« 居酒屋ヒロシです | トップページ | 門福(もんぷく)  »

2015年6月10日 (水)

〆屋

今まで、数えきれないほどの飲みの〆(しめ)を経験してきました happy01

若いころには、中華の天龍カワシマのカレーに始まるボリューム系

ラーメンでは、あずま家なかむらちかっぱに、何度吸い込まれたことか。

最近では、癒庵の日本そば辛麺屋桝本ちょっとカロリー低め系で、

〆の瓶ビールとともに、至福の時間を過ごしてきました。

その〆にポイントを絞ったお店があるの、ご存知ですか?

20150516_005359

「〆屋」は、八坂通りの一本北にある、〆専門のお店。

名前からして遅くから始まり、遅くまでやるのかと思いきや、

この日は19時から予約もあったようで、いろんな形に対応できるようです。

20150516_011152

「パクチーラーメン 580円

麺は細麺でそうめんのようですが、実は卵麺。

あっさりしたスープにたっぷりのパクチー。

鶏肉のチャーシューで、ベトナムのフォーの和風版って感じ smile

20150516_012025

「台湾ラーメン 600円

辛さを5倍まで指定できるのですが、

辛いもの好きで挑戦者のいっしゅうさんが、最大の辛さの5倍を指定eye

普段使う鷹の爪の輪切りが5倍入っており、

油で煮出したようになっているので、スープはさながらラー油 coldsweats01sweat01

これは、我慢とか根性の問題でなく、舌が痛いレベルの辛さになるので、

初めは1~2倍を最初に試することをお勧めします。

20150516_010727

「〆カレー 680円

すじたっぷり、背油たっぷりのサラサラのルーをご飯に混ぜて、

シャバシャバと流し込めば、芯からほっかほか spa

ほかにも、

20150516_005442_2

こんなに多彩なメニューもあり、

今度は、開店から〆まで飲み食べ続けたいものなのです wink good

« 居酒屋ヒロシです | トップページ | 門福(もんぷく)  »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

〆だけで立ち寄るのがもったいないメニューの数々ですね!
〆屋で始めて遊び歩いてまた最後に〆屋みたいな^^

街もしばらく立ち寄ってないですけど、いろいろなお店ができてますね。
ええなぁ(*´Д`)

その名の通りのメニューでなかなか面白そうなお店ですね。
昔は朝までやっていた小六や万寿の麺等で〆た事を思い出しました。

街中の居酒屋などで、最初に1次会をして、どこかに飲みにいって、「ただいま!」なんて、常連の店に戻ってくるひといますよね happy01
飲み歩きが趣味ではありますが、最近ではめっきり回数も減っています。街を歩いていても、だんだんと周りの人が自分より若くなってきているような気がします wink

小六は、一旦閉店したのですが、移転して再開したと聞いています。
万寿は、いまでもときどき〆のタールー麺を食べに行くことがあります。
世代を超えた繁盛店で、うれしい限りです happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/61613270

この記事へのトラックバック一覧です: 〆屋:

« 居酒屋ヒロシです | トップページ | 門福(もんぷく)  »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008