ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 大洲かめやで、うどんすき | トップページ | 秀坊 »

2015年4月 6日 (月)

あしあと

今夜は、居酒屋探検隊ミニ版 snail

行きつけの寿浬庵に行く前に、その近くで軽くやっていく算段です。

Dscn8014

「あしあと」

本町四丁目の路地にぽつりと看板が光っています diamond

Dscn8018

ちょっと酢の効いたイワシとキャベツの突き出しは、まさに家庭の味。

イワシの脂が軽く締まって、胃袋の動きを活発化させます。

品書きや、壁のメニューを見て、あれこれ何を注文するか考える時間
って、

どんなお寺で座禅を組むより、無心になれます shine

まあ、座禅組んだことはありませんけど、、、 coldsweats01

Dscn8022

「みずいかの煮物」

ふっくらと炊きがっており、その新鮮さが肝からの伝わってくる一品。

船員として長く勤めておられた大将の、海へのこだわりが伝わってきます。

瓶ビールに続いて、熱燗をお願いしましょう
 bottle

Dscn8026

「たまご焼(300円)

甘さが抑えてあり、とてもシンプルでいくらでもはいります。

元気な女将さんとの話も、徐々に盛り上がってきます。

Dscn8030

「豆腐土佐あげ(500円)

揚げた豆腐の衣に鰹節が絡んでいる揚げ出しを、そう呼ぶとのこと。

最初に行った店で必ずこのメニューを頼む専務も、ご満悦 smile

料理がどれもあっさりとおいしいので、

ちょっと一杯のつもりが二杯、三杯と止まりません happy02 rock

Dscn8034

「地鶏の鉄板焼き」

メニュー名はうろ覚え。

野菜たっぷりで、弾力はあるけど柔らかい鳥と一緒に、

両奥歯でじっくりと咀嚼
 delicious

玉ねぎの焦げた香りと、甘さが何とも言えないうれしさを運んでくれます。

近所なら、店の前を素通りできないであろうご夫婦の雰囲気の安心の味。


今夜も一期一会の時間を過ごせたことに、感謝なのです
 notes

« 大洲かめやで、うどんすき | トップページ | 秀坊 »

お酒を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

大学生の頃はその界隈の喫茶店に行った事も有りますが、お酒のお店とは全く縁が有りませんでした。
あしあとを残す事無く今に至ります。

お酒は二番町界隈か本町辺りだと屋台でした。
最近は屋台は無くなりましたか?

十数年前に私が松山に転勤してきたときには、すでに屋台はありませんでした。
堀之内公園、道後公園、石手川河川敷など、これからの時期、屋台があれば吸い込まれそうな場所はたくさんあるのですけど、時代なのでしょうね wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/61256979

この記事へのトラックバック一覧です: あしあと:

« 大洲かめやで、うどんすき | トップページ | 秀坊 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008