ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

れんが屋 

今年の4月から、第三日曜日朝10時に、南海放送ラジオthunderに出ています。

「伯洋・はつみのサンデーライブ」で、生放送にも少し慣れてきました coldsweats01

7月は季節に合わせて、ビールの美味しい店をご紹介したのですが、

8月は肉関係をお話ししました karaoke

Dscn8400

今日は取材を兼ねて、以前から気になっていた、

問屋町の「レンガ屋」に、突入です rvcar

Dscn8402

既に店内には何組かの家族連れが入店しており、

ほとんどの方が、ハンバーグを食べています smile

私は、肉をテーマに考えているので、ステーキを注文 scissors

Dscn8403

最初に、フォークやナイフと一緒に、瓶に入ったマスタードが運ばれてきます。

Dscn8405

「サーロインステーキ 2800円

ジューspa という、悩殺的な音と香りとともに、鉄板が運ばれてきます。

付け合せに味噌汁などがついて、なんとなく和定食ぽいのも安心。

Dscn8409

子供のころに、特別な日しか食べられなかった、いわゆる「テキ」crown

フォークとナイフで切り分けてから、

マスタードをつけて、ゆっくりと噛みこみます。

肉はある程度歯ごたえがあったほうが、肉汁抽出作業が楽しいです happy02

後半は大根おろしの和風ソースをつけて、

ライスともに口いっぱいにむしゃむしゃと、本能の赴くまま咀嚼。

いや~、これぞ肉の王道で、この達成感がいいですね~ wink

次は、人気のハンバーグに挑戦なのです good

2015年8月26日 (水)

一番ガーデン

趣味のサークルの飲み会が盛り上がり beer

三番町の民酒党でも行こうかとなったのですが、満席。

Dscn8382

そこから南に数軒下った場所の角にできた「一番ガーデン」に突入しますrun

(たしか、ちょっと前までコーヒー屋さんだった気がします)

Dscn8386

店内はアメリカのビアホールのイメージで統一されています。

Dscn8388

いろんな種類のワインも、冷蔵庫にズラリ。

Dscn8389

ピザ、パスタ、ライス系のメニューも充実しており wink

Dscn8393

ちなみに本日のおすすめおつまみは、こんな感じです。

Dscn8394

私は、ハートランドの瓶をいただきながら、趣味談義に花を咲かせます。

Dscn8397

熱々のソーセージに、かぶりつき delicious

気軽に大人数で入れて、本能のまま食べたり飲んだりできます。

幹事さん、知っておいてお得なお店ですよ good

2015年8月24日 (月)

中華そば よし 

ひかり食堂で勢いのついた3おじさんは、新居浜に移動 car

Dscn8371

「中華そば よし」

話題の自家製麺の店で、来たかったんですよね~ noodle

Dscn8372

メニューの中心は、三種類の中華そば

Dscn8375

中華鍋のリズムがすばらしく、香ばしさがたまらなかったので、

「焼き飯 小 300円も注文。

お米一粒一粒に卵が絡んでおり、ぱらぱらに仕上がっています。

これ、おいし~~ happy01 note

さて、三種類の中華そばがやってきました good

Dscn8378

「魚介 620円」 ちぢれ麺

いりこ、アジ、昆布など6種類魚介からの出汁をとっているそうで、

アッサリしているけど後味が引くうまみ。

ちぢれ麺の不規則な凹凸の舌触りが、官能的なのです heart04

Dscn8379

「白湯 680円

鶏ガラベースのコクが、ふんわりと広がります。

しこしこと締まった食感のストレート麺がアクセント delicious

Dscn8381

「鶏ベース 650円

鶏3:魚介1で出汁を構成しているとのこと。

ストレートの柔らかい麺で、しょうゆの香りのきいたオーソドックスな一品。

全部それぞれに特徴があり、三回ずつくらい食べてみないと、

好みは決まりませんね~。

再訪のときは、焼き飯もはずせません wink

さてさて、

もう一軒、に行く予定でしたが、昼からの用事に間に合わずここで終了。

帰りも、おっさんフードトークが炸裂する車内なのです sign01

2015年8月19日 (水)

ひかり食堂 

久しぶりに天気もいいので、街をぶらぶらしていたら、

nomchanさん, araoさんから「昼ごはん食べに行かん?」との連絡 phoneto

近くの食堂へって話だと思っていたら、土居までひとっとび car

2017_2

グルメ談義で盛り上がっているうちに、「ひかり食堂」へ到着です。

Dscn8363_2

毎週でも来たい大好きなお店 note

新しくなったメニューを眺めながら、腹はぐるぐる、期待はぐんぐん up

Dscn8364

nomchanさんは、「鶏塩そば 700円

一気に炊き上げた濃厚スープが、平打ち麺に絡み、

そのあとを引くコクが、安定の人気No. 1 good

Dscn8365

araoさんのチョイスは、「塩そば 700円

鯛、ホタテ、昆布の透き通った出汁と、細うちストレート麺を交互に吸い込み、

透明感のあるスッキリしたうまみにうなずきます catface notes

Dscn8366

私は季節メニューの「冷しラーメン 750円

Dscn8367

冷たい細麺を一気に手繰り寄せ、清涼感と醤油とあっさり出汁の香りを楽しみます。

さて、とりあえずここは一人一杯で。

勢いがついた三人のおっさんたちは、もう止められないのです run

2015年8月16日 (日)

お野菜のカフェ 草草@まつちか 

野菜を中心としたヘルシー定食が食べられるお店 cherry

Dscn8344

しばらくの間、店舗の入っていなかったまつちかの一角が改装され始め、

気になっていたのですが、その全貌が明らかになりま eye

店内は外から見えるガラス張りで、シンプルで清潔感のある造り。 

Dscn8348

最初に健康茶と大根ジュースが出てきて、ヘルシーランチの開幕です。

Dscn8352

奥さんが選んだのは、

Dscn8356

定番定食より、

人気もの定食C(昼料金 1200円)

豚肉ともやしのせいろ蒸し とろろポン酢は、熱々で登場。

ボリュームもしっかりあり、肉と野菜の甘みを楽しみます。

豆乳クラムチャウダーコロッケも、食べあきないおいしさ。

私は、

Dscn8360

定番定食から、

お魚とお野菜の定食(昼料金 1550円)

戻りかつおのたたきは、産地直送だけあり、新鮮でコクがあり驚き

ランチでなければ、純米酒を追加でお願いしていたでしょう delicious

さばの味噌粕漬け焼きは、皮のパリパリと身のほっこりが素敵

ご飯はお代わり自由で、上に載せる具を選べるので、納豆を選択。

さばがご飯にびったりなので、当然のようにおかわりをおねがいします scissors

ヘルシー志向の方むきにご飯抜きの選択肢もあり、

その時は小サラダが大盛りになるという徹底ぶり delicious

その他、腐のレアチーズなどのデザート、

湯葉餃子、黒酢酢豚、おばんざいなどの単品おかずや

純米酒や自然派ワインなどのアルコールもそろっており、

カフェや夜飲みなどでも楽しそうなラインナップ。

値段に見合うだけの満足感を与えてくれます。

ちょっと余裕のある昼間に、また行こうっと smile

2015年8月13日 (木)

Dinner@ il Banco 

千舟町に突如と登場した、牛肉の館 taurus

Dscn8341_2

先日ランチでも感銘を受けた「il Banco」

今夜は、彼を慕う人が集まる「Nくんの会」で突撃。

回を重ねるごとに人数が増えており、お店貸切の大盛況です happy01

diamond それでは、コースの開演 diamond

Dsc_0003

「マッシュルームとエシャロットの冷製ポタージュスープ」

舌にひやりと心地よい刺激を与えた後は、奥からコクがじっくり。

細かくしたマッシュルームの菌類の香りがふわっと広がります catface spa

Dsc_0007

スペイン料理の「ピンチョス」

クリーミーなマスカルポーネチーズをベースに、

違う種類のリキュールで漬けた沖縄産のマンゴーと、県内産のイチジク。

その二種類の複雑な甘さを引き締めるように、

生ハムの塩分とイタリアウンブリア州のトリュフが、香りの軸を形成してますhappy01

Dsc_0008

ここで、すっきりとしたお勧めの白ワインをいただきましょう。

Dsc_0010

「カリフラワーのババロア」

存在感のしっかりした地エビと、それにふくらみを持たせるウニ happy01

舌と上あごで軽く押し広げながら、その複雑な食感の世界に吸い込まれます。

Dsc_0013

「ヒラメのカルパッチョ」

泡は徳島産のゆずで、口に入れるとその味がしっかり残っています。

ベースには柔らかい風味のトマト水が引いてあり、

ヒラメの上品な甘みを支えています smile

Dsc_0015

「スルメイカのプランチャ」

バターと白ワインをベースとしてサフランをいれた、ブールブランソース spa

イカ自体がしっかりしたうまみが、ソースの香りで引き立ちます。

人参ソースを和えた、季節野菜のカポナーラが添えてあり、

その自然な甘さとバランスが最高 happy02 scissors

小さい丸い青い葉っぱは、ナスタチュームというハーブで、

小さいながらにキリッとした苦味が、味蕾のふり幅を広げてくれます。

ここのシェフ、只者ではありませんね wink note

Dsc_0020

「盛り合わせ」

手作りハムや、パテドカンパーニュで、ボトルワインを追加しながら、

貸切の店内には、いつも以上に笑い声が響いています。

さあ、

Dsc_0023

満を持して、「ステーキ」登場 taurus good

しっかりした赤身がレア状態ですが、中心まで温かく火が通り、

噛むと出てくる肉汁が、うわっと口腔から鼻腔に突き抜けるように広がります。

さすが牛を前面にだしているだけあり、これ、最高の最高 fuji

最後は、

Dsc_0034

スモモケーキの上品な甘さと、自家製ジェラートのすっきり感

いや~、こちらのディナー、大満足です clover

二次会は、

Dsc_0035

二番町と八坂の角のビルの最上階と屋上にある、

1890 penthouse italian restaurant wine

Dsc_0037

屋上だけで50人のキャパ。

Dsc_0047

イタリア人シェフお勧めの海鮮をつまみながら、

夜の喧騒を眼下に眺めて、夏の涼風を楽しむのです wink notes

2015年8月10日 (月)

海舟 

季節感をふんだんに取り入れた、幸せにしてくれる和食空間 wink

Dsc_0138

「海舟」は、電車通りから一本裏に入った通りにひっそり。

今日は数人で、料理のみ5000円のコースをお願いしましょう。

Dsc_0139

テーブルの上のドリンクメニューを見ると、

有名どころの日本酒がずらりとそろっており、目を惹かれます。

さあ、コースが開演 note

Dsc_0144

突き出しは、

手前から、じゅんさい、ツブ貝、糸うり、なす、小エビと目を奪われます。

涼しげな季節の野菜が取り入れてあり、早速日本酒をお願いします。

Dsc_0152

鱧の湯引きと、梅肉ソース

細かく包丁を入れられてふわっと火の通った身が、きゅっとしまっています。

うまみ深いソースの酸味がアクセントで、夏を舌で楽しませてくれますdelicious

Dsc_0154

刺身は、奥から、アジ、太刀魚の炙り、イサキ

食べたいものを最良の条件で、少しずついただく贅沢感。

これは、日本酒が進みますね~ smile

Dsc_0156

アマダイの西京焼き

照りのある身を口に運ぶと、ほんのりとした甘さの向こうから、

ふんわりとしたアマダイが、噛めば噛むほどの滋味を放出 spa

Dsc_0158

コーンとオクラの天ぷら

クリスピーな歯ごたえと香りがいいコーンと、オクラの粘り気がナイスマッチgood

Dsc_0161

赤味すっきりですが、アッサリしたコクの、かつおの塩タタキ

Dsc_0164

うわ~ happy02

鱧の炊き込みご飯が、でっかい土鍋で登場 crown

Dsc_0169

甘辛いタレでしっかり味の付いた鱧を、炊き立てのコメと混ぜ、

その時に立ち上る香り catface spaを、想像してみて下さい。

どじょうとナスの味噌汁と合わせながら、ついついお代わりしますよねscissors

Dsc_0171_2

水菓子は、氷に入ったパイナップルとブルーベリー

赤い実は、よく見かけますが名前失念。

甘酸っぱくて、中に小さな種があります。

一品一品が素晴らしく、日本酒の揃いもなかなかのもの。

ここ、かなりお勧めなのです smile fuji

 

2015年8月 6日 (木)

うどん空太郎 

今日の休日ランチは、空港方面で気になっていたうどん屋さんへ rvcar

Dscn8313

「うどん空太郎(KUUTARO)」

お昼時ということもあり、家族連れを中心にすでに満席です eye

Dscn8316

麺、出汁、天ぷらに対するお店のこだわりを読んでいると、

待つこと10分くらいで中に通されます。

店内は真新しいカウンターとテーブル席。

中程度の広さですが、奥には座敷もあるようです。

Dscn8325

注文を済ませて、まずは定番のおでんをいただきましょう。

上品なお出しが沁みているダイコンがウマウマdeliciousで、期待が高まります。

さあ、

Dscn8329

間もなく、わたしの「きつねうどん 530円が到着。

麺はもっちりとして、やや歯ごたえのある中太麺。

大きいお揚げには、やや甘めの出汁がしっかりと含まれていて、

交互に口に運びながら、上あごと舌で汁を絞り出します sweat01

醤油の香りがふんわり広がってきて、これたまらんです smile

Dscn8332

娘が頼んだのは、「鶏天ぶっかけ 680円

揚げたてのほっこりした鶏に出汁を吸わせながら、麺を一気に啜ります。

Dscn8334

奥さんの「海老と揚げ餅のぶっかけ 780円

揚げ出し餅と、身のしっかりプリプリとしたエビがいいです。

私が追加でお願いした、本日のオススメ「ジャンボレンコン天 110円

丁度いい火通りで、シャキッとした歯ごたえが残っていながら、

ねっとりとした粘り気も楽しめます note

Dscn8339

最後に、天むすを口に運ぶと、

コメがほぐれて、天だしが少ししみだした香りと、

しっとりとなったエビ天が、ジャパニーズハピネスを与えてくれます。

ここ、けっこう好き smile good

休日ランチのうどん選択肢が、また増えてしまいました delicious

2015年8月 3日 (月)

慈現 

のんびりした休日のお昼 sun

奥さんが久しぶりにオシャレなランチが食べたいというので、

Dsc_0108

スマホの中に入れている行きたいお店リストから、

山越の「CAFE 慈現」に突入します happy01

小さな前庭を通って、和モダンな落ち着いた空間
に靴を脱いで入店。

ほぼ個室になっているので、ゆっくり話がしたい女性陣にはぴったりでしょう。

Dsc_0114_2

ランチは月替わりで、この月はこんな感じ。

私は普通のランチ、奥さんはデザート付きをお願いします。

Dsc_0127

ガラス窓から差し込む柔らかい光を浴びながら、

広いテーブル席を二人占めして、街中とは思えない静かな空間へ
 smile

一番左の蓮根饅頭は、まさに揚げたてで登場。

外側はパリッと仕上がり、中はほっくりとした食感で、

餡状の出汁を絡めていただきます。

味付けがしっかりしているので、ご飯のおかずとしてピッタリ delicious

Dsc_0129

おかずの詳細はこんな感じですが、

ひとつひとつ丁寧に作られているのが伝わってきます。

中でも印象的だったのは、豚汁 pig

メニューの名前の通り具だくさんで、野菜には程よい歯ごたえが残っており、

素材の新鮮さがそのまま伝わってくる絶妙の火通り。

お椀にたっぷり入った自然の恵みを、

わっしわっしとまるごと吸収でき、内臓がよろこんでいます happy01  diamond

Dsc_0133

鶏のつくねバーグも、ふんわりとした仕上がり。

香りのいい醤油味と、わさびのアクセントがいい感じ
で、口の中でほどけます。

ほのかに甘いトウモロコシが炊き込まれたご飯との、ナイスコンビ scissors

これは、ご飯が進むので、当然お代わりをお願いします paper

Dsc_0136

奥さんがお願いしたデザート。

奥のプリンコクのある濃厚な味で、心地よい後味が残り、

手前のキンキンに冷えた青梅のシャーベットがすっきり。

全体的に上品だけど、ご飯にあうちょうどいい味付けで、

温かいものを温かく、冷たいものを冷たく提供する姿勢にうれしくなります。

デザートなしで1500円ですが、この内容の食事に、

プライベート空間を心行くまで堪能できるので、十分納得。

私たちが入店してから、あっという間に満席になり、その大半が女子。

奥さんも大満足で、次はママ友たちとランチにこようと、お気に入り。

WIFE IS HAPPY, LIFE IS HAPPY なのです heart04

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2