« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月28日 (木)

L'api

今日は休日ランチで、ロープウェー街までお散歩 run

電車通りから北上し、5つ目の角を曲がってすぐ、

二階にある「L'API」へあがる小さな入り口があります。

私はこの前を三回素通りしましたので、注意して探してくださいeye

Dpedscn6985_476

店内に入るとコンクリート打ちっぱなしで、センスのいいシンプルな雰囲気

ポップなパリのアコーディオンが奏でられています notes

初めてなので、

Dpedscn6986_483

パスタランチ(1,000円)とランチ(2,500円)をお願いしましょう。

Dpedscn6993_477

「バターナッツのスープ」涼やかでこくがあり、オクラの花の粘りが新鮮。

「イサキと焼茄子」

イサキ賽の目ぎりで軽くマリネ shine

茄子がやわらかで、ジュレ状のスープは、くちどけ最高です。

茄子とイサキは炊き合わせでも相性がいいですが、

こんなおしゃれな西洋プレートの上でも、ナイスコンビだと驚きますwink

パンも素朴で小麦の香りが心地よく

ロマンスグレイショートヘアーのマスター、ただ者ではないですね。

Dpedscn6997_479

ランチのパスタは、「豚と河内晩柑のパスタ」

平打ち麺に、あっさり香ばしい豚と河内ばんかんの酸味と苦味最高 delicious

Dpedscn6995_478

「ハモ、アサリ、茄子のオイルソース」

奥さんのパスタランチのバスタは塩であっさり。

白身の柔らかな歯応えと、アサリのコクになすのねっとり絡みが素敵 smile

Dpedscn7001_480

「仔牛のサルティンボッカ」

コースだけメイン、イタリア原産の丸々したうすみどりのなすが甘トロ note

仔牛には野菜がはさんであり、新鮮な食感。

イタリア語で、「口に飛び込む」の意味らしいのですが、

そのとおり、ソースは一滴も残さずパン拭き取って大満足。

これは、改めて夜に来たくなります。

ランチにしかついてないので、当然メインやデザートは一品だけですが、

何も言わないのにシェア用の皿からナイフまで出してくださる心使い。

料理のレベルの高さとのバランスのとれたサービスです notes

Dpedscn7006_481

デザートのジェラート乳濃厚で甘く仕上げた桃ソースが官能的 heart04

Dpedscn7008_482

贅沢なく時間の最後は、エスプレッソで仕上げましょう。

さて、

トイレに入ると、店名のついたグラッパの空き瓶が置いてあり、

そこから店名をとったのかと伺ってみます。

ところが、4周年にお客さんが作った手作りのラベルとのこと happy01

店名の意味は「蜂」だそうです。

驚きの隠れ家で、今度はディナーをゆっくりいただきたいものです。

2014年8月24日 (日)

うどんツアーから帰ってきた夜 

朝5時にスタートした讃岐うどんツアーですが、昼3時には帰松

せっかくの日曜なので、夜までたっぷり楽しもうという、

サヌキトールupうどんハイ状態upのメンバーは、

夕方から専務を加えて、夜の街に出かけます restaurant

Dscn6921

丁度アルゼンチンがワールドカップで買った夜なので、

アルゼンチン料理の「ガウチョグリル」で、現地のワインwineでスタート。

Dpedscn6923_469

ここのしっかりと焼しめられた肉と、野菜たっぷりのソースは

噛むほどに味わいが出てくる本物です delicious

この日の最後の〆は、

Dpedscn6924_471

「えぼし」

Dpedscn6937_472

「大きいコロッケ(680円)

かりっと揚がった衣と、滑らかなポテトを、ケチャップソースで。

四方から箸がのびて、あっという間になくなります。

Dpedscn6940_473

「和牛トロトロすじ煮込み(650円)

しっかりと煮込まれた肉とコラーゲンが、官能的舌触り smilenotes

ぴりっとした後味で、ビールが進みます。

Dpedscn6944_474

「タイ風海老チャーハン(750円)

朝からのうどんツアーに続き、

夕方は、お孫さんのお相手などで昼寝もできなかったいっしゅうさんが、

さすがに落ちるようにこっくりこっくり sleepy

その寝ている口に向かって「おいしいけん食べてみんけん!」と

専務がスプーンでこのチャーハンを押し込んでいます。

口に入れられたとたんに、はっと目を開けてeye

「うむ、これはナンプラーやなsign03」と言い当て、一同大笑いです happy02

文字通り朝から晩まで、17時間近く食べ続けた一行は、

夜中を回って、やっと解散になるのです smile

でも、実は、

この二軒の間に、ラングドシャーwineとカクテルバーbarも寄っていたのは、

ここだけの秘密にしておいてください coldsweats01 paper

2014年8月22日 (金)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2014夏② 

4軒目も、ほぼ開店と当時に入店 run

地元有名ブロガーさんお勧めで、初訪問の「滝音」 notes

Dpedscn6900_462

店の片隅のテーブルでは、かわいらしい店員さん2人が、

その日のおにぎりをせっせと握っています happy02

Dscn6901

お盆を持っていき、彼女たちから手渡しでおにぎりをもらうのかと、

勝手に萌えていましたがcoldsweats01、普通にカウンターに並んでいます。

Dpedscn6905_463

「かけ(冷)220円

やや細めの麺は、表面がとてもつるつると滑らかで、

ちょっと多めの量ですが、胃袋に自然落下sign03でするすると吸い込まれます。

やや濃いめの出汁とのコンビネーションも最高で、

食べ終わって店の外に出て、思わず「今日いち!」とつぶやいてしまいます。

Dpedscn6908_464

次に向かった「谷川製麺所」は、開店までに時間があるのでスキップ。

今日は軽めの五軒目でしめなので、最後のうどんやさん。

「純手打うどんよしや」で、つぶあんなさんshineと待ち合わせ。

先に来て車中で、なにかもぐもぐ食べているので聞いてみると、

コンビニで買ったコロッケを食べているとのこと。

これからご飯なのに、さすが讃岐のつわものブロガーhappy01

Dpedscn6911_466

「ひやひや」

一気に吸い込むと、ねじれ麺がトルネードtyphoonのように入ってくる快楽。

すっきり出汁で、あっさりといただける実力店を再確認。

デザートは、

Dpedscn6913_467

つぶあんなさんも一緒に、「飯南産直桃直売所」

ずらりと並んだ桃は、1箱3-4千円するのですが、飛ぶように売れて行きます。

Dpedscn6915_468

桃のシャーベットですっかり落ち着いた一行は、

つぶあんなさんと忘年会での再会を約束して、松山への帰途に就くのです。

でも、

今日は、ここからが長いんですよね。。。じつは catface paper

2014年8月19日 (火)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2014夏① 

讃岐うどんに入っている(かもしれない)サヌキトールという、中毒物質。

定期的に本場にいって補充しないと、禁断症状がでてしまう4人が、

いっしゅうさんを隊長に、朝5時半に松山市内を出発します rvcar

大雨の中、海がすぐそばに見える高松市内の住宅街に入っていきます。

Dpedscn6870_456

一軒目は、初訪問の「いちみ」

土砂降りのなか飛び込むように、土日しかやっていない朝うどんを目指し入店。

Dscn6873_2

朝セットうどんに、天ぷら、温泉たまご、おにぎりを全てつけても+200円

私のように揚げものだけを単品でつけることもできます。

Dpedscn6877_457

「かけ(200円)

だしはやや甘めで、やさしい味。

麺はエッジが効いていて、ぐっと歯がはいっていく弾力 delicious

メインの昼営業では穴子などの天ぷらが有名とのこと。

立ち話で愛媛から来たと伝えると、大将も素直に驚いてくれますeye

雨のなか、車は屋島方面へ dash

Dpedscn6880_458

二軒目は、最近必ずおとずれる「うどん処しんせい」

いっしゅう師匠の計算通り、一番釜(その日一番にゆでる麺)に間にあう

8時半開店の10分前に到着です。

Dpedscn6885_459

手打ち蕎麦も始めたとの看板に惹かれますが、やはりうどんを選択。

「かけ(1玉220円)に、白身魚、メンチカツなどの揚げものをシェア。

ここの出汁の透き通ったコクのある切れは、何回食べても感動 happy01

最後まで歯ごたえのあるグミ感がしっかりした麺とぴったり。

お持ち帰り麺は、少し時間がかかるので入店時にお願いします。

さて、

三軒目は甘南備さんが大好きなお店。

開店10分前について、

Dpedscn6894_460

「馬渕手打製麺所」

美人女将 happy01shine が笑顔でかけた暖簾をくぐり、広い店内に入ります。

Dpedscn6896_461

「かけ(温)」

細麺にあっさりとした出汁がナイスバランス。

中華風にごま油をかけたりする選択肢もあります、

メンチカツのおすそわけを頂きますが、しっかり味つけがうまい。

大満足で外に出ると、いつの間にか雨も小ぶりになっています wink

このへんで休憩をはさみ、後半に続くのです notes

2014年8月16日 (土)

オサカナ トンチャン 

椿さん通りの「海鮮とんこつ家」さんが、

Dpedscn7197_495

「オサカナ トンチャン」として、リニューアル crown

私がいないときでも、家族でよく行っているほどの大ファンのお店です。

Dpedscn7189_497

営業時間や、

Dpedscn7190_496

メニューは、こちらをどうぞ up

本日は壁にポップが出ているsun夏限定メニューsunをいただきましょう。

息子が選んだのは、

Dpedscn7191_493

「まぜそば」

8月末までの限定メニューclockで、デフォルトなら小中大ともに680円。

この店のラーメンともに、いつの間にか私より背が高くなった彼が選んだのは、

トッピングをすべてのせた「全部のせ」の大 scissors

こちらも8月末まで限定で、小中大でもすべて1000円のフェアー中bell

ミンチ唐辛子、キムチ、生たまご、もやし、メンマと、

腰のある自家製麺を豪快に混ぜて、ワシワシと食べています happy02sweat01

昔は「おとうさん、半分食べて」なんて言っていたのに、

その食べっぷりをみていると、自分が食べているようなうれしさです。

味見してみると、複雑なうまさとしっかり腰のある麺が印象的 wink

私と奥さんは、

Dpedscn7196_494

「日野さんの家のとなりの畑で採れたトマトぶっかけ麺」

奥さん小700円と、私は中800円。

こちらも、8月20日までの限定 flair

唐辛子の辛さとバジルの風味に、たっぷりのトマトの酸味。

のど越しスムーズでキュッとしまった麺を、ズンズン吸い込みますhappy01typhoon

辛みがきいており、食べながら汗が噴き出ますが、

そのおいしさに手が止まりません shine

夢中に食べ終わり、家族みんなで大満足 delicious notes

常に新しい挑戦をされており、新しい感動があるのです wink

2014年8月14日 (木)

味っ子

日ごろお世話になっているOさんから、

「いけちゃん、味っ子おいしいよ」と、常連のお店を勧めていただき、

Dpedscn6861_455

いつものメンバーと一緒に、土橋に突撃 run

広いカウンター以外に、中くらいの座敷があり、ゆったりできます。

まずは、

Dpedsc_0090_451

「たまご焼き」が、湯気をまといながら登場。

箸が吸い込まれるように入っていき、だし汁噴出 sweat01

口の中で、ふんわりした食感とうま味だしが広がり、

きりっとイケメン大将の実力にうなります wink

Dpedsc_0093_452

Oさんと共通の知り合いの専務が、いつものように「揚げ出し豆腐」を注文。

カリッとした表面の仕上がりと、味の決まったつけだしが、

幸せを運んできます shine

Dpedsc_0105_453

「きのこのパスタ」や、

Dpedsc_0108_454_2

「チーズナン(400円)もあり、

そのレパートリーの広さに驚き smile

美人女将の笑顔にもいやされ、Oさんが常連になるもの納得。

ちょっと郊外の地元密着店、これからも居酒屋探検が続くのですgood

2014年8月11日 (月)

au bon pain d'iwamoto

ロープウェー街に新しいパン屋さんが出来たというので、

散歩がてらにちょっと足を運んでみます run

Adscn6868

「au bon pain d'iwamoto」

東雲神社のから少し北上したところに、可愛らしい店構え。

Adscn6865

壁には一面に焼き立てのパンが並んでいて、

奥にはガラス越しに、作っている様子が見えます。

買い物をしてる間にも、バスケットに入れられた出来たてパンが、

次々の奥の部屋から店内に運ばれてきます wink

Adscn6866

子供たちが好きなメロンパンや、カプレーゼが挟んであるサンドイッチ

Adscn6867

目の前で奥のキッチンから焼き立てピザパンが運ばれてきたので、

奥さんが反射的にバスケットに載せています。

私が頂いたのは、上に乗っているトウモロコシが入ったもの shine

もっちりとした歯ごたえをゆっくりと嚙んでいると、

じんわりとパン自体の素朴な味わいがにじみ出てきて、

とっても落ち着きます smile

レジに並んでいると、知り合いの方から奥さんが声をかけられています。

そのYちゃんは、奥さんの飲み友達でパン好きで有名。

既に4回目の来店との事で、こちらの人気がよくわかります。

今度は、しっかり焼けて美味しそうだったバゲット買ってみようっと wink

2014年8月 7日 (木)

長崎観光指南 2

台風がゆっくりと北上していたせいか、雨の勢いはかなり強くなってきます。

次のスポットはタクシーの中から。

Dscn6801

画面左下に無造作に転がっている煉瓦造りの塊は、

原爆で吹っ飛ばされた浦上天主堂の鐘楼の部分。

右上に見えるのは、現在のカトリック浦上教会。

昭和20年8月9日に、長崎に原爆が投下されました。

爆心地から500m離れていたこの建物の変わり果てた姿は、

当時長崎に12,000人いたカトリック教徒のうち、

8,500人が犠牲になったことを、後世に静かに語り継いでいます。

次にタクシーさんにお願いしたのは、

Dscn6802

「如己堂(にょこどう)」

被爆犠牲者の治療に、文字通り命を投げ出した永井隆博士が、

自らはレントゲンの被ばくにより白血病にかかり、その療養をされた場所。

病気の為、体からしみ出す液を吸い取るために油紙に包まれたまま横になり、、

カトリック教徒であった彼は、そのつらい状況下でも、

「私は紙(神)に包まれている」と周囲を和ませたと、聞いたことがあります。

建物の横には、彼の博物館も併設されていて、

その敬虔かつ気力に満ちた彼の人生を学ぶことが出来ます。

ご興味のある方には、著書「この子を残して」を読んでみてください。

さて、

ぼちぼち二日酔いもぬけて、お腹が空いてきましたね smile

Dscn6829

「宝来軒別館」

こちらの息子さんは、私が小学校で最初に友達になった同級生。

当時、休日に遊ぼうと教えてもらった番号に電話すると、

「はい、宝来軒別館です」と出るので、間違いました!と電話を切ります。

何度かけても同じなので困っていると、横にいた母が、

「あの子の家は、中華料理屋さんよ」と教えてくれ、ほっとした記憶があります。

何度かラーメンを御馳走してもらったこともあるなあ notes

長崎を訪れる時は、なからず食べに来るようにしています。

Dscn6814

「皿うどん」

麺の細いのと太いのがありますが、私は前者が好み。

ぱりぱりに揚がった細麺に、野菜たっぷりのあんを絡めながら、

フーフーして食べるのが最高 delicious

後半は、ソースをかけて長崎流に頂きます。

そして、

Dscn6822

私の、ザ・ソウルフード「ちゃんぽん」

柔らかくて太めの本格的な唐灰汁をつかったチャンポン麺が、

たっぷりと魚介のスープを吸い込んでいて、見た目よりあっさり smile good

二色のかまぼこ、イカ、きくらげが入っているまさにこの一杯で、

私のちゃんぽん基準点が、キャリブレーションを完了 clock

地元の家族連れや友達連れで、みるみるお店が満席になる様子をみて、

とても、嬉しくなるのです。

さてさて、

後ろ髪をひかれるように、博多行きのかもめに乗り込みます。

博多駅では、空港行の地下鉄に乗る間、

Dscn6830

JR博多駅構内の「博多めん街道」に直行runし、

Dscn6839

「だるま」で、元祖の赤だるま。

20分ほどの行列に並び、細麺を固めで、豚骨汁を急速充填 thunder thunder

そして、お土産は、

駅構内には駅弁売り場があるので、九州各地の駅弁を購入 paper

Dscn6843

涙が出るほど懐かしいsweat01のは、復刻版の「かしわめし」chick

Dscn6856

これが楽しみで列車に乗りよったようなもんやね~。

お茶は、ひもでぶら下げる小さい容器で、その蓋がコップ替わり。

デザートは、赤い網に入った冷凍ミカンだったなあ catface flair

長崎に行かれたことがある方も、

もっと深い長崎旅に、ぜひ出かけてみてくださいね airplane train

2014年8月 4日 (月)

長崎観光指南 1 

高松で再会を果たした同級生K君過ごした夜。

2人の母校に対する懐かしさのボルテージが最高潮に達し、

「この勢いで決めんと、同窓会なんか行くことないやろうhappy02

そして、卒業して約30年ぶりに母校を目指す電車に乗っています。

今回は、

高校までの人生の大半を長崎ですごしたおいどんが、

ちょっとディープな長崎観光旅行にお連れしましょう happy01 good

まず、

Dscn6767

博多までは松山から飛行機で、飛行場からは地下鉄10分で博多駅。

博多から1時間50分のかもめの旅が終わったらすぐに駅を出るのではなく、

線路が盲端で終わっているのをしっかり眺めましょうeye

終着駅でしか見られない光景に、旅情が盛り上がってきます catface heart04

Dscn6769

昔は木造で、天上が高い古い趣のあった駅舎ですが、

現在では、駅から長崎の町に飛び出す大きな扉のように開けています。

さて、

この日は同窓会に直行。

私自身、卒業してから15kgくらい太ったのですが、

同級生たちも、大声を上げてしまうような風貌の変化pigを遂げています。

数人の例外を除き、私のように腹は飛び出し顔は正円

昔はリーゼントで決めていた頭髪が、すっかり消えてしまった輩までdiamond

しかしながら、

焼酎を注ぎあいながら旧交を温めていくと、その中身は全く変わってません。

楽しい思い出は、より楽しい思い出に。

苦々しい思い出は、懐かしい思い出に昇華されていきます shine

10才台に戻って、おい、わいの呼び名で大笑いの夜は更けていくのです。

さて翌日、

同行したKくんが、どっぷり長崎観光をしたことがないというので、

JRの出発までの数時間で、タクシー観光 rvcar をすることにします。

グラバー邸、浦上天主堂などの鉄板は行ったことがあるらしく、

今日は時間もありません。

Dscn6787

私たちが長崎にいたころに、大水害で流された「眼鏡橋」から、スタート。

Dscn6791

きれいに再開発された長崎港には、ビルように大きな旅客船が停泊中。

数年前に一般公開された昔の炭鉱、通称軍艦島への船も出ています。

Dscn6794

小学生のころの遊びエリアだったので、とても思い出深い場所で、

K君は初めて来た「片足鳥居」

大正13年建立の山王神社の鳥居。

原爆の被害で半分が引き飛ばされ、半分だけが残っています。

その威力のすごさと、何かの力によって残されたかのような一本の柱が、

小さいころの私に鮮烈な印象を残しました。

先ほどの巨大旅客船でやってきた、外国からの観光客も見学中。

ああああ~~~notes 今日も長崎は雨なのです rain

2014年8月 1日 (金)

BAL2

今夜はいつもの飲み仲間と、久しぶりに街にでています note

AZAさんが、前から気になっていたということで、こちら。

20140626_214355wink

「BAL2」は、まつちかにある立ち飲みbar「BAL」の姉妹店。

壁にはヨーロッパのビールがずらりと並んでおり、

カウンターの前に座ることもできます。

20140626_214839

「LASKO」は、スロベニアのビールで、どっしりとした味わい

20140626_214852

「Hoegaarden」はベルギーの白ビール。

生が置いてあるのが珍しく、みかけよりしっかりしたコクを楽しみます。

ピザをお願いしたら、この日は時間が準備ができていないとのことで、

20140626_220436

「フィッシュ&チップス」

分厚いポテトに、たっぷりのケチャップをつけてむしゃむしゃ delicious

山盛りのタルタルソースも、ビールに合います beer

笑顔のかわいい店員さんと取り留めもない話でもりがったあとは、

明日も早いからねと、日付変更前に解散になるのですsmile

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009