ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 全国うまいもの味めぐり@いよてつ高島屋 | トップページ | 創作@大洲駅前  »

2015年1月23日 (金)

豚麺アジト

今日は、河原町にできた話題のラーメン屋さんに突入です run

20141206_120603

「豚麺アジト」は、中の川通りからサロンキティーに向かってすぐの右手 note

20141206_030736

入店してすぐ右手の券売機で、ラーメンのサイズやトッピングを選んで、

20141206_122744

カウンターだけの席に座ると、8年ほど前の記憶がよみがえってきます。

ここって、おばちゃん二人のラーメン屋「まりちゃん」だった気がします flair

その時もかなり酔っていたので、定かではありませんけど coldsweats02

さて、

20141206_121920

「小豚麺(720円)

作っている途中で大将が声をかけてくれて、

野菜、背脂、ニンニクの量を尋ねられるのですが、

最初なので「全部、普通でsign01とお願いします。

事前の情報で麺の量が多いのは判っていたので、

サイズも小を選んでいますが、大食漢の私にもやや多めの普通サイズ。

麺は200g入っているらしく、奥さんはカウンター奥の張り紙を見て、

麺を半分にし、その代りのトッピングの味玉chick
を入れてもらっています。

想像していたほど強めの味ではないですが、

コクのある甘い醤油ベースのしっかりとした味で、

太麺が伸びきらないうちに、ワシワシ
sweat01とかき込みます。

まるごと揚げたニンニクがアクセントになって、あっという間に完食 good

ふと横を見ると、麺を100gに減らしてもらったにもかかわらず、

普通の胃袋サイズの奥さんが悪戦苦闘しているので、残りを助太刀 notes

もっと刺激と迫力が欲しいのかどうかは、好みが分かれるでしょうけど、

半世紀を生きてきた、養殖系の私にとっては、ちょうどな感じ。

次は野菜マシ、背脂少な目でお願いしてみようっと wink




« 全国うまいもの味めぐり@いよてつ高島屋 | トップページ | 創作@大洲駅前  »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

松山の昔からのラーメンと比べると随分こってりとした感じですね。
麺が200gとは大量ですね、イタリアンの小洒落た店では一人前80g程度ですから2.5倍です。

サロンキティって何ですか?

この場所ってそのあと中華料理のお店になってその後高知県の川の名前が入った居酒屋さんになった記憶があり、どちらのお店も何回か行ったのですが、
どれも酔っ払いの帰りであまり記憶がありません・・・。
この種のラーメン屋さんってどうやって注文をすればいいのかわからなくて僕には敷居が高いのですが
「全部、普通で!」
はいいですね。
気になっていたお店だったので行ってみます!!

もっと若いころなら頻繁にかよったであろうボリュームでしたpenguin
最近では行列もできて、繁盛しているようです。
サロンキティーは、石手川沿いにあるライブハウスです。そこそこ歴史はあるようですが、moscatさんがおられた時にはなかったと思われますthunder:http://www.salonkitty.co.jp/sk/index.html

かなり酔度が上がった状態で中ノ川通りの南に行くので、お互い記憶があいまいですねwink
ボリュームはありますが、背脂の調節でパンチの調節はできるので、ぜひお試しあれ noodle

最近友達がここを訪問したとの話を聞いて、是非とも行きたい店としてインプットしてます。

店名だけ聞いた時は大洲のAJITOかと思いましたが^^;

こちらと大洲のAJI10は、関係ないそうです。
肱川町にもアジトがあるの、ご存知でした?
定食の種類も多く、けっこう好きな味ですnotes
http://tabelog.com/ehime/A3803/A380303/38007228/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60793612

この記事へのトラックバック一覧です: 豚麺アジト:

« 全国うまいもの味めぐり@いよてつ高島屋 | トップページ | 創作@大洲駅前  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2