« 媛桜  | トップページ | 道後 魚武 »

2015年1月 1日 (木)

2015年 明けましておめでとうございます\(^o^)/

当ブログも、この1月で丸々9年を迎えることができました crown

Dsc_0069

ここまでやってこれたのも、読者の皆様のおかげと感謝しております。

これからも、マイペースでのんびりやっていきますので、

引き続き、お気楽に遊びに来てください happy01 paper

さて今回は、

春からめでたく、私が昨年食べたもののなかで、

最も感動した東京小熊飯店「上海蟹コース」を紹介し、

新年のごあいさつ fuji に代えさせていただきます。

Dsc_0062

「ほろ酔っぱらい蟹」

Dsc_0063

蒸した上海蟹を二日間、スパイスなどの入った紹興酒につけたもので、

この店オリジナル。

見た目はツガニと似ていますが、その味噌の濃厚さが桁違い eye

Dsc_0066

「酔っぱらい蟹」

生の上海ガニを、一か月間、スパイスなどの入った紹興酒につけたもの clover

甲羅の中のみそは、生感を残しながらねっとりとしていて、恍惚の快楽 smile

Dsc_0072

「千鳥足酔っぱらい蟹」

上二つの中間で、こちらもこの店オリジナル。

通常の半分だけ蒸して、二週間紹興酒たれにつけたもの。

蒸したホックリした食感と、半生のねっとりしたうまみが、絶妙 happy02

Dsc_0073

大皿に、「三種のフカヒレ姿煮」

Dsc_0075

一番左の青ザメは、繊維が細く歯ごたえあり。

真ん中のよしきりサメは、太めの繊維であっさり

一番右のもんかサメは、細くて短い繊細な舌触り

Dsc_0078

「上海蟹オスの白子紹興酒蒸し」

舌にまとわりつくねっとりしたコクを、紹興酒でくいっと流し込む。

Dsc_0084

「獅子頭」

箸の自重でほろりと崩れる、存在感のある柔らかい肉塊 good

Dsc_0093

「亀ゼリー」

すっぽんの甲羅の粉末が入っている、なめらかな舌触り。

独特の香りが、全身の細胞に元気を直接宅配 run

今年一年が皆様にとって、いい年でありますように happy01

« 媛桜  | トップページ | 道後 魚武 »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます
上海ガニやフカヒレなど、新年から羨ましいな~。
今年もよろしくお願いしますね。
初日の出を撮影に行くつもりでしたが、悪天候なので寝てしまいそうです。

今年もよろしくお願いします happy01
新年なので、ちょっと景気のいい写真を載せてみました。
今年は雪も多いので、寒いけどいい写真が撮れそうですねsnow

今年も年始から美味しそうですね!
また一年間楽しみにしています!
更新の時間がピッタリですね!すごい!

謹賀新年。
いやはや何とも豪華な蟹三昧ですね。
その上フカヒレまであって豪華絢爛です。
フカヒレ三種を食べわけられる舌はさすがいけちゃん、グルメ王です。
今年も楽しい記事を期待しています。

あけましておめでとうございます☆
僕にとって未知の味である上海ガニとは、年明けにふさわしい目のゴチソウで楽しませてもらいました^^
今年もいけちゃんさんが沢山の美味しい物に出会える事を祈っております。

今年も楽しくやりましょう happy01
更新時間は、設定ですclock

今年もよろしくお願いします fuji
この蟹は思い切って行ってみました。
ダイエットは継続しませんが、食べ歩きは簡単に継続できるのが、なんともですwink

私も初めて食べた上海蟹ですが、日ごろ食べているモズクガニにとてもよく似ていました。
今年も新たな食の世界をのぞいてみたいものですshine

バーレーン産ワタリガニとオマーン産いんげんは、湾岸諸国からの日本への輸出します。現在アルコール禁止エリアに出張中で、お酒が飲めずやる事ないので、定時後ジムで走ってます。

瀬戸内海はワタリガニが採れるので秋祭りの時期には欠かせないです^_^
ジムトレーニングお疲れ様です。私はIngreeにはまって、いい運動になっています。中東でも流行っていますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60890221

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 明けましておめでとうございます\(^o^)/:

« 媛桜  | トップページ | 道後 魚武 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008