ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

楽市

今夜は久しぶりに「愛媛うどん部」の飲み会部門に参加 good

一次会は8時からなのですが、

有志が集まり6時から0(ゼロ)次会があるとのことで、喜び勇んで突入 run

Dsc_0035

0次会と言いながら、すでに10人近くが集まっており、

常連の皆さんは、最初から内輪ネタで盛り上がっています。

私はちょうどまーな師匠の対面に座れたので、

久しぶりにゆっくりとお話をすることができます。

Dsc_0040

お店のオーナーさんもうどん部の部員ということで、

飲み放題から何でも二杯と、これから紹介するメニューで1500円。

メニューの生中の横に「大」のメニューもあるので、すかさずお願いします。

Dsc_0042

まずはキュウリの浅付けをシャクシャクいただきながら、

胃袋にエンジンをかけましょう。

この後、白菜と大根の漬物が出て、値段からしてその辺だと思っているところに、

Dsc_0043

熱々の「とんぺい焼き」が、登場 spa

ねっとり半熟状態の卵とお好みソースで、一杯目の生大を飲み干します。

そして、二杯目も厚かましく、生大を注文 beer

Dsc_0046

そこで、一同驚嘆の「羽根つき餃子」 eye

いくら部員だといっても、オーナーさんサービスしすぎでしょ smile

Dsc_0049

薄くてパリパリのはねに、小ぶりながら存在感のある肉汁 sweat01

これから一次会なのに「だいじょうぶん?」な感じで、

ほぼ出来上がったまま、本会場にワイワイと移動するのです run

2015年2月23日 (月)

ラーメン NORI

南環状線の桜製麺の裏にあり、昔「萬田」があった場所に、

かわりダネのラーメンを食べさせてくれる店があると、友人のblogで発見sign03

彼が食べていた「わさびラーメン」を食べるかどうか悩みながらの突入ですrun

20150131_113931

「ラーメン NORI」 noodle

メニューはこちら bell

店内の音楽と内装が、昭和ポップス notes

せいこ、あきな、五輪真弓などのレコードジャケットや、

昔懐かしの漫画が並んでおり、ノスタルジックに浸ることができます。

伺えば、大将が昭和をお好きだということ wink

さて、私がお願いしたのは、

20150131_114627

手前の「焦がしガーリックラーメン(600円)

出しは透明で、心地よいあぶらのかおり。

焦がしにんにく、細かく砕いて 違うベクトルの香ばしさが加わります。

麺は、九州ラーメンのような固めの細めん。

奥さんは、

20150131_114616

写真奥の「豚軟骨ラーメン(700円)pig

沖縄のソーキみたいな豚軟骨は、とろとろ delicious

見た目は黒いですが、あっさりだしで醤油がちょっと効いた感じ。

さて、

昭和歌謡曲にすっかりとリラックスしながら再びメニューに目をやると、

わさび塩ラーメンがしきりに気になります eye

ちょっと怖いのと、腹もいい感じなので、次回以降に持ち越しなのです wink

 

2015年2月19日 (木)

辛麺屋 桝元 

きょうざ屋 の赤ぎょうざで勢いのついた一行は、

辛いと言えばここの、「辛麺屋 桝元」に突入 run

こちらの店は、夜中過ぎでもいつも満員状態ですね annoy

まずは、

テーブルの上のメニューから、単品でと瓶ビールの鉄板パターン連荘scissors

20150201_010203

まずはここでも、

20150124_021059

「焼ギョウザ(350円)

定番の美味しさで、ほとばしる肉汁sweat01に歓迎されます。

20150201_010441

九州では定番ですが、松山ではあまり見かけない「豚足(500円)

冷たい豚足に、甘めのみそだれを付けて骨に齧り付きます bell

生理的にNGな方もおられるので、私が遠慮なくガリガリ。

さて、

20150124_022035

頭上のメニューを眺めながら、辛麺の倍数を選択 sign02

20150201_013300

チャレンジャーのとしさんが、なんと25倍に挑戦 bomb

フルサイズなので、時間内に食べきると色紙を残せるそうですが、

タイムトライアルは最初から無理そうなので、時間測定なしで食べ始めます。

20150201_013318

この記事を書いているだけで、本当に顔から汗sweat02がにじんでしまう私は、

手前の5倍ハーフサイズ。

頑張れば15倍は行けると思いますが、

私が美味しく食べられるのは3-5倍あたりですね wink

20150124_022210

参考までに、一週間前に食べた15倍のハーフサイズがこんな感じです。

25倍を試食させてもらうと、

麺にざらざらと唐辛子がまとわりつき、やはり激 annoy 激辛 annoy

我慢とかなんとかより、本能的に危険を感じるレベルbombで、

15倍とは別世界の物に仕上がっています。

結局、25倍の丼の唐辛子をみんなで貰って助太刀 coldsweats02

さて、

尾籠な話で恐縮ですが、お店の方がおっしゃっていたように、

次の日昼過ぎに、ちょっと大変なイベントが訪れました bearing

でも、

しばらくすると、また行きたくなるのですよね。

唐辛子とニンニクの刺激が、たまらんとです shine

2015年2月16日 (月)

ぎょうざ屋 

今夜は、久しぶりに街に繰り出しています。

年が明けてしばらくたつというのに、土曜日は人が多いですね note

そこそこ出来上がっていたので、店舗写真失念。

20150201_001339

八坂と二番町の角で、「ぎょうざ屋 松山店」に吸い込まれますrun

瓶ビールをグラスに次いで、なんとなく乾杯 diamond

ただ早い時間から飲んで、二次会に来ただけなのに唱和される、

「おつかれ~!かんぱーいbeerが、大好きですwink

20150201_002352

「一番人気ぎょうざ 7個入り450円

皮が薄く小ぶりですが、そのぶん、具の存在感が強調されます。

小さい肉汁爆弾を一個一個咀嚼 delicious しながら、瓶ビールでお迎え~。

20150201_002634

上から、

「塩であっさり 大葉入りぎょうざ(6個入り)450円

大葉の香りがしっかり生きていて、サクサクといくらでもはいります。

手前の存在感があるのが、

「旨辛 赤ぎょうざ(500円)

唐辛子の辛さで、ぐっとのけぞりそうになり、滝汗全開 sweat01

でも、二個目に手が自然と伸びるんですよね。

さあ、

残った瓶ビールをみんなでくいっと空けて、

辛い物つながりで、次の店に移動しますよ~~ bomb

2015年2月12日 (木)

胡桃 

本格中華が旨いと噂の店が、土橋のバナナ館跡に登場 scissors

20150118_122219

「胡桃 フゥタオ」に、突撃 run

店内は、明るく清潔感あふれる広いワンフロアー。

厨房の活気が、テーブル席や座席にちょくで伝わってきます note

20150118_122400

一般的に知られている中華料理のメニューは、ほとんど揃ってる感じ。

今日は、多彩なメニューの中から、点心をお願いしてみましょう delicious

20150118_123323

春巻き(広東春巻2本320円)

熱々で噛むとパリッと壊れるように割れます。

中から、湯気と一緒に椎茸などの旨味じんわり spa

20150118_123549

チャーハンセット(ハーフラーメン付き650円)

やはり初めての店のチャーハンは食べておきたいですよね。

玉ねぎ、ひき肉、卵が細かく混ざり混んでいて、食感も滑らかnote

焦げ目が香りで食欲をそそられ、多目の量ですがスイスイとなくなります。

これ、かなりお勧めです good

ハーフラーメンのスープも八角?のような本格中華スパイスが効いていて、

ひとあじ違います。

20150118_123730

水餃子(3個360円)

やや厚めの皮がつるつると喉を通っていきます happy02

スープと一緒にしっかり噛むと、シンプルな豚肉と野菜のうまみ pig

20150118_125004

小籠包(3個450円)は、

プルンプルンで熱々 spa

なかのスープは一滴残さずれんげで受けて、ごっくん。

あっさりとした仕上がりで、これは何個でもいけるとです sign03

最後は、

20150118_125536

中華ちまき(200円)も、様々な具が入って、しっかり味の深いもち米。

値段お手頃♪ 味旨し♪ お待たせしない♪

こういう素晴らしいお店に出会うと、帰りはスキップしたくなるのです sun

2015年2月 9日 (月)

百年うどん 

相変わらずIngressにはまっています。

本日は、松山城にリフト代をリアル課金dollarして登城 up

(冬の間はリフトの点検中で、しばらくロープウエーのみとのこと)

レベル7の私が、お城の上で好き放題にゲームを楽しんでいると、

姿の見えないレベル10の人にやっつけられ、すごすごと東雲神社へ
sad

20150125_141348

ふと、東雲神社の前に新しいうどん屋「百年うどん」を発見します eye

20150125_141426

珍しい名前に惹かれ、その謎を解くべく突入。

ゲームにはまりすぎて、遅めの昼食です。

20150125_142047

おでんは、大根とこんにゃく

上品な透き通ったお出しにこだわりを感じ、期待が高まります wink

20150125_142011

初めてなので、デフォの「百年うどん(580円)を注文。

じゃこてん、青のりの餅、ほたての貝柱の天ぷらと南予系竜宮城状態。

麺はやや腰があるツルッと
しており、するすると食べ進めます。

出汁も残さず食べきることができる美味しさで、ほっと落ち着きます delicious

名前の由来を伺うと、

100年前に南予で行列ができた店の味を、お年寄りの記憶を頼りに再現diamond

昆布、だいず、節などいろんなものがはいっています。

facebookを見ると、北海道利尻昆布の2等級(6段階の上から2番目)を、

北海道のサーフィン仲間からとりよせているとの事。

さて、

二か月が過ぎたIngressのダイエット効果sweat01ですが、

いつも週末食べ過ぎて、月曜に締まりにくかったズボンのボタンが、

月曜からストレスなく締まるようになりました
 scissors

体重は?って?

これが、まったく減っていないんですよね~

まさに、なにをやっても、質量保存の法則なのです catfacepig

2015年2月 6日 (金)

お寿司通り 古川本店 

漁師さんや、一般の方の釣りたての魚も仕入れている回転寿し fish

20150122_150850

以前から、テレビなどで紹介されているのを見るたびに来たかった、

「回転寿し お寿し通り 古川本店」に、突入です rvcar


20150122_144148

店前の看板では、いい感じのキャラの店長さんが、本日のおすすめを紹介shine

朝から絶食で、健康診断明けの夕方3時。

本日最初の食事のために、まずは気合を入れて、メニューとにらめっこ eye

20150122_150102

この時間は、声をかけると定員さんが注文を取りに来てくれます。

まずは、

20150122_144255

「朝どれ!本日 天然物!!のから注文 good

20150122_144531

売り切れの品あったので、まず4品。

夕方前の時間なのですいており、待ち時間もほぼないのが嬉しいです delicious

左上から、トラハゼは、小骨の処理もうまく、淡白で張りのある身 delicious

左下のホウボウは、しっかりした歯ごたえにほのかな甘味 smile

右上のグレは、くさみもなく脂のっており、その奥深い旨味に驚きです happy02

20150122_144537

右下のハギには、縁側と肝がついていて、三位一体の完成度 sign03 

夕食前に軽くつまむつもりだったのですが、あまりの旨さに勢いが止まりません。

20150122_145334

特上本マグロ(300円)は、ほどよい酸味で、すっきりと引き締まった赤味

ホウボウは、あまりにおいしかったので、お代わり君 smile

特選アオリイカ(200円)、歯切れよく、ややねっとりの旨味。

最後の、

20150122_150330

こはだ(100円)も程よい浸かり具合でで、すっきりと最後を締めてくれます。

今度は家族と一緒に、夕食にしっかり食べに来たくなります。

次は、せみえび、ニシガイを食べようっと!

2015年2月 2日 (月)

懐凪がリニューアル移転しました(^.^)

瀬戸内海の魚を中心に、バリエーションに富んだ魚介を食べさせてくれ、

私も行きつけの「懐凪(かなぎ)」が、昨年末に移転 scissors

Dsc_0001

場所はワシントンホテルの裏のあたりで、

焼肉自由軒から少し東に進んだWOODYビルの三階です。

今夜は、定例のNくんの会で、コースをお願いしています。

Dsc_0008

まだ、お正月の雰囲気を楽しめる先付けをいただきながら、

初めて参加された方には、

私のフラッシュimpact&レフ板撮影状態cameraに慣れていただきます。

Dsc_0009

サバ、鯛、太刀魚などの脂ののった刺身を、

このようにエッジのたったいい状態で、ちょっとずついただけるのが、

こちらの大将の心意気 good

Dsc_0012

これだけ大きいのに、頭以外はすべてボリボリと食べられるから揚げ

背中の部分のしっかりした身をシャクシャクと咀嚼deliciousしながら、

ちょっと早めの段階で、純米の熱燗を投入します。

Dsc_0013

でました eye

げんこつサイズのフグのから揚げ diamond

周りはややしっとりとした衣をまとっており、

かぶりつくと、真っ白で豊満な白肌が湯気 spa を立てています。

口いっぱいに頬張れるので、

淡白な身からジワリと滲み出すうまみをたっぷりと堪能fujiできます。

Dsc_0023

テッサ薄造りですが、こりっとした歯ごたえ wink

鼻に抜ける上品な香りを楽しみながら、徳利bottleが次々と横になっていきます。

この組み合わせが、心から体にしみ込む年になったようです catface notes

最後は、

Dsc_0027

赤身にイクラまで乗っている漁師飯

卵と出汁のほのかな甘さで、サクサクと締めましょう delicious

大きなワンフロアーなので、4-8人くらいでの中人数2-3組でも余裕の広さ

街中でふらっと旨い魚食べたい時に、とてもおすすめなのです note

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2