« ドラミ | トップページ | 別冊ダ・ヴィンチ1月号に登場! »

2014年12月 8日 (月)

串揚 宮谷 

串揚げを中心とした落ち着いた和のお店 shine

Dsc_0070

今夜は、AZAさんがハワイからやってきた友人を紹介してくれるというので、

少人数で緊急招集です。

「串揚 宮谷」
は、「Bar 宮谷圭一」のある参番町ビルの4Fにある

ワンフロアーの和のお店。

本日は飲み放題込の4,000円コース dollar

豆腐サラダに続いて、

Dsc_0084

「鯛のカルパッチョ」

その新鮮な身と、美しいいろどりに、ハワイの美味し魚の味を知っているW君も

納得の様子 delicious

Dsc_0085

「鶏の唐揚げ」

さっくりと揚げられており、塩で頂きます。

胸肉のあっさり感と、もも肉のもっちり感のコントラストに感激 smile

さすが、揚げ物の専門店です。

さあ、ここから串揚げが始まります。

Dsc_0089

奥から、かぼちゃ、かき、サーモン fish

薄めの衣でさっくりと揚がっており、中身は素材良さが引き立つ絶妙な温かさ。

ソースは一人一人に小皿で配られるので、二度漬けもOKです。

Dsc_0094

なす、エリンギ、つくねと、続きます。

隠し包丁が入っているので、歯でかみ切らずに分けて食べる事ができ、

細かい気遣いを感じます。

話を色々と聞いてみると、

W君の昔の仕事は海軍のソナー担当 typhoon

ミリオタの甘備南さんが、船の名前からソナーの型番までを言い当てるので、

一同、なんで知ってるのsign02てきな空気になります。

コースは、甘辛く炒めた豚肉を挟み、

Dsc_0098

〆の「焼き飯」

炒められた米粒に卵がふんわりと絡んでおり、ぱらぱらの食感。

最後にアイスまでつく、かなりお得なコースを堪能し、

しばらく松山に滞在する予定のW君との、再会を約束するのです happy01

« ドラミ | トップページ | 別冊ダ・ヴィンチ1月号に登場! »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60582966

この記事へのトラックバック一覧です: 串揚 宮谷 :

« ドラミ | トップページ | 別冊ダ・ヴィンチ1月号に登場! »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009