子出身の女将さんが、

優しい旦那さんの手助けもあり、アットホームにがんばっておられる居酒屋good

Dscn8617

突き出しをつまみながら、キープの焼酎で、話は盛り上がります。

Dscn8618

メニューは、季節のものも取り入れた親しみやすいものばかり。

さてさて、

ここでも彼の面白くてめったに聞けない話が盛り上がります。

一口に中東と言っても、超金持ちな国から、貧乏な国、

戒律が厳しい国から、そうでもない国まで多種多様に分かれていること。

また、ドバイには北朝鮮の美人ウエイトレスが勢ぞろいしている、

冷麺専門店があるらしく、ちょっとした名物店になっていることなどなど。

Dscn8620

のどぐろひらき 900円

日本の酒のつまみの王道ですね。

Dscn8622

ソーセージもチリ味で、ちょっとした舌の刺激になり、

焼酎がすすみ、気がついた頃にはほとんどキープが空いています。

しばらくするとご主人が現れて、なれた手つきで洗いものを始めています。

女将さんは、一仕事がすんだで、生ビール片手に話の輪に参加して、

話はつきない、のんびりとした時間が過ぎていきます wink

アラビックデビルマンさん、

今は、どちらの国のどこの町におられるのでしょうか?

またの帰松を、心待ちにしておりますので、お体に気をつけてください smile

2015年10月 5日 (月)

BOKKE

南堀端に、国内地ビールを飲ませてくれるお店誕生 beer

「BOKKE」は、希光庵のある真っ黒でちょっと目立つビルの一階。

Dscn8591

道路に面した店の外のテラス席は、

ビール片手に語りあっている会社帰り風のかたがたで満席。

最近までcafe cabaretで働いていたイケメン店長の笑顔に向かえられます。

ちなみに、店名は店長出身岡山の方言をもじったもの club

Dscn8585

国内産の地ビールにこだわったラインナップ note

センスのいいシンプルな店内の雰囲気に身を任せて、注文を待ちます。

Dscn8598

左が、ベアードブルーイング 黒船ポーター 700円

通常のビールにはないしっかりしたコクと、酵母の香り wink

右は、箕面ビール 国産桃ヴァイツェン 750円

フルーティーな中に、濃厚な味わい happy02

名前はしっていたブルワリーで、さすがの旨みです good

カンパーイ、グビグビ~って、どんどん飲むと言うよりは、

じっくり語らいながら、味わって飲む大人のビールって感じです wink

さて、

雰囲気もビールもよかったので、間を空けず再訪 clover

Dscn8595

軽いおつまみがそろっている中から、

後ろのテーブルのカップルが、おいしそうに食べているので、

Dscn8630

「フライドポテトのマヨネーズディップ 500円を注文

まるごとのホクホクの小ぶりのジャガイモがごろり。

これ、めちゃ旨い happy02 crown

この日は偶然ですが、

翌日の松山BEERフェスタのために各地から集まった、

生ビールを出店する醸造家の人たちが盛り上がっています。

さてさて、

Dscn8635

当然のように、翌日はそのビールフェスタに参戦。

木陰にブルーシートとテーブルをセッティングして、がっつり準備good

Dscn8641

晴天で暑い気温も手伝って、各地ビールが、飛ぶように売れています。

午後からは、早々に売り切れ店じまいになる店もでて、

最終的にはコップもたりなくなるという、ちょっとしたパニック状態に。

いつもの堀の内のイベントに比べて、若い人が多かった印象で、

来年もぜひぜひ、大規模にやっていただきたい、楽しいイベント fuji

Dscn8646

私は、先着100名に無料で配られるオリジナルグラスを並んでゲット。

店頭で売っていますが、買ったら500円なので、かなりうれしい smile

Dscn8653

仲間が、入れ替わり立ち代りやってきて盛り上がっているうちに notes

ごろりと横になり、空を眺めて寝入ってしまうのです sleepy

2015年10月 1日 (木)

からし屋 

今夜は久しぶりに専務と街にでています night

Dscn8563

「からし屋」

このエリアは、北山軒、など、ラーメン屋さんが多いエリアですが、

「ここに来たことがないとは、けしからんpunchと連れて行っていただきます smile

暖簾をくぐると、歴史が刻まれたたたずまい。

店内のカウンターでは、いい感じのおばあちゃんが仕切っています。

20150809_021132

豚足 600円

九州では一般的ですが、愛媛ではめずらしいですね pig

食通のいっしゅうさんでさえ、「子供の頃からたべてないからね」と、

手を出そうとされないので、遠慮なくかじりつきます。

脂は抜いてあるので、コラーゲンメインのプリップリした食感に、

甘めのからし味噌をつけると、口の中で温度が上がり溶けてきますsweat02

20150809_021205

すじ辛肉 800円

見た目ほど辛くはなく、アキレスの固さが程よく残っている一品。

歯ごたえ星人としては、たまらない二品が続きます deliciousnote

20150809_022751

オロチョンラーメン 750円

これがこちらのデフォルト wink

もつ肉たっぷりの辛味スープですが、ストレート麺といいコンビで、

するすると入ってきます smile

大汗をぬぐいながら、ふたたび街へもどるのです run


« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2