« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月29日 (水)

いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー③ 

さて、

次の店に向かって何気に移動していると、

先ほど話題にでた、名店なかむらの長男が独立した店にぱったり。

Dsc_0090

AM 9時 六軒目

急きょ予定を変更して、「なかむら屋うどん」 diamond

Dsc_0091

メニューはいたってシンプル。

和服の割烹着を着た美人女将が、カウンターの向こうで店を切り盛りしています。

Dsc_0092

かけ小 230円

ふんわりと空気を含んだねじれ麺は、まさになかむら系。

本店より少し薄目の出汁の印象ですが、ここももうすぐ行列店になるのでしょう。

さて、お腹はいっぱいですが、修業は続きます。

Dsc_0096

AM 9時30分 七軒目 「滝音(たきね)」

いっしゅうさん、甘南備さん、わたしとも、最近一番気に行っているお店です。

Dsc_0097

開店と同時に、続々と人が集まってきます。

Dsc_0098

「かけうどん 220円

この値段で、これだけのトッピングはうれしい限り。

中太のまあるいつるつるした麺と、やさしい出汁。

こちらの麺の量は多いのですが、するすると入ります。

店の奥でかわいらしい若い女性がおにぎりを握っていて、

前回も食べたかったのですが、お腹と相談して今日も断念。

滝音だけで、満足のいくまで食べてみたいねと言いながら、店を出ます。

ここが終わり、aibopapaとお別れ。

また、松山にお越しの際は、一緒に飲みましょう beer

さてさて、

Dsc_0101

AM 11時11分 八軒目

しばらく車で移動して、「はゆか」

駐車場も広く、人気店なので、すでに行列 eye

Dsc_0103

いっしゅう師匠より、ここで最後とのお達しがあったので、

本日初、自分の意思で注文した揚げ物を手にとります wink

歯ごたえのある剛麺で、それに負けない醤油の効いた出汁が、

うどんだけで7杯目ですが、飽きさせません delicious

さあ、

あとは、一気に松山に戻るのです rvcar

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS:

松山に帰ってからは、飲んでいない甘南備さんの慰労と、

スーパーマンいっしゅうさん、としさんの食欲を満たすために、

PM 5時30分  9軒目、市駅前べこや で、炭火焼肉とビール、焼酎

PM7時ごろ   10軒目ナマステダイニングで、カレー、ナンとネパールビール

すでに、心も体も限界を過ぎていますが、ここで専務が合流。

「もう一軒行くぞpunch punch punchってことで、

20150607_212611

PM10時過ぎまで、11軒目のカフェカバレで、ワインをいただくのです。

前日11時過ぎに松山を出てから23時間、

連続11軒もの店を食べ、飲み歩き。

人間、やる気になればできるることを、身を持って実証したのです penguinfull

*このブログ記事は、日ごろから特殊な訓練を積み重ねた、

鍛え上げられた内臓を持つ人たちだけで、行われています。

良い子は、決して真似しないでくださいね wink *

2015年7月27日 (月)

いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー ② 

「ばかいち」で、胃袋が動き始めた一行は、高松港方面に移動します rvcar

Dsc_0065

AM 6時20分 三軒目 岡じま 高松店

丸亀から高松に進出してきたお店。

高松ビジネス街の大通りに面しており、裏のコインパーキングに止めます。

Dsc_0072

新しくて明るい店内で、メニューも豊富。

Dsc_0070

基本の「かけうどん小 200円を、一番釜でいただきましょう。

やや硬めの麺に、スッキリと透明感のあるしっかりしたイリコだし delicious

トランクをゴロゴロと引っ張って、これから活動開始的なサラリーマンも、

やはり香川の朝うどんでエネルギー急速充電です。

30分くらいの駐車時間ですが、料金は300円で、都会を実感。

お次は、

Dsc_0073

AM 7時 四軒目 JR 栗林駅の中にある 「うどん雅や」

Dsc_0076

暖簾の奥では、開店前でまさに麺を打っている最中 note

Dsc_0075

この中から、かけうどん(冷)240円をチョイスします。

Dsc_0079

もちもちした歯歯切れのいい麺で、本日初めての冷。

 

醤油が少し入った、香りのいいイリコだし。

気温も上がってきたので、体が欲する温度帯で、目が覚めてきます。

ここでも、気合のはいったとしさんからのおすそわけ。

かしわ天や、ちくわ天も揚げたてサクサクで、たまりません。

 

さあ、私も気合が入ってきました happy02 good

Dsc_0082

AM 7時56分 五軒目

快晴の下の屋島sunを眺めながら、「しんせい」の一番釜を待ち、

地元有名うどんブロガーのaibopapaさんが合流。

「なかむらの長男さんが独立したsign03」など、

地元ならではの新しくレアな情報をゲットします。

Dsc_0086

最近必ず立ち寄っているお気に入りの店で、店の外にも席が広がっています。

うどんの代金を払うと同時に、家族へのお土産はここで買います。

注文を受けてから麺を切り、袋に詰めてくれるので、

持って帰っても子供の食いつきが違うのです smile

Dsc_0087

かけ小(冷) 220円 

グミグミとしたねじれ麺で、濃厚でありながらキレのいい出汁は、

私のお気に入り。

またしてもおすそ分けで、ここの名物いいだこ天

最初に煮て味をつけてあるので、うどんに負けない存在感です。

この辺りで、お腹の具合もちょうどいい感じ。

普通のうどんツアーなら、このあたりで終了なのでしょうが、

いっしゅうさんのツアーはうどん道の修業なので、

師匠がいいというまで続きます good

これから、まだ盛り上がってきますよ happy01 note

2015年7月22日 (水)

いっしゅうさんの23時間耐久うどんツアー① 

いっしゅうさんうどんツアーファンの皆様、お待たせしました happy02good

本日は、久しぶりに讃岐うどんツアーに出かけましょう rvcar

さて、一軒目は、

20150607_010723_2

AM 1時 一軒目 新居浜 堤亭

いつも読んで下さる方は、気が付かれたと思いますが、

うどん店ではない上に、時間も夜中と、おかしなことに coldsweats01

今回は、久しぶりなので、前日深夜スタートsign03と気合が入っているのです。

20150607_011415

おでん、どて焼きをつまみに、夜中過ぎに乾杯 beer

〆のラーメンまでいただき、地酒の熱燗で盛り上がるのです。

酔っ払いたちをつんだ、しらふの甘南備号は一気に府中湖PAまで rvcar

仮眠をとるのですが、あとから伺うと私のいびきsleepyで眠れなかったとのことで、

誠に申し訳ないことです。

さて、

朝が白みだしたと同時に、車は再出発。

Dsc_0058

二軒目?の、通称「バカいち」

AM 5時50分到着で一番に並びますが、

そのあとから、みるみる30人の行列。

地元香川大学や関西からの学生さんたちが、盛り上がっています。

Dsc_0060

いつもは迷わず「釜バターうどん」をいただくのですが、

今日は昨夜というか、夜中の酒が抜けてないので、

Dsc_0063

朝日sunを浴びながらの「かけ小 210円

柔らかいけど腰のあるツルツル麺に、あっさりだしで、胃袋も再活動開始sign01

いっしゅうさんと同じくらい気合の入っているとしさんは、さっそく揚げ物トッピング。

コロッケとメンチカツのおすそ分けが回ってきます。

こんな感じで始まった今回のツアー。

この時点で、軽い二日酔いなのか、寝不足なのかわからない状態で、

これから、どうなることやらなのです sweat01

2015年7月20日 (月)

ほづみ亭@宇和島

今夜は10人ほどで宇和島に来ています rvcar

昨年伺った「田中」でいただいたふくめんの鮮やかさが忘れられませんが、

せっかくなので、新しい店をと、

Dsc_0004

老舗の「ほづみ亭」に突入です。

純和風の広い店内で、入り口近くの個室に通されます。

Dsc_0007

メニューを見ながら、頭に浮かんだものを次々と注文。

Dsc_0010

高知では、その突き出た部分が刀に見えるのでチャンバラ貝と呼ばれていますが、

こちらでは「走り貝」の名称。

Dsc_0016

「清水さば」の刺身に、地元三間の虎の尾を合わせます。

その新鮮さを表すエッジのたち具合に惚れ惚れ delicious

生の鯖が普通に食べられる贅沢にひたります。

Dsc_0020

でました note

これを食べに来たのですよ、 「深浦かつお」

さっぱりした赤身に少し脂がのっていて、ねっとりとしたうまみ smile

Dsc_0026

となれば、当然「深浦かつおたたき」

ポン酢をしっかりつけて玉ねぎとニンニクでパクリ。

香ばしさが増して、ポン酢の酸味が程よく口の中で広がります。

一品一品がきっちりとしているのに、出てくるのが早いので、

そのペースで、どんどんと皿が空っぽになっていきますeye

Dsc_0031

お店の方に、今日は生きのいいのが入っていますよgood と、

勧められたのでおねがいした「かわはぎ」

コリッとした歯ごたえで、ほんのり上品な甘みのある身に、

アッサリとしたコクが詰まった肝の深みが加わり、最高です。

Dsc_0032

煮物の王様 「めばる」

新鮮な身がはじけるような張りで、脂の乗りがいいかんじ。

頭も腹も、原型をとどめないくらいしっかりしゃぶっていただきます fish

Dsc_0037

「くじら」の刺身

新鮮なので臭みもなく、上等な馬肉のようなもっちりとした舌触りと、

すっきりした赤肉のうまみを堪能します。

Dsc_0039

川の滋味が凝縮した、天然ウナギ

歯ごたえがしっかりしていて、噛み進めるとじんわりと香りが広がります spa

Dsc_0041

〆はもちろん、鯛めし

Dsc_0045

若芽をのせて、卵と出汁に絡めていただきます。

鯛のシンプルな味わいと出汁がいい感じのバランスで、

酒飲みながら three杯もお代わりしてしまいます。

Dsc_0044

これも南予らしい、ウツボのから揚げ

皮はパリッとしていて、ほっくりした中身は上品な白身。

あの風貌からは想像もつかないような、透き通ったうまさです。

接客も安定しており、型にはまっておらず丁寧な自然体。

宇和島で食べたかったものがすべてそろっています happy02 notes

中人数以上で出かけるときは、とてもおすすめです。

さて、

Dsc_0054

大満足でふらりと街に出ると、

先日まで近くの職場にいた方に声をかけられたりして、

よそに来た気がしません。

ザ・アメリカンなレトロなお店で一杯ひっかけながら、

歴史ある猟師町の懐に抱かれるのです clover

2015年7月14日 (火)

VEGRECA

高島屋の裏の道を通るたびに、気になっているお店がありますeye

20150606_115657

建物は年季が入ってますが、その辺りだけなんとなく雰囲気が違います。

20150606_115709

「VEGRECA ヴェグレカ」

ほ~、カレーメインの店なんだ catface

それに、雑貨と音楽発信ってなんだろう?

20150606_120202

店内に入ると、レコード、DVD、Tシャツなどの販売コーナーがあり、

20150606_120014

カウンターと、小さいテーブルのこじんまりとした空間。

バンドをやっているという若い男女が、今年の3月からオープン。

音楽活動もやっているので不定休で、

そのスケジュールは店の前のドアの小さなカレンダーに書いてあります。

20150606_121443

カレーセットのサラダに続いて、別料金でお願いしたドリンク。

私がお願いしたのは、手前のはれひめジュース(450円)。

甘さの中にもほのかな苦味とすっきりした後味。

奥さんは、マサラチャイ(冷)450円。

シナモンに加え、独特の香辛料の味があり、アジアンテーストです。

店内には、のんびりしたテンポで、

マイナー系の日本のロックやパンクがかかっています note

店内はカオスな雰囲気で、世代も趣味も私とは違うのですが、

それなのに何かおちつく不思議な空間 wink notes

さて、

20150606_121739

奥さんが頼んだ「畑のお肉のカレー 700円

さまざまなスパイスの香りが心地よく、

大豆で作られた肉を模したのが、やわらかくて面白い食感

HPを拝見すると、こういうのビーガン料理って言うらしいです。

私は、

20150606_121839

「グリーンカレー 800円

肉の代わりに高野豆腐が入っていますが、味は本格的。

野菜とませながら、玄米とゆっくり租借すると、

頭から汗が吹き出てきます sweat01

食べたことない名前なのでお願いした、

20150606_122017

「大豆ファラフェル 350円

豆やいろんな香辛料などを混ぜ合わせたイスラエル料理。

小粒ですが、ピリッと辛く、ビールが欲しくなります。

ドリンクメニューを眺めていると、ビール、ウイスキー、カクテルから

焼酎、日本酒までそろっています。

夜は23時前やっているらしいので、

じっくりと音楽を聞きならがいい時間をすごせそう shine

最後は、今風の肩の力の抜けたお二人が、笑顔のお見送り。

ここ、けっこういい感じなのです happy01 good

2015年7月10日 (金)

羽歩 

琥珀で満足の昼食をいただいたあとは、

高島屋を超えて、南下して、春日町までやってきています run

Dscn8142

以前から気になっていた「羽歩」に突撃 clover

Dscn8136

ショーウインドウには、かわいらしい焼き菓子がずらり eye

おしゃれなお兄さん店員さんと、

奥からは、お菓子作成担当風の素敵な女性が、笑顔で会釈をしてくれ、

一瞬にして虜になります(お店の雰囲気にですよwink)。

ブログもされているようですね pencil

Dscn8140

シンプルですが、採光もよく明るい雰囲気のWoodyな店内。

カウンターでは、若い女性客がゆっくりとくつろいでいます。

私がお持ち帰りに選んだのは、

Dscn8148

この三つ。

真ん中の丸いのは奥さんに残して、娘とフライング。

Dscn8150

「ドライいちぢくと4種のナッツタルト 380円

甘いだけではなくコクのあるソースで焼き固められており、

少しずつ奥歯で咀嚼しながらゆっくりと噛み砕き、 

そのストレートな栄養素の塊から自然の力を抽出 delicious shine

体の各細胞に分配吸収されていくのがわかります happy02

Dscn8151

「デコポンオーガニックブルーベリーのタルト 410円

厚めのタルト負けない、しっかりと底ちからを感じる二つのトッピング。

その素材力をすなおに出しているので、初めてなのに安心するおいしさ。

またしても、素晴らしいお店と出会ってしまいました。

これだから、休日の街歩きはやめられんとです notes

2015年7月 6日 (月)

琥珀 

飲みすぎた翌日 thunder thunder

昔は、「いいともpaper」が始まる時間まで、泥のように眠っていましたが、

「いいとも」がなくなって年をとったせいか、8時には目が覚めます sandclock

軽めの朝食を食べた後は、足の赴くままにいろんなところを朝散歩run

Dscn8126

萱町のファンファンに行こうと思っていたのですが、臨時休業の張り紙。

そのまま南下して、目に飛び込んできた中華料理屋さんに突入です。

Dscn8130

土曜日ですがランチがあり、11時過ぎに入店。

私がお願いしたのは、

Dscn8134

「汁なし坦々麺定食(750円)

メニューでは850円ですが、表の看板にランチライムサービス750円とあったので、反射的に選んでいます。

麺とひき肉の具、そして底にたまっているタレを大きく混ぜ合わせます。

山椒の効いたピリリとした刺激に、もっちりとした麺のうまみ delicious

とり天はとてもやわらかく、油も軽めの薄味で、見かけよりあっさり。

たっぷりの白米が入った丼を左手に持って、麺と天ぷらを交互に咀嚼します。

汗 sweat01 をぬぐいながら麺を食べ終わった後は、

その中に残ったご飯を投入して二回目の混ぜ合わせ作業。

刺激タレの魔力に吸い寄せなれながら、完食です smile scissors

気が付けば店内はランチサラリーマンでほぼ埋まっています。

今日の日替わりランチは、卵と燃やしの炒めとゆで豚サラダ。

また、冷麺も始めましたsign01とのこと。

これは、またしても吸い込まれるでしょう note

2015年7月 3日 (金)

U's farm kitchen

今夜も、なんとなく帰るのがもったいなくて、街をふらふら note

ふと目についた奥の扉を開けてみましょう wink

Dscn8113001

「U's farm kitchen」

2年ほど前にうかがったことのある、verishの二号店 

遅めの時間に突入ですが、どうぞとの笑顔のイケメン店長

Dscn8115001

まだ新しい木の机と椅子で、シンプルで清潔感溢れた空間です diamond

Dscn8118

カクテルから農園にこだわったワインまで、おしゃれな飲み物がずらり。

初めてなのになぜかくつろげる雰囲気で、ゆっくりとメニューを眺めます。

Dscn8124001

「農園バーニャカウダ」

自社農園と契約農家からの新鮮野菜を、アンチョビとガーリックソースで。

一貫して野菜にこだわっている、静かなこだわり。

飲み会続きで野菜不足なので、体がよろこんでいます happy01 shine

飲み物は、

Dscn8125001

「農民ドライ」

後から調べてみると、

こころみ学園が経営するCOCO FARM&WINERYの国産ワイン。

きりっとした飲み口と、すっきりした後味が印象的な一杯。

おしゃれな中にも、素材へのこだわりが感じられる素敵な空間。

女性一人でも、ふらりと寄れそうなお店なのです wink

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009