ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 道後 魚武 | トップページ | SOH SOHとOnsenart  »

2015年1月 8日 (木)

Chicama(チカマ)

魚武で胃袋に軽くエンジンをかけた一行は、

鳥津さんらマラソン好きが集まった「RUN SICK」 というグループの、

Dsc_0025

メンバーの一人がやっている「Chicama」に梯子します。

こじんまりとしたワンフロアーのスペースで、心地よりベースの音楽にリラックス。

Dsc_0016

壁掛けのメニューや、レコードジャケットを利用したテーブルメニューを眺めながら、

Dsc_0014

生のハイネケン(600円)と、ノンアルドリンクで乾杯 

Dsc_0015

「地タコのカルパッチョ(480円)

新鮮なタコと、フレッシュなバジルの香りが素敵 

素材へのこだわりと、センスある味付けにワクワク 

Dsc_0019_2

「広島産カキのアヒージョ(780円)バゲット付」

油がグツグツと沸騰した状態で登場 

プリップリの大ぶりなカキを、フーフーとゆっくりと口に運ぶと、

海の滋養濃縮エキスアツアツバージョンが、一気に広がります 

Dsc_0020

「明太子クリームパスタ(980円)

オーナー曰く、「うちのジャンクメニューの中で、不動の一番

さらりとしていながら濃厚で、少し酸味のあるマヨネーズソースが、

ピンとしたバスタといい感じで絡んでいます  

Dsc_0024

「ペペロンチーノ」

本日は醤油味を選択。

ピリ辛と、まろやかな和の香りで、クイクイと胃袋に吸い込まれていきます。

RUN SICKメンバーは、よく走りよく食べることを目標にしており、

しっかり食べているのに、皆さんスリム 

最後は、メンバーのCafe Cabaretのコーヒーで仕上げ、

大人の会は、かっこよく終わるのです 

« 道後 魚武 | トップページ | SOH SOHとOnsenart  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

広島産の牡蠣のアヒージョが特に美味しそうですね。

ほんと、丸々としてとっても美味しかったです。
海のエキス爆弾☀️でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Chicama(チカマ):

« 道後 魚武 | トップページ | SOH SOHとOnsenart  »

最近の写真