ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« BAL2 | トップページ | 長崎観光指南 2 »

2014年8月 4日 (月)

長崎観光指南 1 

高松で再会を果たした同級生K君過ごした夜。

2人の母校に対する懐かしさのボルテージが最高潮に達し、

「この勢いで決めんと、同窓会なんか行くことないやろう

そして、卒業して約30年ぶりに母校を目指す電車に乗っています。

今回は、

高校までの人生の大半を長崎ですごしたおいどんが、

ちょっとディープな長崎観光旅行にお連れしましょう  

まず、

Dscn6767

博多までは松山から飛行機で、飛行場からは地下鉄10分で博多駅。

博多から1時間50分のかもめの旅が終わったらすぐに駅を出るのではなく、

線路が盲端で終わっているのをしっかり眺めましょう

終着駅でしか見られない光景に、旅情が盛り上がってきます  

Dscn6769

昔は木造で、天上が高い古い趣のあった駅舎ですが、

現在では、駅から長崎の町に飛び出す大きな扉のように開けています。

さて、

この日は同窓会に直行。

私自身、卒業してから15kgくらい太ったのですが、

同級生たちも、大声を上げてしまうような風貌の変化を遂げています。

数人の例外を除き、私のように腹は飛び出し顔は正円

昔はリーゼントで決めていた頭髪が、すっかり消えてしまった輩まで

しかしながら、

焼酎を注ぎあいながら旧交を温めていくと、その中身は全く変わってません。

楽しい思い出は、より楽しい思い出に。

苦々しい思い出は、懐かしい思い出に昇華されていきます 

10才台に戻って、おい、わいの呼び名で大笑いの夜は更けていくのです。

さて翌日、

同行したKくんが、どっぷり長崎観光をしたことがないというので、

JRの出発までの数時間で、タクシー観光  をすることにします。

グラバー邸、浦上天主堂などの鉄板は行ったことがあるらしく、

今日は時間もありません。

Dscn6787

私たちが長崎にいたころに、大水害で流された「眼鏡橋」から、スタート。

Dscn6791

きれいに再開発された長崎港には、ビルように大きな旅客船が停泊中。

数年前に一般公開された昔の炭鉱、通称軍艦島への船も出ています。

Dscn6794

小学生のころの遊びエリアだったので、とても思い出深い場所で、

K君は初めて来た「片足鳥居」

大正13年建立の山王神社の鳥居。

原爆の被害で半分が引き飛ばされ、半分だけが残っています。

その威力のすごさと、何かの力によって残されたかのような一本の柱が、

小さいころの私に鮮烈な印象を残しました。

先ほどの巨大旅客船でやってきた、外国からの観光客も見学中。

ああああ~~~ 今日も長崎は雨なのです 

« BAL2 | トップページ | 長崎観光指南 2 »

コメント

同窓会行ったことないのですが
学生時代に戻ったようでいいですねえ。
今年のお盆の家族旅行は佐賀と長崎の予定です。
数年前に軍艦島に行ったので
今年は池島の炭鉱体験ツアーに行く予定。
産業遺産や施設が多くあるのも興味ある町です。

母校が遠いのでなかなか思いつきが悪かったのですが、思い切って行ってみると、とても楽しい時間を過ごせました
長崎は狭い県ですが、漁村、鎖国、原爆、三菱重工などさまざまな側面があり奥深いですよ。
家族旅行、お楽しみくださいませ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎観光指南 1 :

« BAL2 | トップページ | 長崎観光指南 2 »

最近の写真