« グリーンハウス  | トップページ | フィレンツェ  »

2014年10月21日 (火)

希光庵

人格者のN君を慕って異業種の人々が集まる「N君の会」

今月は、南堀端に忽然と現れた真っ黒なデザインビルの3階

Adscn7374

「希光庵」で開催されます。

ワンフロワーで天井の高い広い店内。

写真左上の看板がある場所に座りますが、本町通がまっすぐ一望できる絶景

Asdim2234

上品な器に盛られた白あえが登場し、乾杯 wink

松茸のコリコリした食感と、オクラの粘りをゆっくりと味わい、

渇いたのどを熟撰ビールbeerが滑り落ちていきます。

Asdim2241

マグロ、カンパチ、イカの刺身と、鱧と松茸の吸い物に続き、

Asdim2248

「炊き合わせ」

小鉢の中に、整然と並べられたさといもとカボチャに、

しっとりと染みこんだ出汁と、アクセントの蟹身を上顎と舌に挟み堪能。

美しい器と、その中に圧縮された料理が小宇宙的です shine

Asdim2249

もともと砥部にあったお店らしく、酒器を冷やす器も砥部製とのこと。

Asdim2253_2

お盆の上の小さい蓋つきの小鉢も凝っていまねhappy01

もずく、ゴマ豆腐にカマスの塩焼きをつまみに、

冷酒と会話がどんどんと進みます notes

Asdim2255

季節の素材を軽く揚げたものに出汁がかかった揚げ出し

一瞬驚いたのはいちじくですが、表面が香ばしく catface note

 

温められた果肉のねっとりした甘みとの組み合わせが、初体験の味わい。

器の絵が南蛮渡来的なかんじで、長崎を思い浮かべてしまいます。

Asdim2258

茶碗蒸しの底には、小さなお餅がかくれんぼ。

Asdim2262

〆のちりめんご飯は、お代わり自由。

水菓子のデザートで、すっかり落ち着くのです。

さて、

職場全員でこのブログを見ているというM君crownが、ぜひ出たいというので、

Adscn7378

特徴的な部分で、登場 good

数か月ぶりにあって、「糖分制限ダイエットで8kg痩せた」とのこと。

昼も愛妻弁当で、炭水化物ぬきで頑張っているようです。

でも、

どう見ても8kg痩せたようには見えないsign03と問い詰めると、

帰りのエレベーターで、「実は、すでに4kgリバウンドしましたcoldsweats01

またしても、共通の遺伝子を持った友人が増え、嬉しい限りなのです pig

« グリーンハウス  | トップページ | フィレンツェ  »

和食」カテゴリの記事

コメント

最近この辺を車で通った時に「あの黒いビル、何?」とヨメさんと話してたとこでしたが、にゃるほどこーいうお店が入ってたんですね。

いちじくの揚げ出しとは意表をつくメニューですね!

新しいビル新しいお店が増えて松山も少しは景気が上向きなのでしょうか?
お酒を冷やす器が砥部とは分からないですね。
松茸がうらやましいです。
何年も食べていません。

次々と新ネタが出てきますね~。見ていて幸せな気分になります。
乾杯ビールの後は、辛口「一ノ蔵」にぴったりの料理じゃないですか。組み合わせと流れがいいです。

イチジクの小鉢が、何となく「大人お洒落」っぽく感じたのは私だけでしょうか。

建った時点から目立つデザインのビルでしたものね。
予約なしの一品料理もあるようで、ふらり飲みにも向いていると思いますよwink

景気の動向はわかりませんが、新しいお店も相変わらずできていて、食べに行くのが追い付かない状況ですpig
おっしゃるように、私もこの酒器が砥部焼とは思いませんでした。
陶芸習っているので、いつかはこのくらいの大作に取り組んでみたいものですhappy01

食器にもこだわった、落ち着いたお店で、とても気に入りましたwink
写真はシグマDP2+スピードライト、レフ板です。シグマは光を当ててやると、いい仕事をすると思いますcamera

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60268351

この記事へのトラックバック一覧です: 希光庵:

« グリーンハウス  | トップページ | フィレンツェ  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009