ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月27日 (水)

地恵地楽ダイニング 青空食堂 樽味店

新鮮な野菜を、いろんな方法でたっぷり食べたい happy01 good

20150505_203501

そんなとき、我が家が向かうのがここ。

「地恵地楽ダイニング 青空食堂 樽味店」です wink

郊外にあるので駐車場も広々と完備。

店内に入ると、素敵な笑顔と掛け声で出迎えられ、気持ちも昂揚shine

接客も丁寧でスムーズ、注文してから出てくるのも早いのです。

さて、

20150505_193902

まずは、「農園10品目のサラダ 680円

その日のおすすめシャキシャキ野菜が、10種類たっぷり。

あっさりドレッシングで、いくらでも入ります wink

20150505_194321

お次は、「ラクレットチーズ」

半円状の大きなチーズの塊がやってきて、

上の溶けた部分spaを、これでもかと野菜の上に載せてくれます。

それに絡めながら、おすすめのグラスワインの赤と合わせましょうwink 

20150505_194443

「たけのこと土佐あか牛のトマトソース ファルファッレ」

蝶ネクタイ型のパスタに、コクのつまったソースをからめます。

20150505_194848

「いなほ地鶏の天然塩焼き 1890円

じっくりと焼しめてあるので、歯ごたえを楽しみながら、

鳥肉エキスのしみだしを味わうことができます delicious

20150505_201335

「5種のこぼれチーズピザ 880円

チーズの量が半端ないので、ピザ生地を器にしてこぼれないように登場。

20150505_201503

その器のような生地に切れ目を入れて、

たっぷりのとろけたチーズをこぼさないように、熱々と口に運びます wink

餅のようにさっくりした食感と、食べ応えのある生地とのベストマッチ。

全体的に、外食にしてはあっさりした味付け。

我が家のヘビーローテーションレストランなのです wink clover

2015年5月25日 (月)

ジェラテリア UNO 

ステーキでエネルギーがみなぎった体を落ち着かせるために、

こちらも、 以前から気になっていたジェラートのお店 snow

20150502_132250

まつちか梯子で、「GELATERIA UNO」に突撃です run

20150502_042453

新しくてすっきりした店内で、まずはショーケースに並んだ

地物にもこだわったラインナップに、目を奪われます eye

ピスタチオ、ラフランス、キーウイ、ヘーゼルナッツ、ラフランス、ミルクetc.

迷いに迷った挙句、私のチョイスは、

20150502_132841

左 かおりの: その名の通り、かおりのいいイチゴ catface shine

右 いよかん 着色していないので白いですが、甘いあっさり味 delicious

奥さんは、

20150502_132617

小梅: 果肉がアクセントになり、後味すっきりの酸っぱさ confident notes

娘は、

20150502_132717

左 チョコチップ軽いほろ苦さとカカオの自然なかおり wink

右 あまおう: かおりのより、甘みがつよめ happy01

食べ終わってから、お店のシェフにいろいろ伺うと、

元になる素材から、混ぜ合わせるものまで自然派にこだわってます。

前を通るたびに、どこかのチェーン店だと思っていましたが、

本格的な、手作りジェラートだとわかります。

ここ、これからの時期、ぜったいおすすめなのです happy01 crown

2015年5月21日 (木)

まつちか ステーキ食堂

最近、街中にステーキの店が増えましたね taurus

20150502_125831

その中でも、一等地にできた「まつちか ステーキ食堂」に突撃 run

店内に入ると、ステーキがじゅーじゅーspa焼かれ、においが充満。

「肉欲しいボルテージ」が、
一気に体内で加速上昇してきますup

20150502_130444

ランチは、二種類から選べるのですが、

「世界で1番 リブが好きhappy02と、大きく看板に書いてあるので、

20150502_130535

「リブロースステーキ 200g 
1,380円」  メキシコ産 

20150502_130558

これだけむき出しのザ・肉と対面するのは久しぶり notes

なぜか、ハロー
scissorsとあいさつをしたくなるのは、

アメリカなど外国で食べたことのあるステーキに似ているからでしょう。

20150502_131304

レアで、ぐいぐいdelicious かみしめていきます。

肉自体の味はとてもあっさりしているので、ソースで味を広げながら、

切っては口に運ぶ作業を黙々と、続けます。

全身に牛肉細胞が拡散し、腹の底から力がみなぎってくるのですrock

2015年5月18日 (月)

天領 二番町店

次の日が休みで、飲み始めが遅いという条件がそろうと、

だらだらと明け方まで飲んでしまいます
 catface 

20150502_023930

今夜は、ブログを始める前によく行っていた、「天領」で締めラーメンって流れ。

20150502_024103

締めの為に入ったのだから、すんなりラーメンを頼めばいいのですが coldsweats01

まずは、

20150502_024709

瓶ビール「手作り餃子 700円で、本日の反省会が始まります。

当然のように、何を話していたのかなど、記憶の片隅にもないですが、

さしつさされつ、また追加の瓶を頼んで、ぐだりんぐだりん
 confident note

さて、

お店の方に、ラストオーダーを告げられて、

20150502_032427

三時半の元味ラーメン(ハーフ) noodle

相変わらず、あっさりしたスープに、細麺が似合います。

チャーシューの香りを楽しみながら、完食
 smile

こちらのお店は、宮崎流炭火焼鶏もおいしいのですが、

この日は、入店も遅かったので売り切れ。

おもむろに、新聞配達とすれ違いながらの千鳥足で帰路につきます。

後ろめたい堕落感、やりあげた達成感、そして得も言われぬ疲労感

けっして、嫌いではないのです wink good

2015年5月15日 (金)

わびすけ 

diamond 知る人ぞ知る、松山飲み屋界のマニアスポット diamond

20150502_012202

今夜伺っている「わびすけ」は、驚きの品ぞろえの焼酎専門店です。

20150502_012540

「六代目百合」

鹿児島沖にある甑列島で造られている芋焼酎。

江戸時代からの歴史がある塩田酒造。

これぞ芋焼酎という香りと味が癖になるインパクト happy02

焼酎に関して他の追随を許さないマニアっぷりの大将は、醸造科出身。

溢れだす知識を伺いならが、大人の時間が過ぎていきます sandclock

20150502_012818

「あおちゅう」

伊豆諸島の青ヶ島で造られている、芋焼酎。

芋のインパクトは強いのですが、すっきりとした飲み口。

20150502_020535

最後の仕上げは、ご存じ鹿児島のかき氷「しろくま」

奥の部屋で、じゃりしゃりと氷を削る音snowがして、満を持しての登場。

上から見た姿が、シロクマの顔にみえるとのことですが、

練乳の甘さと、あんみつのあっさり感がたまりません。

基本、年中無休。

ここ、かなりハマりますよ happy01 good

【おしらせ】

次の日曜(5月17日)10時から、またしても南海放送ラジオshineに生出演予定。

松山の食べ物屋さんのことを15分ほど話すシリーズで、

これからも毎月第3日曜の同じ時間の予定です。

お時間のあるかたは、聞いてみてくださいね ear

2015年5月11日 (月)

uzumaki cafe 

銀天街の一本北の通りにある、ポップな感じのアイスクリーム屋さん snow

昔の、さんりんしゃのところといえば、お分かりいただけるでしょう。

20150425_114225

季節も温かくなってきたので、「ウズマキカフェ」に突入です run

20150425_024012

ヤングでナウなJKの雰囲気(古っ!)に、オジサンはすっかり圧倒 sweat01

しかし、そこは勇気をもって、ぐっと店内を見回します note

20150425_115325

窓側の席に着くと、外の雰囲気が感じられ、開放感があります。

20150425_115424

「グラニータ 500円

氷状に固めたミカンジュースのかちわり状態 wink

食べ進めていくと、後半はバニラアイスが登場

瓶の容器ですが、取っ手がついていること自体に、オジサンは再び動揺 coldsweats01

すっと汗が引いて、いい感じに落ち着きます。

奥さんは、

20150425_120156

「いちごチョコ 550円に、ワッフルボール(100円)

濃厚なチョコレートアイスと、イチゴの酸味がナイスコンビネーション。

甘いものは、ここまでがっつり甘い方がすきです happy02

さて、

この、銀天街の一本北の通りは、いろんな若者の店があります。

透明なカップに入った飲み物に、太いストローを刺して売っている店など、

以前からとても気になっています。

きゃぴきゃぴした行列の雰囲気heart04に押されて、ほぼ未入店ですが、

これからは、勇気をもって突入してみたいのです happy01

2015年5月 7日 (木)

最近の源氏車でたべたもん

あれだけ待ちわびた桜もあっというまに散り、

ぼちぼち短パンとサンダルに衣替えをしようかと考えていますwink

20150411_133606

花園町の源氏車の前を通ると、まぜそば!の文字に吸い寄せられますeye

20150411_132019

今年は、「二代目まぜそば」

なんとインド風という、驚きの喜びナマステ happy02

20150411_132042

この店にしては細めの麺のねじれに、魚粉カレー味のルーを絡めて、

ゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾーーーーーーーーッ spa

キーマ風にミンチになった肉のうまみがしみだしてきて、

気が付くと、鼻の頭にじわりと汗がにじんできます。

中盤は黄身をまぜて、余熱でとろりとした食感とまろやかさを堪能 smile

20150411_133236

このゴルフボールサイズのライスもついているので、

最後は、のこった玉ねぎなどをしっかり混ぜて、きれいに完食です happy02

さて、

noodle 日時は変わって日曜日 noodle

20150412_122143

いつもは締まっている店先に、「レ者(れもん)」ののぼり。

HPによると、毎月第二日曜昼のみやっているお店。

20150412_122152

月に一回しか食べられないものを、見過ごすとはありませんよね note

20150412_122737

「塩ラーメン」

魚粉系の芯はぶれず、コクの深い仕上がり。

滑らかなねじれ麺を、心地よく喉に落としながら香りを楽しみます catfacenotes

白とびしていますが、中盤からはレンゲの上のマヨ系タレをとかしこみ、

コクにまろやかさと深みを加えましょう clover

20150412_122915

「塩つけめん」

ラーメンと構成は似ていますが、これからの時期にはうれしい涼しさsnow

養殖系男子には、やさしい感じになっています wink

固定客をつかみながらの、新しい挑戦にうれしくなり、

真円上のベルトをさすりながら、天井のなくなった道に戻るのです shine

2015年5月 1日 (金)

澤田 

cute 郊外のおちついた隠れ家的和空間 cute

Dsc_0072

今夜は、奥さんが通っている整体の先生から教えていただいた、

今在家の「日本料理 澤田」に、突撃しています。

民家の中にぽつりとあり、とても静かな環境。

若くてキリリとした男前の大将に外までお出迎えいただき、

個室に通されると、小さくて手入れされた中庭がみえ、落ち着きます。

Dsc_0083

「先付け」

軽くあぶった帆立貝、わけぎに、八丁味噌の酢味噌がかかっています。

コクの強い八丁味噌に負けないくらい酢が効いており、

火が通って活性化された貝のうまみを引き立たせます delicious

Dsc_0086

「鯛の酒蒸しと、うすい豆のすりながし」

肉厚の鯛は、身がほっこりとなるくらいの火通りかげん。

新緑の香りがする出汁と一緒に喉に送り込むと、

いっきに春がやってきました clover

Dsc_0093

「刺身の盛り合わせ」

左から、

さっぱりした赤身のうまさの、キハダマグロ fish 

歯ごたえがよくやや野性味を感じる、シマアジ wink

サワラは、炙られることによって脂のうまみと香りが増幅

濃厚なウニの味わいと、うまみ深いタイラギ貝

キュキュとしたすがすがしいトリ貝に、もっちりしたもんごうイカ

箱庭的竜宮城状態です happy01 crown

Dsc_0100

きっちり焼しめられた、アマダイのひとしお

浦霞の純米をすっきりと合わせます bottle

サザエほどよい苦味が、これまた酒と合う happy02

Dsc_0107

さと芋饅頭には、季節のたけのことわらび。

味のしっかりしたねっとりしたあんを絡めながら、

春の息吹を全身に運んでくれます fuji

全体を通して季節感を大切にされており、

器でも盛り付けでも楽しませてくれます。

Dsc_0110

締めのご飯から、ひじき

あまりのうまさに、反射的におかわり sign03

Dsc_0112

そぼろと、鮭も選ぶことができますよ。

そぼろには、山椒が効いていて、

おとなしそうな見かけと味のパンチのギャップにうれしい驚き eye

後味がさっぱりするのが、いいです。

Dsc_0114

最後は、くちなしのゼリーと、大将がつくった黒豆

豆の上品な甘さと、くちなしのあっさり感が秀逸。

お話を伺うと、

名古屋での修業を経て、二年半前にこちらにお店をオープン。

はっきり言わせて下さい bell

ここ、めちゃくちゃ好きなのです  happy02 happy02 happy02

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2