« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

道後の町屋 

今日は奥さんと、ふらり電車で道後にやってきています train

Dsc_0130

「道後の町屋」

今まで何回も入ろうと思ったのですが、いつも満席

今日はランチタイムを外していたので、やっとのことで初入店です bell

Dsc_0117

店の奥に入ると、落ち着いた古民家風のスペースがあり、

Dsc_0124

奥に庭を望み、街中にいるのを忘れてしまいます catface japanesetea 

Dsc_0128

湯のまち巻き巻き

みかん風味の生地で、自家製のあんこクリームをまいてあります delicious

Dsc_0129

店の片隅では砥部焼の販売。

扉を数枚くぐるだけで、まるで県外に旅行にきているような錯覚に陥ります。

知っているようで、まだまだ道後も奥が深いのです wink notes

2015年6月22日 (月)

カルネ 

五味八珍で盛り上がった一行は、街へ繰り出します。

さすがにお腹はいっぱいなので、

メンバーのTくんの同級生がやっているお店で飲むことになります beer

Dsc_0072

「暖々屋 カルネ」
は、おむすび忠兵衛の前にある居酒屋。

Dsc_0074

カウンターの後ろには、軽くつまめる系のメニューが並んでいます。

女将がTくんの同級生なので、お任せで軽めのつまみが出てきます。

Dsc_0076

島らっきょう

焼肉でこってりした口の中をすっきり smile 

醤油もかけずに、手でつまみながら、焼酎の水割りと交互にいただきます。

Dsc_0079

カプレーゼ

これも、アッサリしていいです wink

料理担当の弟さんがいて、お腹一杯の私たちに合わせてくれます。

Dsc_0081

たこやき

後半小腹がすいたタイミングで、できたての登場。

あっさりした味付けで、マヨをすこしつけてパクリ delicious

TPOに合わせてくれる、気遣いのお店なのです shine

2015年6月18日 (木)

五味八珍

人格者のNくんを慕って集まる「Nくんの会」

Dsc_0003

前回の「日の出ホルモン」に引き続き、

築山町の「五味八珍」で焼肉をいただくことになっております taurus

Dsc_0009

カウンターとテーブル数卓の小さめのお店なので、

本日は私たち10人余りと、テーブルのカップルで貸切。

Dsc_0010

気合と年季の入ったメニュー表を眺めながら、フライング気味に生で乾杯beer 

ワイワイと取り留めのない話で会がはじまります。

Dsc_0017

この店を推薦した、Nくんの同級生I くんお勧めのメニュー「タン」

この会で会うたびに、私やNくんに横幅が近づいてきている、

食べることが大好きな養殖系男子だけに、さすがのチョイスgood

冷凍を機械で薄く切ったものが主流の昨今ですが、

こちらは生の肉なので、手切りで厚めにカットされてきます。

Dsc_0030

タンは片面をある程度しっかり焼いた後、

ひっくり返して裏をさっと炙るのが私の好きな食べ方 smile shine

身が厚いので、いつもより少し火を通して、

その歯ごたえと浸みだすタン汁に身悶えます。

これ、かなり旨いです happy02 bell

Dsc_0031

赤身はハラミが好きだと、満場一致のメタボ系おっさんたちの意見で、

肉汁が滴るような、きれいな赤い肉が到着。

整然とコンロの上に並べて、集中しながらベストの状態に焼きあげます。

グラスまでキンキンに冷えた生beerで、クイーンと流し込みましょう。

Dsc_0040

キモ、ホルモン、センマイも到着。

鮮度がよくすっきりした味わいのホルモンの脂を、

しゃきしゃきとしたキモにまぶしながら、

ひとりバケツリレーで、無言のまま箸が、

鉄板、つけダレ、口の中へとベスト状態の肉を運んでいきます sweat01

もう一度いいます。

この店、かなり旨いです happy02 fuji

ここまで来たら、

Dsc_0043

豚バラ、カシワも食べたいよねって、注文。

真ん中は、うますぎなので追加でお願いしたキモです。

Dsc_0049

バラが脂・肉・脂・肉と、どっかの国旗のような整然とした模様。

牛よりもキレのいい脂が、肉汁と混ざり合いながら、

唾液腺、耳下腺に全開モードの信号を送信し続けるのです。

これ、ご飯にのせて食べたか~~ delicious note

さて、

Dsc_0054

しめ1は、焼きそば notes

しっとりと仕上がった中華めんがもっちりしていて、

ソースの甘辛さと、キャベツのうまみが合うのです。

Dsc_0061

しめ2は、中華そば noodle

ややソフトな優しい出汁と、コショウのアクセントが懐かしさ~

なんだかんだ言っても、

これ系の中華そばが一番昭和生まれのDNAには一番合います。

え~~~と、

私、言いましたっけ?

この店、かな~~り、まじで、旨いです delicious diamond

2015年6月15日 (月)

門福(もんぷく) 

道後に本格的中華の店ができたsign01とのうわさを聞きつけます。

県文(ひめぎんホール)東よこの道を北上し、

大黒屋道後店の角を、東に右折してしばらくの業務スーパーの横。

店の近くには、コインパーキングがあります。

Dsc_0132

「門福(もんぷく)」は、白を基調としたすっきりした店内で、おしゃれな空間。

奥さんが選んだのは、

Dsc_0103

「門福ランチ 980円

麻婆豆腐、えびちりソース、鶏のからあげの中から、

Dsc_0113

麻婆豆腐を選択。

ラー油と山椒の辛さがガツンときて汗が吹き出しますsweat01が、

舌触りのいい豆腐と一緒に、吸い込むように食べてしまいます。

私は、ランチタイムメニューの中から、

Dsc_0107

「元祖汁なし坦々麺 580円

Dsc_0099

「炒飯 もち麦入り」を、ハーフサイズでお願いします。

見事なまでにぱらぱらと炒められた米粒には、卵がからみついており、

あっさりした味付けで、さっくりといただけます。

咀嚼ていると、もち麦のほのかな甘さが浮かびあがります delicious

Dsc_0108

麺を丼の底から豪快に一気に混ぜると、空気とともにずずっsmileと吸い上げ。

中太のストレート麺に程よく汁が絡まり、辛さが口と鼻の奥に広がります。

これ、かなり好きです happy02 note

夜のメニューは、

Dsc_0095

こんな感じで、

Dsc_0096

バリーションにとんだ品揃え。

次回は、ある程度の人数で、紹興酒でもいただきながら、

がっつりいただきに来たくなるのです shine

2015年6月10日 (水)

〆屋

今まで、数えきれないほどの飲みの〆(しめ)を経験してきました happy01

若いころには、中華の天龍カワシマのカレーに始まるボリューム系

ラーメンでは、あずま家なかむらちかっぱに、何度吸い込まれたことか。

最近では、癒庵の日本そば辛麺屋桝本ちょっとカロリー低め系で、

〆の瓶ビールとともに、至福の時間を過ごしてきました。

その〆にポイントを絞ったお店があるの、ご存知ですか?

20150516_005359

「〆屋」は、八坂通りの一本北にある、〆専門のお店。

名前からして遅くから始まり、遅くまでやるのかと思いきや、

この日は19時から予約もあったようで、いろんな形に対応できるようです。

20150516_011152

「パクチーラーメン 580円

麺は細麺でそうめんのようですが、実は卵麺。

あっさりしたスープにたっぷりのパクチー。

鶏肉のチャーシューで、ベトナムのフォーの和風版って感じ smile

20150516_012025

「台湾ラーメン 600円

辛さを5倍まで指定できるのですが、

辛いもの好きで挑戦者のいっしゅうさんが、最大の辛さの5倍を指定eye

普段使う鷹の爪の輪切りが5倍入っており、

油で煮出したようになっているので、スープはさながらラー油 coldsweats01sweat01

これは、我慢とか根性の問題でなく、舌が痛いレベルの辛さになるので、

初めは1~2倍を最初に試することをお勧めします。

20150516_010727

「〆カレー 680円

すじたっぷり、背油たっぷりのサラサラのルーをご飯に混ぜて、

シャバシャバと流し込めば、芯からほっかほか spa

ほかにも、

20150516_005442_2

こんなに多彩なメニューもあり、

今度は、開店から〆まで飲み食べ続けたいものなのです wink good

2015年6月 8日 (月)

居酒屋ヒロシです

"Che Vuole Questa Musica Stacera (今夜、この曲はどうしろというのか?)"

upwardright まずは、上の行をクリックして、この音楽を聴きながら読んでくださいnote

Dscn8049

「ヒロシです、、、catface

おっと、いけちゃんです。

今夜も夜中の1時ばまわっとるとにwatch、街をうろうろしとるとです。

ふと見ると、看板と暖簾に、一昔前のギャグがかいてあるとです eye

Dscn8050

こげん看板ば見つけたら、入らんわけにはいかんとです。

Dscn8054

酔っぱらった俺たちを、大将はやさしか笑顔でむかえてくれて、

突き出しば出してくれたとです。

今夜もしこたま飲んだのに、反省会の名目で瓶ビールば、空けるとです。

個人的には、キリンの一番搾りが、いちばんすいとるとです。

いけちゃんです。。。catface notes

Dscn8056

餃子があったらぜったに頼むとしさんが、

やっぱり鉄鍋餃子ば、注文しんしゃるとです。

小ぶりでパリッと仕上がっていて、手作りのうまさがにじみ出てとるとです。

Dscn8064

遅い時間やけん、ペースば落そうと瓶を頼んだとけど、

つまみがうまかけん、やっぱり生ビールばお願いするとです。

ジョッキがカンカンに冷えとるとが、うれしかとです。

いけちゃんです。。。happy01 good beer

Dscn8061

せせり串焼きも、歯ごたえとうま味が澄んでいて、たまらんとです。

大将としゃべりよったら、遅い時間でも近所の人が常連になって

来てくれるらしかです。

Dscn8065

ゴーヤチャンプルーは、これからの時期、一段とおいしいとです。

玉子と柔らかい豆腐も入っていて、歯ごたえを残した苦いゴーヤを、

甘めの出汁がやさしく包んでくれるとです。

なんでか知らんけど、とても落ち着く雰囲気に長居してしまうとです。

また、ふらりと立ち寄ってしまうとでしょう。

この店、かなり、よかです wink good

いけちゃんです。。。

いけちゃんです。。。

2015年6月 4日 (木)

il Banco

千舟町に、ドーンと登場した肉の館taurus 「イルバンコ」

Dscn8069

鉄さびをおしゃれに利用した看板と、

Dscn8092

扉に突き刺さった斧の取っ手に引き付けられ、入店です run

Dscn8096

昼はランチコース1種類だけで、

別料金でブラッドオレンジジュースをお願いしてゆっくり待ちます。

スターターは、

愛媛県の初どれトウモロコシスープ delicious

心地よい自然のあまみが、優しく体細胞に浸透してきます。

手作りのフォカッチャが、軽くトーストされこうばしさをまとって登場。

もっちりとした食感とほのかな小麦の香り catface shineがたまらんです。

Dscn8103

アミューズは、

石垣鯛のカルパッチョ

トッピングの岩城島のレモンの泡の酸味がアクセント wink

カップの中は、甘い人参のムースに、濃厚な北海道のウニ

スプーンで口に運び入れたとたんに、とろけて脳幹を揺さぶる快感 happy02

トマトも岩城島産で、甘みの中に自然な青っぽさが懐かしの味

手前は、フランス産鴨のマグレカナールの瞬間燻製

粒マスタードをプチッと嚙みながら、熟成した塩味の鴨とのバランスを楽しみます。

Dscn8105

大皿にたっぷりサラダ

大人の苦みと、さらりとかけてあるチーズが広範囲の味蕾を解放します。

Dscn8107

店内の椅子は、牛皮にこだわったものもあり、

ディスプレイも牛のイメージで統一されており、かな~りおしゃれ wink

ほぼ満席状態の、スタイリッシュな女性たちの情報の早さに驚きます。

さて、

Dscn8110

県内産メス牛の塊肉を店内にひき肉にしたハンバーグがメイン。

ナイフを肉の上に落とすだけで、割れ目から透明の肉汁が溢出 spa

いままでこのブログで、何度どなく肉汁を紹介してきましたが、 

その噴出力upと量sign03は、ぶっちぎりで新記録を更新です fuji

絶妙の火加減で、外はカリッと、なかはふんわりジューシーに。

まさに、牛肉バクダンが爆発 impact 状態なのです。

二種類のソースで食べ分けながら、

残しておいたフォカッチャに、肉汁をしみこませて夢中にいただきます。

1,500円とは思えないボリュームと手の込んだ品数の多さ happy02 bell

グラスワインを注文している女性もおられて、それもありだと納得。

これは、早いうちに、夜にステーキを食べにこんといかんでしょhappy01  

2015年6月 1日 (月)

Petit ciel プティ シエル 

湊町にできた、ガレット専門店 note

Dscn8072

「プティ シェル」は、旧東亜珈琲前の角にあります。

店内は光がしっかり入ってくる明るい雰囲気 notes

Dscn8082

禁煙室が完全個室になっているのは、非喫煙者としてはうれしいですね wink

メニューを眺めると、さまざまなガレットの種類。

Dscn8078

最初なので、私たちが選んだのは、

Dscn8084

「日替わりガレットランチ 780円で、本日のガレットは、カンパーニュnote

真ん中の半熟卵をつぶして、チキン、玉ねぎのピリッとソースとからめ、

薄焼きの素朴な味のガレットに、卵がまろやかなコクを与えてくれます。

私には少し小さめのサイズですが、

横のスイスからの外国人観光客が食べていたのは、

ランチセットではなく単品注文で、そちらは一回り大きいサイズ

ランチセットにこだわらずに、単品の方が大食漢にはいいかもしれません。

さて、

Dscn8090

奥さんは上のセットにクレープで、950円

もっちりしたクレープに、ベリーソースとアイスをからめていただきます。

奥さんは、甘いものが最後に来たので、このセットでお腹一杯。

いろんな種類の食べ物があって、松山グルメって本当に楽しいのですnotes

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009