ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2014夏②  | トップページ | L'api »

2014年8月24日 (日)

うどんツアーから帰ってきた夜 

朝5時にスタートした讃岐うどんツアーですが、昼3時には帰松

せっかくの日曜なので、夜までたっぷり楽しもうという、

サヌキトールupうどんハイ状態upのメンバーは、

夕方から専務を加えて、夜の街に出かけます restaurant

Dscn6921

丁度アルゼンチンがワールドカップで買った夜なので、

アルゼンチン料理の「ガウチョグリル」で、現地のワインwineでスタート。

Dpedscn6923_469

ここのしっかりと焼しめられた肉と、野菜たっぷりのソースは

噛むほどに味わいが出てくる本物です delicious

この日の最後の〆は、

Dpedscn6924_471

「えぼし」

Dpedscn6937_472

「大きいコロッケ(680円)

かりっと揚がった衣と、滑らかなポテトを、ケチャップソースで。

四方から箸がのびて、あっという間になくなります。

Dpedscn6940_473

「和牛トロトロすじ煮込み(650円)

しっかりと煮込まれた肉とコラーゲンが、官能的舌触り smilenotes

ぴりっとした後味で、ビールが進みます。

Dpedscn6944_474

「タイ風海老チャーハン(750円)

朝からのうどんツアーに続き、

夕方は、お孫さんのお相手などで昼寝もできなかったいっしゅうさんが、

さすがに落ちるようにこっくりこっくり sleepy

その寝ている口に向かって「おいしいけん食べてみんけん!」と

専務がスプーンでこのチャーハンを押し込んでいます。

口に入れられたとたんに、はっと目を開けてeye

「うむ、これはナンプラーやなsign03」と言い当て、一同大笑いです happy02

文字通り朝から晩まで、17時間近く食べ続けた一行は、

夜中を回って、やっと解散になるのです smile

でも、実は、

この二軒の間に、ラングドシャーwineとカクテルバーbarも寄っていたのは、

ここだけの秘密にしておいてください coldsweats01 paper

« いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2014夏②  | トップページ | L'api »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うどんツアーからの展開でガウチョグリルが出て来るとはびっくりです。
広島のお店が、勤めていた会社の近くに有ったので何度か利用しました。
お値段も手頃で、珍しいメニューやワインが有っていいですね。

しかし、朝早くからの出発で高松まで行き、現地のうどん屋さん5軒はしごして・・・・それから帰って松山で2軒ですとう!!

そりゃね、そんなハードな旅なら還暦のいっしゅうさんは食べ疲れで寝るでしょうね。それにしても”サヌキトールのうどんハイ状態”って・・・エボラ熱以上の感染力というのか脳や胃腸の中枢神経が完全に麻痺してしまうんですよね。・・・・恐ろしい・・・・クワバラ・クワバラ・・・・。

現在は広島のほうは締められて、奥さんがこちらで営業されています。姉妹店がエスコバールの名前でロープウエー街にありますが、そちらもおいしいですhappy01
素敵な笑顔のおかみさんで、時々おいしいお肉をいただきに行きます。

勢いとは恐ろしいものですbearing
このあと数日は、おなかが空かなかったので、グンと食事量を落として生活しました。
でも、みんなでワイワイ行くのは、楽しいものですsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/60021393

この記事へのトラックバック一覧です: うどんツアーから帰ってきた夜 :

« いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2014夏②  | トップページ | L'api »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2