« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

Radice

今日は仕事の仲間と飲み会 good

行ったことがなくて、気になっているお店で、10人くらい入って、、、と flair

いろんな条件を考えて浮かんだのが、

Dpedscn7560_527

三越裏にあるイタリアン「RADICE」 

3500円のディナーコースをお願いしています。

Dpedscn7565_528

「マグロのカルペッチョ トンナートソース」

トンナートソースは、イタリア・ピエモンテ州発祥のツナソース。

あっさりしたマグロに、こってりしたコクが加わり、初体験の味。

Dpedscn7572_531

「アンティペストミスト」

手前から、

岩手産ムール貝のパン粉焼: 温かサクサク delicious

秋刀魚のローストとドライトマト: ドライトマトのアクセントが印象的。

アジと赤ジャガイモのアリオーリオソース: aglio olioは、イタリア語でニンニク油

地蛸のマリネ サルサベルデ: 

salsa verdeは、イタリアンパセリにアンチョビなどを混ぜた緑のソースpencil

絹かわナスのグリルとシェーブルチーズ: chevreは、ヤギのチーズ

カボチャのレモンマリネレモンの酸味に、うれしい驚き wobbly shine

ブロッコリーのタルタル

メニューを復習みると、一つ一つに違ったソースやチーズなどが使ってあり、

このワンプレートに対するこだわりが、伝わってきます happy02 notes

「フリットミスト」

鱧、太刀魚、スルメイカ、長なす、ズッキーニに続いて、

Dpedscn7581_532

「サラミのピザ」

Dpedscn7593_536

店の入り口に鎮座している大きな石釜から生み出された香り。

表面はカリッとしてるけど、生地自体はモッチリとした食感。

あまりにも美味しかったので、ピザは別の種類を追加注文 heart04

Dpedscn7584_533

「鮎のコンフィといんげん豆のジェノベーゼ」

鮎はしっかりと油で火を通してあるので、頭から骨まですべて頂けます。

パスタに乳化してからんだバジルとともに、秒殺 delicious

季節のものを取り入れた一品に、うなるしかありません。

Dpedscn7587_534

「マンガリッツァ豚肩ロースグリーリア アンチョビソース」

ハンガリーの国宝豚が、しっかりした量でほどよい火通りで登場。

舌の上でほどけ広がる快感に浸りながら、ソースと合わせます smile

Dpedscn7588_535

ドリンクは1500円で、飲み放題をお願いしているのですが、

料理があまりにもバリエーション豊かでおいしいので、

お店のワインも気になって、お勧めを追加注文 scissors

サンフランシスコのブドウ畑の近くにレモンの畑moon2があり、

ほのかにその香りもするのではないかと言われている一本。

確かに柑橘系のようなさわやかな後味を感じます。

デザートは、「ザバヨーネと藤稔」

マルサラ酒風味のジェラートに、瑞々しいブドウで締めくくります。

あまりにも充実しており、この値段で大丈夫なんsign02と心配になるほど。 

マスターに伺ってみると、

「はい、気合入れてやっていますので」と気持ちいいお返事。

ここ、かな~りお勧めなのです happy02 good

2014年10月25日 (土)

フィレンツェ 

東温市の田園風景の中に、ポツリ note

Dpedscn7386_521

そのロケーションとイタリア人シェフで話題の「フィレンツェ」に、突撃 rvcar

店内は広めのワンフロアーで、カウンター越しにキッチンが見えます。

休日昼で満席だったので、15分ほど待ち。

ランチコースからお願いしたのは、「プリマベーラコース(1650円)

Dpedscn7397_522

まずは「前菜の盛り合わせ」から、開演です restaurant

12時方向のトリレバーパテは、素材の味がしっかり残った深いコク

時計回りに、ホクホクのポテトサラダ

4時方向の大麦のサラダは、つぶつぶっとした食感が初体験 smile

7時のジャガイモと玉ねぎの卵焼きは、ふんわりあっさりおいしい。

10時には、パスティッチョ shine

野菜と肉をケーキのように焼いてあり、うまみがしっかり詰まっていますdelicious

Dpedscn7398_523

三種類のパスタから選んだのは、「ジェノヴァソース」

フレッシュさがしっかり生きているバジルが、たっぷりのオリーブオイルと

しっかり溶け込んでいます。

やや太目のストレートパスタに、チーズと一緒にしっかり絡めて、

口の中で、全体に広がるようにゆっくりかみ締めます。

オイルと混ざり乳化したソースが、マイルドな舌触りで、

直後に、バジルの香りが一気に広がってきます happy02 spa

後から訪れる程よい苦味が、バジル大好き星人のハートをがっちりheart04

ドリンクの後に、+300円で、

Dpedscn7405_526

「チョコレートケーキ」

濃密なスポンジは温かく、生クリームソースが解けるほど。

ビターな甘さのあとに、しっかりとしたカカオの香りがたまりませんhappy01

さて、

奥さんが選んだパスタは、

Dpedscn7402_524

「ナスと自家製パンチェッタ(イタアリアンベーコン)のスパゲッティ」

フレッシュな素材と、味わい深いトマトソースが、パワーを全身に運んでくれます。

Dpedscn7403_525

娘は単品で、「タリアテーレのクリームソース」

平打ち麺の滑らかな舌触りと、切れのいいクリーム。

かむほどに染み出すベーコンのうまみとともに、夢中に delicious

近くの重信川ほとりには、同じようにロケーションもいい「OTTO」もあり、

東温市エリア、目が離せないのです happy02 notes

2014年10月21日 (火)

希光庵

人格者のN君を慕って異業種の人々が集まる「N君の会」

今月は、南堀端に忽然と現れた真っ黒なデザインビルの3階

Adscn7374

「希光庵」で開催されます。

ワンフロワーで天井の高い広い店内。

写真左上の看板がある場所に座りますが、本町通がまっすぐ一望できる絶景

Asdim2234

上品な器に盛られた白あえが登場し、乾杯 wink

松茸のコリコリした食感と、オクラの粘りをゆっくりと味わい、

渇いたのどを熟撰ビールbeerが滑り落ちていきます。

Asdim2241

マグロ、カンパチ、イカの刺身と、鱧と松茸の吸い物に続き、

Asdim2248

「炊き合わせ」

小鉢の中に、整然と並べられたさといもとカボチャに、

しっとりと染みこんだ出汁と、アクセントの蟹身を上顎と舌に挟み堪能。

美しい器と、その中に圧縮された料理が小宇宙的です shine

Asdim2249

もともと砥部にあったお店らしく、酒器を冷やす器も砥部製とのこと。

Asdim2253_2

お盆の上の小さい蓋つきの小鉢も凝っていまねhappy01

もずく、ゴマ豆腐にカマスの塩焼きをつまみに、

冷酒と会話がどんどんと進みます notes

Asdim2255

季節の素材を軽く揚げたものに出汁がかかった揚げ出し

一瞬驚いたのはいちじくですが、表面が香ばしく catface note

 

温められた果肉のねっとりした甘みとの組み合わせが、初体験の味わい。

器の絵が南蛮渡来的なかんじで、長崎を思い浮かべてしまいます。

Asdim2258

茶碗蒸しの底には、小さなお餅がかくれんぼ。

Asdim2262

〆のちりめんご飯は、お代わり自由。

水菓子のデザートで、すっかり落ち着くのです。

さて、

職場全員でこのブログを見ているというM君crownが、ぜひ出たいというので、

Adscn7378

特徴的な部分で、登場 good

数か月ぶりにあって、「糖分制限ダイエットで8kg痩せた」とのこと。

昼も愛妻弁当で、炭水化物ぬきで頑張っているようです。

でも、

どう見ても8kg痩せたようには見えないsign03と問い詰めると、

帰りのエレベーターで、「実は、すでに4kgリバウンドしましたcoldsweats01

またしても、共通の遺伝子を持った友人が増え、嬉しい限りなのです pig

2014年10月18日 (土)

グリーンハウス 

秋晴れに誘われえるように、 郊外をふらふら run

Dpedscn7337_515

今日は、横を通るたびに気になっていた、「グリーンハウス」に突撃します。

Dpedscn7338_516

メニューを見ながら、食事のお供になる漫画を数冊セレクト。

いつもは、ラズエル細木や土山しげるなどのグルメ本noodleを選ぶのですが、

こちらの店は、なぜか極道系や戦い系clubを中心としたラインナップ。

お願いしたのは、

Dpedscn7340_517

メニューの一番上に書いてあるハイエンドの「グリーン焼(1000円)

メニューの食材がすべて入っている、贅沢な一品

豚肉、牛肉、イカ、エビ、タコ、ホタテ、ウインナー、牛すじに、

中華そばを餅まで入っており、大食漢の私も一瞬たじろぎます delicioussweat01

Dpedscn7349_519

こってりソースと絡めながら、4分の1に大胆にカットして取り皿へ。

中央に鎮座するモチも、同じく4分割して攻略。

しっかりした味付けで、昼間でなければビール行っていたでしょう。

さて、

最初に選んだ漫画は、あまり食事中にふさわしくないのでジャンプへ。

両さんとトリコ以外は、初めて見る作品なので、あっという間に終了。

そういえば、スマホでも読めるようになったんですよね、ジャンプ book

数年ぶりにサンデーを手に取りますが、一つも知っている作品がありません。

カウンターでは、家族連れの子供さんに、おばさんがサービスを上げたようで、

アットホームに盛り上がっています。

しばらくするとニッカポッカの二人組が入ってきて、

「今日は豚玉pig」って感じで、女将さんと常連な会話をしています。

気が付けば、しっかり完食。

今度はシンプルに豚玉食べたいな、なんて思いながら、

駅方面へと、またふらふらと歩いて行くのです smile

2014年10月15日 (水)

昇 

飲み会の後半で、ふらりと立ち寄ったバーで、

Dscn7298

「担担麺の看板ののぼりをたてた、気になる店があるんよ」と話題にshine

この手の刺激が強い食べ物は、一旦頭に浮かぶと、

口に入れるまで何となく納得しないのは、食いしん坊あるある good

と、いうことで、

Dpedscn7304_511

「昇」に突入です run

まずは、

Dpedscn7312_512

「ゴーヤチャンプル(630円)

しっかりした味付けの中から、ゴーヤの苦味がきりりと顔をだし、

しっかり飲んだあとなのに、ビールが欲しくなります。

Dpedscn7321_513

「汁なし担々麺(600円)

やや太めのストレート麺が、たっぷりのひき肉に絡み、

その辛さも相まって、なかなかの強敵 bomb

四方から一気に攻め落とします。

Dpedscn7327_514

「マーシー満足焼き(1,200円)

納豆、チーズ、半熟卵と、各食のベクトルの勇者たちを、

一気にまとめた迫力の一品。

ふとテレビに目をやると、

広島ファンを前面に押し出した店内では、

日付は変わっているのに、野球中継baseballがフルで放送中。

個性的で面白いけど、なぜか落ち着く空間なのです delicious

2014年10月13日 (月)

ブログ「愛媛の地めし」開始!

食べ物屋さんの情報収集でお世話になっている「タウン情報誌まつやま」restaurant

2015年3月に愛媛の食をテーマにした本を出版 book される予定。

そのベースとなるブログ「愛媛の地めし」 fish が、スタートしました。

発行元のエス・ピーシーさんから、数か月前、ブログに書き込みがあり、

その本の作成の参考のために、

2010年に松山商工会議所の懇親会でおこなった、

「甘伊予グルメ」 deliciousの講演をしてほしいとのこと。

まさに釈迦に説法とはこのことですが、

やったことがないことに挑戦したくなると、止められない性格なので、

Dpedscn7596_556

スライドの準備をして、同社本社に乗り込みます。

Dpedscn7595_554

小さい会議室に入ると、女性5人と男性1人のメンバー。

ことの始まりは、同社が愛媛県より、

「平成26年度女子力活用地域活性化事業」に選定されたこと。

そのために集まった方々が、これから県内の取材をして、

一冊の本にまとめていくプロジェクトです pencil

Dpedscn7597_555

はじめの30分は、用意したスライドに沿ってのはなし。

Amaiyo_trim

愛媛の食べ物は甘いものが多いので、

「甘伊予グルメ」のコンセプトでまとめて、情報発信してはどうか?

具体的には「甘伊予グルメマップ」を作りましょう!

というのが、話の中心。

まあ、勝手に、ブログや数少ない講演でしゃべっているだけなので、

まったく浸透はしていませんけど。。。 coldsweats01

後半は、事前にリクエストの合った質問も含めた質疑応答。

・ 県内を代表する食べ物は、どのようなものを思い浮かべますか?

・ お店を選ぶときに、どのような点を重要視しますか?

・ 飲みに行ったとき、周囲の人と話をしますか?

・ 愛媛の食の特徴は、甘い以外にありますか?

などなど、

個人的見解に加えて、前もって調べた情報などを組み合わせて、

顔と顔と見ながら、座談会のような感じになっていきます。

お役に立てたかどうかわかりませんが、とても面白い経験。

これからも、ブログ「愛媛の地めし」の更新を楽しみにしながら、

本の完成が、とても待ち遠しいのです wink shine

2014年10月 9日 (木)

ノーベル賞、皆既月食、いもたきin大洲

お酌禁止が唯一のルール wink

今夜の大洲純米蔵部 bottle奇跡がおきています shine

20141008_195444

会場の如法寺河原には、

crown 大洲出身の中村さんのノーベル賞受賞看板 crown

20141008_195526

むらやのお弁当をいただきながら、日本酒三昧。

丁度、

Dpedsc_0003_550

皆既月食から、

Dpedsc_0011_551

少しづつ、blood moon moon3

Dpedsc_0021_552

そして、月が徐々に丸い姿に戻っていく様子を、

Dpedsc_0026_553

撮影するのに一生懸命で、日本酒の写真を撮り忘れ。

20141008_195811

メインのいもたきも、煮詰まったころにやっと手を付けます。

こんな貴重な偶然が重なった大洲観月祭 smile notes

今夜、この場にいることができて、幸せ。

幹事さん、ほんとうに素敵な思い出をありがとう notes 

2014年10月 8日 (水)

Apero 

先日ロープウェー街の「L'api」を探していたときの話です。

小道の先のほうまではいり、奥さんが違う店を覗いています。

「店の中の外人さんと目が合って、ニコッとされたよ」と教えてくれたので、

「じゃあ、次のランチでいってみようかrestaurantと、気になっていたお店です。

20140817_143222_2

「apero」

店内は自然光がやわらかく差し込む、木を基調としたシックなワンフロアー。

オープンキッチンの横を通り、おくの二人席に案内されます。

接客は、前出の外国のかた。

口ごもったような日本語のアクセントから、たぶんフランス人?

さっそく、

20140817_132548

「Lunch Menu」をお願いしましょう book

201408018

「前菜」

軽くあぶったレア状態のホタテに、キュウリとオクラ。

ベースには、ほぐした糸瓜がひいてあり、全体に柑橘系ジュレドレッシング。

一つ一つの素材を丁寧に生かしてあり、あっさりといただけます delicious

20140817_045313

「スープ」

カボチャのスープ上に、泡とシナモンシナモンパウダーがトッピング。

きっちり冷やされたカボチャが、とても滑らかな舌触り happy01

上品なキレと、 心地いい残香にうっとりします。

20140817_050725

「メイン」

豚肉は柔らかく、火入れの程度が絶妙  notes

その透き通った肉の味わいを、ゆっくりとかみ締めます delicious

ズッキーニとトマトは、火を通すことでその新鮮さを閉じ込めてあり、

豚肉と一緒に咀嚼すると、そのパワーが一気に舌の上で開放 impact

20140817_052520

「デザート」

バニラ感がしっかりした、正統派アイスクリームと、

あっさりしたスイカのジュースと一緒にすくって、

ブルーベリーの酸味を追加して、口の中で完成させましょう happy02

20140817_052705

「エスプレッソ」をいただきながら、

ディナーへの再訪の日への、想像をめぐらせるのです shine

2014年10月 6日 (月)

ルート バー 

あっという間に軒の梯子を終え、すっかりお腹も膨れたので、

珍しく専務と二人でバー bar に流れます。

Adscn7268

まだオープンして数か月の、若い大将のお店「ルート バー」

Adscn7266

窓からは、街の喧騒が一望でき、店内も落ち着ける空間clover

店の奥には大きめのテレビが壁にかけてあり、

カラオケなどはないのですが、映画などがランダムにかけてあります。

まだ見れていない「アナ雪」が流れていたので、

しばらくゆったりとひたります。

意外映画の前半に、例の歌がでてくるのだなあnoteなんて言いながら談笑。

Asdim2213

私は一つ覚えの「モスコミュール」

専務はロングでおまかせ。

「アナ雪」をご存じなかった専務に、

「じゃあ、だめよ~だめだめnotes」知っていますかと水を向けると、

これも知らないとのお返事。

早速スマホで動画をお店すると、けっこうはまっておられる様子です。

アナ雪も後半に差し掛かるころに、店を出ますが、

専務は「ありの~、ままの~shine」と、今聞いたばかりの歌を鼻歌で再現。

短時間で、すっかり例の歌を自分のものにされているのです。

2014年10月 4日 (土)

マツヤマお城下リレーマラソン

緊急告知 10月4日16時過ぎまで bell

堀之内公園で、第1回マツヤマお城下リレーマラソンが開催中 sign03

城山公園一周1.5kmをまわり、42.195kmをチームリレーで完走するイベントです。

20141004_112924

晴天のなか、やのひろみさんの軽快な実況中継が響いています。

彼女の学生時代の恩師をみつけて、ちょっといじってみたり、

早いチームの情報を入れ込んでみたりと、自由自在の話術はさすが。

さて、

走っている人に知り合いもいないので、私の目的は、

20141004_113343

こちらの、地元のお店が出しているフードコート。

10軒近い中のメニューから、自分の勘と経験を頼りに、旨そうな一品を探します。

まず、ピン!と来たのは、先日おじゃました「おでん酒庵 すぎのこ」の、

20141004_114250

「煮込み 牛すじめし(500円)」

先日頂いたおでんの出汁と、丁寧なしごとを覚えていたので、注文。

20141004_114523

うん!

やはり、私の食いしん坊レーダーに狂いなし。

とろーりと崩壊寸前の牛筋がたっぷり delicious

このイベントがノンアルであることがくやまれる、コク深い味のついた逸品。

銀シャリにサクサクとませながら、口腔内に快感がひろがります。

20141004_115829

お次は、堀之内のイベントでよく見かける、モルゲンの、

20141004_120218

「ホットドック(300円)」

大きな口で迎えに行くと、想像以上の濃縮圧縮肉汁が、噴出 sweat01

たっぷりマスタードと撹拌しながら、奥歯で噛み砕きます。

くどいようですが、ノンアルイベントなんですよね、マラソンだけに。

そしてデザートは、

20141004_115512

こちらの、スコーン。

しっとりチョコレートが棒状になったブラウニーも最高。

地元の蜂蜜を使用した「はちみつレモンソーダ」が、

すっきりと甘さの後味をリセットしてくれます。

ふと周りに目をやると、ランナーたちが励ましあったり交代したりして、

リレーマラソンも佳境。

走ることは200mくらいしか出来ないメタボですが、

イベント終了時まで、ひとり出店食べ歩きマラソンrestaurantならできるな~なんて、

別次元の空想に浸りながら、天高き城山を望むのです。

2014年10月 2日 (木)

さざん 

「すぎのこ」から南に下って、街中に移動。

ふらついていると、専務が急にこちらのメニューをチェックeyeglassし始めます。

Adscn7263

専務がのぞいているメニューは、

Dscn7264

こんな感じのラインナップで、山海の珍味が集まっています。

サザンオールスターズ好きのアラフォー大将のお店「さざん」に入店。

店内は純和風で、名前とのギャップがちょっとおもしろいです。

Asdim2205

カクテルグラスに入った突き出しは、巨峰とズイキの白和え

そして、手前に鎮座しているのは、

「鮪カマトロ刺(1500円)

お勧めの東北の日本酒(名前失念)が、口の中に広がった脂をすっきり

キレのいい、いい酒がおいてありますめ wink

Asdim2209

「とうもろこしかき揚(800円)

私と100回近くはご一緒しているはずの専務ですが、

私が席を外している間に、写真を撮る前であるのに、

ご自分の一個を食べてしまっています wobbly

さくっと噛むと、夏のパワーが香ばしく全開。

「さあ、次いくぞsign01」と、

せわしなく、また街の喧騒に戻っていくのです run

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009