« 海舟  | トップページ | お野菜のカフェ 草草@まつちか  »

2015年8月13日 (木)

Dinner@ il Banco 

千舟町に突如と登場した、牛肉の館 taurus

Dscn8341_2

先日ランチでも感銘を受けた「il Banco」

今夜は、彼を慕う人が集まる「Nくんの会」で突撃。

回を重ねるごとに人数が増えており、お店貸切の大盛況です happy01

diamond それでは、コースの開演 diamond

Dsc_0003

「マッシュルームとエシャロットの冷製ポタージュスープ」

舌にひやりと心地よい刺激を与えた後は、奥からコクがじっくり。

細かくしたマッシュルームの菌類の香りがふわっと広がります catface spa

Dsc_0007

スペイン料理の「ピンチョス」

クリーミーなマスカルポーネチーズをベースに、

違う種類のリキュールで漬けた沖縄産のマンゴーと、県内産のイチジク。

その二種類の複雑な甘さを引き締めるように、

生ハムの塩分とイタリアウンブリア州のトリュフが、香りの軸を形成してますhappy01

Dsc_0008

ここで、すっきりとしたお勧めの白ワインをいただきましょう。

Dsc_0010

「カリフラワーのババロア」

存在感のしっかりした地エビと、それにふくらみを持たせるウニ happy01

舌と上あごで軽く押し広げながら、その複雑な食感の世界に吸い込まれます。

Dsc_0013

「ヒラメのカルパッチョ」

泡は徳島産のゆずで、口に入れるとその味がしっかり残っています。

ベースには柔らかい風味のトマト水が引いてあり、

ヒラメの上品な甘みを支えています smile

Dsc_0015

「スルメイカのプランチャ」

バターと白ワインをベースとしてサフランをいれた、ブールブランソース spa

イカ自体がしっかりしたうまみが、ソースの香りで引き立ちます。

人参ソースを和えた、季節野菜のカポナーラが添えてあり、

その自然な甘さとバランスが最高 happy02 scissors

小さい丸い青い葉っぱは、ナスタチュームというハーブで、

小さいながらにキリッとした苦味が、味蕾のふり幅を広げてくれます。

ここのシェフ、只者ではありませんね wink note

Dsc_0020

「盛り合わせ」

手作りハムや、パテドカンパーニュで、ボトルワインを追加しながら、

貸切の店内には、いつも以上に笑い声が響いています。

さあ、

Dsc_0023

満を持して、「ステーキ」登場 taurus good

しっかりした赤身がレア状態ですが、中心まで温かく火が通り、

噛むと出てくる肉汁が、うわっと口腔から鼻腔に突き抜けるように広がります。

さすが牛を前面にだしているだけあり、これ、最高の最高 fuji

最後は、

Dsc_0034

スモモケーキの上品な甘さと、自家製ジェラートのすっきり感

いや~、こちらのディナー、大満足です clover

二次会は、

Dsc_0035

二番町と八坂の角のビルの最上階と屋上にある、

1890 penthouse italian restaurant wine

Dsc_0037

屋上だけで50人のキャパ。

Dsc_0047

イタリア人シェフお勧めの海鮮をつまみながら、

夜の喧騒を眼下に眺めて、夏の涼風を楽しむのです wink notes

« 海舟  | トップページ | お野菜のカフェ 草草@まつちか  »

肉・焼肉」カテゴリの記事

コメント

随分古そうなビルですが中のお店は今風なおしゃれな造りで美味しそうなおしゃれな料理が並んでいますね。
新しい感性の新しい素敵なお店がどんどん増えて松山自体がもっともっと賑わいを増してくれるとうれしいですね。
つい先日松山に一泊して来ました。
いけちゃんも行かれた門福でランチを食べましたが美味しかったです。
丸水にも行きたかったのですが、今回はパスいずれまた行きたいと思います。

このブログを参考にしていたいたようで、ありがとうございます。事前にご連絡いただけば、アテンドさせていただきますhappy01
こちらは、店内の装飾もいい感じですよnew

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/61924235

この記事へのトラックバック一覧です: Dinner@ il Banco :

« 海舟  | トップページ | お野菜のカフェ 草草@まつちか  »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008