« 倉敷探訪  食編 | トップページ | 倉敷探訪 ちょこっと芸術編 »

2014年12月17日 (水)

倉敷探訪 酒編

美観地区の観光と、旅館くらしきの料理を堪能したあとは、

お決まりの夜の散策。

20141108_203158

Wine Bar SHINJI  wine

美観地区から歩いて行くのに、腹ごなしにちょうどいい距離。

電話予約して、ナビを頼りに夜の街にぽっかり浮かぶ明かりに着きます。

Dscn7828

店内はテーブル20席くらいですが、ゆったりしており、

地元の常連さんらしき団体が、ワインを囲んで盛り上がっています。

実はお店に入る前に、横にあるだれもおられなかった本店の酒屋さんを、

間違えて覗いてしまった eye のですが、

広い店内前面の壁や棚に、見たこともない種類の酒が山ほど並んでおり、

この店の底力と気合を感じます fuji

伺ってみると、酒屋さんが木・金・土の夜だけやっているとのこと happy02

まずは、わくわくしながらメニューを眺めます。

目に飛び込んできたのは、少量からグラスワインの種類が充実している事。

いろんな種類をちょっとづつ飲んでみたいので、うれしいですね。

手前の白は2003 Morino Real

マスカットから造られたデザートワインで、

マラガワインと呼ばれるもので、上品な強い甘み smile

奥は、2011 Chateau Paveil de Luse

マルゴー地区で6世代にわたって家族経営しているシャトーの

きめ細かいタンニンが特徴 scissors

おつまみは、

Dscn7834

横のカップルが食べていて、おいしそうだったんでお願いした、

「牛リブフィンガーのトマト煮込み」

牛のアバラ肉をしっかり煮込んで、舌の上でほどけるやわらかさ。

当然、お酒が進みます happy02

Dscn7837

もう一つの特徴は、ワイン以外に、シェリー酒、ポートワインなど、

幅広い品ぞろえで、各数種類グラスで楽しめること。

食通の先輩に教えていただいたのですが、さすが、いい店をご存知です。

さて、

お酒bottleといえば、今回の旅で出会った驚きの店 「平翠軒」 happy01 paper

Dsc_0153

夕食前に、独りでふらふらしていた時に偶然発見 eye

Dsc_0152

写真では表せないものすごい種類の、全国のおつまみが、

店内にあふれかえっており、お客さんもあふれています happy02 shine

20141108_163050

お店のことが本bookにまでなっており、思わず購入。

食のパトロンと言われている森田酒造さんの当主が、

その味と品質にこだわって集めたおつまみコレクション。

倉敷って、芸術だけでなく、酒にも造詣深い街なのです crown

« 倉敷探訪  食編 | トップページ | 倉敷探訪 ちょこっと芸術編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

平翠軒ですよ。
よくぞ集めたという全国の名品であふれかえっていたでしょう。
美観地区の中心を少し外れているのに良く気付きましたね。
二階の喫茶店の窓ガラスが昔の板ガラスで松山の萬翆荘のそれを思わすものです。
そういうと両者共に「翆」の字が共通ですね。

平翠軒は、一度や二度では把握できない奥深さがありますね。
本を読んでみると、ご自分がおいしいと思ったものを商品化してもらい定期的に入荷しているものもあるようで、その熱意にも驚きました。幻の「吉田牧場のラクレットチーズ」を食べてみたいですが、かなりの頻度で通わないと遭遇できない感じですwink
誤字訂正ありがとうございましたhappy01

このようなお上品なワインの量を見ると、いつも笑えます。
ゆっくり香りを楽しんでいると蒸発して無くなりそうですよ。

このグラスはハーフサイズでお願いしました。
お酒やさんが週末にやっているお店なので、いろんな種類を味見してほしいのか、グラスワインにも半分サイズがあるのですwine
あれこれと試してみたい私のようなものには、うれしいサービスですdelicious

それなら安心です。あれこれ飲み比べる時はいいですね。

こだわりの酒屋さんの、週末限定のお店。機会があれば、ぜひ行ってみて下さいね wine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60641672

この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷探訪 酒編:

« 倉敷探訪  食編 | トップページ | 倉敷探訪 ちょこっと芸術編 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009