ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« BAL | トップページ | 三越秋の北海道展@松山三越 »

2014年9月18日 (木)

凡味 えり家

今日は、おもしろいご縁での会食 wink

一番町から八坂通りに入って2ブロックの、第18ミツワビル一階、

Dpedscn7200_498

「凡味 えり家」に集合です run

飲み放題5,000円コースは、突き出しに続き、

Dpedscn7209_499

「刺身盛り合わせ」

ねっとりしたイカやエビに舌鼓を打ちながら、プレゼンを伺いましょうpc

Dpedscn7221_502

moble.comさんが開発しているHENROというアプリの開発に、

araoさん甘南備さんと、スタンプラリーやモニターとして参加中。

既にandroid版は、試験的にリリースmobilephoneされています。

Dpedscn7211_500

山陰で長く生活していた私も驚きの、手のひらサイズ超え「のどぐろ」fish

真ん中に箸を入れると、透明な脂があふれだしてきます。

上品な白身を骨からゆっくりはずして、口に運ぶと、じゅわ~ delicious sweat01

夢中になって、表裏から顔や目の周りのゼラチン質まで完食。

パリッとした表面の焼き加減とのコントラストが、最高 good

さて、

天ぷらをいただきながら、話はこのアプリ以外のことにも広がります。

これからは通信速度が上がって、タブレットがテレビに迫るかもとか、

大都市ではwifi化が広がって、これからのIT会社は通信料ではなく、

クラウドのストレージ料などに収入がシフトするだろうなど、

日ごろ聞くことのできない専門家の意見を、興味深く傾聴しますear

Dpedscn7217_501

〆は、パリッとした細切りの野菜をまとった素麺

デザートは、完熟のメロンでコースの完成。

入り口の看板をみると、内子無菌豚のしゃぶしゃぶなどのメニューもあり、

次は、ふらりと一杯立ち寄りたくなるのです bottle

« BAL | トップページ | 三越秋の北海道展@松山三越 »

和食」カテゴリの記事

コメント

愛媛を代表するグルメブロガーの重鎮お二人が加わったアプリとはどんな物なのでしょう?
いろいろなお店の紹介が有りそうですね。
テニスの錦織選手の活躍で一躍有名になったのどぐろですね。
大きいのは高いのでなかなか手が出ません。
昔、松江の小料理屋で知らずに頼んでびっくりしました。
美味しく飲んで美味しく食べたのですが高かった。

たしかに山陰でものどぐろは高級魚ですよね happy01
高知沖でも採れるみたいで、八幡浜漁港で水揚げされたものを見たこともあります。
このアプリは開発途中ですが、貴重な体験をさせていただきましたpc

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60155418

この記事へのトラックバック一覧です: 凡味 えり家:

« BAL | トップページ | 三越秋の北海道展@松山三越 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2