ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« VEGRECA | トップページ | いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー①  »

2015年7月20日 (月)

ほづみ亭@宇和島

今夜は10人ほどで宇和島に来ています rvcar

昨年伺った「田中」でいただいたふくめんの鮮やかさが忘れられませんが、

せっかくなので、新しい店をと、

Dsc_0004

老舗の「ほづみ亭」に突入です。

純和風の広い店内で、入り口近くの個室に通されます。

Dsc_0007

メニューを見ながら、頭に浮かんだものを次々と注文。

Dsc_0010

高知では、その突き出た部分が刀に見えるのでチャンバラ貝と呼ばれていますが、

こちらでは「走り貝」の名称。

Dsc_0016

「清水さば」の刺身に、地元三間の虎の尾を合わせます。

その新鮮さを表すエッジのたち具合に惚れ惚れ delicious

生の鯖が普通に食べられる贅沢にひたります。

Dsc_0020

でました note

これを食べに来たのですよ、 「深浦かつお」

さっぱりした赤身に少し脂がのっていて、ねっとりとしたうまみ smile

Dsc_0026

となれば、当然「深浦かつおたたき」

ポン酢をしっかりつけて玉ねぎとニンニクでパクリ。

香ばしさが増して、ポン酢の酸味が程よく口の中で広がります。

一品一品がきっちりとしているのに、出てくるのが早いので、

そのペースで、どんどんと皿が空っぽになっていきますeye

Dsc_0031

お店の方に、今日は生きのいいのが入っていますよgood と、

勧められたのでおねがいした「かわはぎ」

コリッとした歯ごたえで、ほんのり上品な甘みのある身に、

アッサリとしたコクが詰まった肝の深みが加わり、最高です。

Dsc_0032

煮物の王様 「めばる」

新鮮な身がはじけるような張りで、脂の乗りがいいかんじ。

頭も腹も、原型をとどめないくらいしっかりしゃぶっていただきます fish

Dsc_0037

「くじら」の刺身

新鮮なので臭みもなく、上等な馬肉のようなもっちりとした舌触りと、

すっきりした赤肉のうまみを堪能します。

Dsc_0039

川の滋味が凝縮した、天然ウナギ

歯ごたえがしっかりしていて、噛み進めるとじんわりと香りが広がります spa

Dsc_0041

〆はもちろん、鯛めし

Dsc_0045

若芽をのせて、卵と出汁に絡めていただきます。

鯛のシンプルな味わいと出汁がいい感じのバランスで、

酒飲みながら three杯もお代わりしてしまいます。

Dsc_0044

これも南予らしい、ウツボのから揚げ

皮はパリッとしていて、ほっくりした中身は上品な白身。

あの風貌からは想像もつかないような、透き通ったうまさです。

接客も安定しており、型にはまっておらず丁寧な自然体。

宇和島で食べたかったものがすべてそろっています happy02 notes

中人数以上で出かけるときは、とてもおすすめです。

さて、

Dsc_0054

大満足でふらりと街に出ると、

先日まで近くの職場にいた方に声をかけられたりして、

よそに来た気がしません。

ザ・アメリカンなレトロなお店で一杯ひっかけながら、

歴史ある猟師町の懐に抱かれるのです clover

« VEGRECA | トップページ | いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー①  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お、二次会は「赤い」あの店ですか!?
あそこは大好きでした♪

松山勤務時代は週に一度は宇和島へ行っていたので懐かしいお店の登場にうれしく思います。
ちゃんばら貝を走り貝と呼ぶとは知りませんでした。
連想で亀の手なんていう食べ物を初めて食べた驚きを思い出しました。
魚の数々の〆はやはり鯛めし、いいですね。
丸水の鯛めしを食べたくなります。
井上のじゃこてんは松山でも市駅近くのお店で食べられますが、丸水の鯛めしは宇和島に行かないと食べられないですね。

ところでタイトルのいこほづみ亭のいこは何の意味なのですか?

歴史を感じるお店ですよね。
ほづみ橋の由来もお勉強になりますが、お昼の定食類もオススメです。
宇和島担当の頃同僚と飲んでたら「よー飲むねぇ」と大将から湯呑貰った事がありますが、アレは何だったんでしょ^^;?

あの雰囲気に吸い込まれるように入店したので、名前も場所も覚えていないのですが、あのレトロアメリカンな感じがいいですね happy01

亀の手もありましたよ!地元では、せいと呼ばれていましたwink
丸水は、松山のロープウェー街に支店ができましたよ。
タイトルは、単純な間違いです。ご指摘ありがとうございました。
どうして入っちゃったんでしょうね coldsweats01

橋の名前が、地元の名士、穂積陳重にあやかっていることは、知りませんでした(http://tamutamu2011.kuronowish.com/hozumi.htm)。
湯呑は、酒飲みに与えれるトロフィーのようなものだったのかもしれませんね bottle

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/61724661

この記事へのトラックバック一覧です: ほづみ亭@宇和島:

« VEGRECA | トップページ | いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー①  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2