ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 割烹 辻井  | トップページ | 速報:生協まつり@城山公園15日15時まで »

2014年11月12日 (水)

OTTO 

先日東温市の「フィレンツェ」に向かった時に、重信川のほとりで見つけたお店。

Dscn7706

土手の上にポツリとある「イタリア料理 OTTO」に伺いますrvcar

オットーなのでしょうけど、なにかの絵文字みたいで印象的 shine

Dscn7707

お昼は、パスタランチピアディーナランチの2種類。

店内は採光のいいワンフロアーで、カウンターの上に、

値段の書いてあるワインボトルが並んだ、カジュアルイタリアン restaurant

店内の音楽はレゲエで、

店の隅にはドクロマークの書いてるDJブースがあり、部分的カリビアン bud

ちょっとケイオティックな装飾品も置いてあり、若い男性二人のシェフと、

女性二人のスタッフの若者センスに、おじさんのセンスが刺激thunderされます。

まずは、

Dscn7711

「前菜」

12時方向から時計回りに、

・ 塩気と甘みがあいまった、生ハムとイチジク delicious

・ あっさりとした味わいにフレッシュさを秘めた、ほうれん草のキッシュ happy01

・ まだ温かく、焦げ目と粉チーズがポイントの、ジャガイモのフリット note

6時の位置には、

・ ねっとりとした味わいの、カンパチのカルパッチョ fish

・ しっかりした歯ごたえと焦げ目がバルサミコの、ズッキーニのグリル spa

一つ一つの素材の良さと、仕事の丁寧さに、先制パンチをくらいますhappy02notes

「パスタランチ」

娘が選んだのは、

Dscn7714

「ベーコンとホウレン草のペコリーノチーズ」

細めのパスタに、ベーコンのコクとほうれん草のほのかな苦みがからみ、

後味にチーズの発酵香が、ゆっくりと湧き上がってきます catface notes

さて、

私と奥さんが選んだのは「ピアディーナ」 sign02

イタリア北部の郷土料理で、丸くて薄いナンのようなものに具をのせて、

巻いて食べるもの。

4種類のうちから2種類選べるので、全ての種類をお願いします。

Dscn7718

 ・ 自家製甘トロ豚もも肉のハム マスタードマヨネーズ

 ・ スモークした初サンマ、じゃがいもクリームチーズ、オリーブオイル

Dscn7723

・ 自家製の仔羊のサルシッチャとカボナーロ

・ 小エビとアンチョビオリーブ

Dscn7731

下からソースが垂れないように包み込んで、ガブリ happy02

濃縮されスパイスの香りがいいソーセージに、

ピリ辛トマトソースと野菜の甘みが、食べごたえのある皮と混ざり合い、

ぐんぐんと攻め込んできます。

多少手にソースが付くのも気にせず、一気にガブリガブリ。

そして、鼻から大きく息を吸いながら、ムシャリムシャリ delicious note

いろんなものが入っているのに、バランスがよくいくらでも入る美味しさ。

今風にいうと、かなーりヤバい happy02 bomb 

「ノー・ピアディーナ ノー・ライフ」の感激なのです clover

« 割烹 辻井  | トップページ | 速報:生協まつり@城山公園15日15時まで »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

ビアディナーランチ?
ビール付きのディナーの様に豪華なランチ?と思ったらピアディーナランチでした。
ナンの様なものも小麦粉を使ったパスタの一種なのでしょうか?
ナンとも馬鹿な読み違えでした。

私も初めて聞いた料理名でしたが、手に持ってかぶりつき、旨いエキスがあふれ出る、たまらん味でしたhappy01
ビールもいいけど、ワインと合わせたい感じでしたwink

気になっていた店です。「ピアディーナ」食べてみたい。

可能ならワインを飲める体制で突入されるのが、なおいいかとhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60458249

この記事へのトラックバック一覧です: OTTO :

« 割烹 辻井  | トップページ | 速報:生協まつり@城山公園15日15時まで »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2